Shooting Stars - 美しい星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

VC200Lでの初直焦点

かなり昔のこととなりますが、お盆に希望が丘で撮影したM8を処理しました。
VC200LとD810Aの組み合わせでは初作品となります。

Mean4

撮影時刻:8/11 21:06:49~
撮影場所:希望が丘
鏡筒:Vixen VC200L +レデューサーHD(焦点距離1386㎜F6.9)
追尾:Vixen SXW赤道儀(SS-one改造)
ガイド鏡:BORG 45ED
ガイドカメラ:ZWO ASI120MM
カメラ:Nikon D810A(ISO3200)
露光時間:5分×20枚コンポジット(総露出時間100分)
画像処理:RAP2でフラット、ダーク補正
     CameraRawでRAW現像(ノイズ処理、明瞭度、かすみの除去等)
     CCDStack2でコンポジット
     StallaImage6.5でデジタル現像、ガンマ補正
                  Photoshop2020で最終仕上げ

ちょっと派手すぎかもしれませんね。
予想より鏡筒が重かったせいでガイドがいまいちだったため、
星像はシャープさには欠けるものの、シーイングの良さに助けられた感じです。

JPG撮って出しはこちら。

_DSC0446

まずまずシャープなんじゃないかなと。


下記の公式サイトでは、


VC200Lではイメージサークル36mm(最周辺光量60%)※が得られ、APS-C一眼カメラの写野を十分カバーできます。

イメージサークルΦ44mm※では最周辺光量47%ながら中心部とそん色ない鋭い星像が得られます。

※イメージサークルΦ28.8mmにてAPS-C一眼カメラ、Φ44mmでフルサイズ一眼カメラの写野をカバー。”


との記載があります。
ただ、フルサイズの最周辺光量は一番端だけは暗くなりますが、47%よりはあるように感じます。そこまで気になりませんね。

四隅900x900pxの拡大はこちら。

名称未設定-1

周辺像は全く問題ないです。周辺光量も十分です。
フルサイズでこの周辺像は立派と言って良い気がしますね。

中々ガイドがバシッと決まりませんが、直焦点ファーストライトとしては十分かと。
SS-one AutoGuiderとともに活躍させてあげたいですね。

木星、土星、火星

気温がいつまで経っても下がりませんが、そのおかげか気流が安定しており
惑星撮影には良い条件が続いています。

特に一昨日(8/28)の夜は良い条件でした。
いつものVC200LとASI533MC Proの組み合わせです。

2020-08-28-1106_9_2_2

New1_2

mars2

火星はまだ小さいので明らかに拡大率不足でしたが、木星と土星はかなり良く写ったかと。
木星ももう少し拡大率を上げてもよさそうですね。

しばらく暑いみたいですし、まだ良いシーイングに出会えるチャンスがありそうですね。

城里、白布峠遠征

8/20に城里、8/21に白布(しらぶ←マルさんご指摘有りがどうございます)峠へ
行ってきました。


8/20は城里到着が19時半くらい、ちょっと雲がありましたが20時過ぎからは快晴で、
朝まで安定した晴れでした。
平日ということもあり、他にどなたもおらず貸し切り状態。
風も全くなく、シーイングも良かったと思います。

空の暗さはまあ城里ですので全然でしたが、夜半過ぎたあたりからは透明度も回復し
まずまずな星空でした。
とはいえ、丘や滝、ペルセで遠征した水石山公園とかと比較すると見劣りしますね…


風もないのでVC200Lを使いましたが、どうにもガイドが安定せず。
結局朝まで原因がわからなかったのですが、帰りがけ確認すると、
鏡筒バンドどプレートを固定するねじがゆるゆるでしたorz

天頂付近ではガイドはメタメタでしたが、高度が低くなってくると
そこそこ安定していたのでそれが原因でしょう。
スプリングワッシャを入れて緩み対策をしなければ…
一応それなりに使える画像はありそうですので、あとで処理してみます。



8/20は午前半年をもらい、遠征地を探します。
丘か滝が晴れるならどちらかに行くつもりでしたが、どちらも曇りそう。
城里は晴れそうですが、二日連続っていうのも…

先月のネオワイズ彗星遠征の時に気になっていた、白布峠はまあまあの天気なようで。



裏磐梯と米沢の間の峠で、標高1404mあるそうです。
有名観測地、浄土平と比べると標高は少し低いものの、
福島市や郡山市からは離れるので空は暗そうな感じです。

17時半に出発、途中急いで夕食を詰め込み、峠へ向けてひた走ります。
21時に到着、残念ながら天候は曇り
お腹の調子が悪く、とりあえずトイレに駆け込みます。
トイレは紙も完備されており、ちゃんと使えました。
良く手入れされている印象ですね。


他にも星目当てっぽい方と、登山客と思われる方がちらほら。

22時すぎ、それまでドン曇りだったもののいきなり晴れてきました。
標高と空の暗さが相まって、雲間から見えた天の川の迫力は十二分
ざらざらとした天の川が素晴らしいです。
ただ、晴れるのも一瞬ですが曇るのも一瞬です。。。

22時半、ようやく安定して晴れてきたので全然魚眼で撮影開始。
_DSC1171

ぼーっと低空を見ていると、地平ぎりぎりにものすごい明るさの火球が!
実は上の画像に写っています(中央下にちょっとだけですが)。

凄い明るい火球だったな、と思っていましたが、この火球は関東の広範囲で
観測された
みたいですね。


これが天頂付近に流れたら最高だったのですが、ちょっと贅沢でしょうかね。


丘や滝と比べても一段上の空で、南会津とはいい勝負ですね。
視界がちょっと狭く光害を避けられる分、同じくらい標高の四国カルストにも負けず劣らず
三石と比べると一段劣る感じでしょうか。

上の全天写真でもわかる通り、北側には米沢、南側には会津若松や猪苗代、郡山の
光害があるものの、良い空といって差し支えないでしょう。

とはいえ、この後一気に曇ってしまい。
23時過ぎにまた晴れてきたので、今度はタム15-30㎜@24㎜でパチリ。
_DSC1179_2

使えたのはこの1枚だけ、コンポジットなしですがこの迫力。
被り補正もほぼ不要で、流石の写りですね。


しかし、この後は完全に晴れることはなく、24時過ぎからはずっとドン曇り
途中マルさんからSCWの局地予報を送ってもらったのですが、その通りの天候でした。


車は通らないと思っていましたが、意外と夜中でも交通量があります。
ふらっと駐車場に入ってくる車も多いですね。
金曜夜にこれですから、週末はもっと出入りが激しいように思います。
個人的には落ち着いて撮影したいので、あんまり好きな撮影地ではないですね。


03時、もう無理だろうということで出発
峠の周辺はガスッていました。上空も曇っていたのでいずれにせよダメですが、
晴れていても峠周辺だけガスにやられる、ということもありうるのかな、と思います。

浄土平は行ったことがないのですが、天候の安定性では
浄土平のほうが上なのかもしれませんね。

流石に寝ないで帰るのは無理なので、裏磐梯の道の駅でしばらく睡眠。
野菜を買ったり、カレーを食べたりしつつ、のんびりと帰宅しました。


2日間遠征した割に成果はイマイチですが、
白布峠の素晴らしい天の川は収穫でした。

とはいえ、二度目はないかなぁ…あまり印象は良くないです。
南会津のほうが近いですし、もっと落ち着いて撮影できます。
夏時期は積乱雲地獄で、まともに晴れてくれませんが、来月ならちょっとはマシでしょう。

ギャラリー
  • VC200Lでの初直焦点
  • VC200Lでの初直焦点
  • VC200Lでの初直焦点
  • 木星、土星、火星
  • 木星、土星、火星
  • 木星、土星、火星
  • 城里、白布峠遠征
  • 城里、白布峠遠征
  • ペルセウス座流星群狙いの3連続遠征
アーカイブ