Shooting Stars - 北海道の星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

皆既月食撮影詳細

もはや10日前となってしまいましたが、皆既月食の遠征記をば。

sakumaくんから1週間くらい前に観測のお誘いが。
私も妻も年休を取得済だったので、一緒に遠征することに。

予報は良くなったり悪くなったりを繰り返していましたが、
本州ほどは良くないものの、それなりに観測できる雰囲気でした。

前日の予報では室蘭の辺が晴れそう
空は暗くなさそうですが、この際月食が撮影できればそれで良し。
当日の予報により決定する、として就寝。

当日になると予報が変わり、十勝のほうが良さそう
windy


SCW

SCWでは室蘭でも良さそうですが、札幌が晴れる予報になっています。
札幌が晴れるのは胡散臭い、SCWよりWindyを信じようということで
十勝へ向かうことに。

室蘭と比較すると遠いですが、高速で3時間、200㎞弱。翌日は出勤とは言え、
現象が終わるのが22時くらいなので何とかなるでしょう。

13時過ぎに出発、途中占冠ICで合流し、十勝川温泉の道の駅に着いたのは16時半くらい。
目をつけておいた河川敷の公園へ向かいます。

ところが、冬季のためか駐車場のほとんどが封鎖されていました
もう一か所、展望台に向かったところ、先客が多いうえに、月が良く見えません。

仕方なく、街灯はあるものの途中の駐車場へ。
月の方角は問題なく撮影できそうです。

時刻は17時過ぎ、一気に機材を展開。
VC200L+RD、71FL、妻用に45ED、眼使用にMAKSYと4台準備しました。

Image_20221109_092453_787

天気は快晴で、極軸もピントもバッチリ(これは非常に良かった)
18時過ぎからの現象に備えます。


皆既食前半は順調そのもの。
天気もいいし、撮影も特に問題なく。

皆既食が始まっても相変わらず良いお天気。
これは妻のiPhoneの写真ですが、ちゃんと皆既中の月が写っていますね。
Image_20221109_092454_096

途中星景を撮りに行きましたが、街灯が明るくてどうにもなりません。
こちらは早々に切り上げます。


そうこうしているうちに天王星が月に近づいてきました。
30秒インターバルで撮影していると、雲が…

そこまで厚い雲ではありませんが、低空の雲で濃淡が激しく
露出が安定しません。

本当は撮影はカメラに任せて、現象はMAKSYで見ようかなと思っていたのですが
それどころではなく。

何処に天王星がいるのかもわからず、気づいたら20時50分。予報時刻は20時49分です(勘違いでしたが
ああ、もう天王星は隠れたからあとはのんびり、と思っていたのですが、
実際の現象時刻は20時52分過ぎだったようで。

妻とsakumaくんは撮影に成功していたものの、私はャッターの押し忘れという
酷い理由で撮影失敗orz


一番天王星が近づいていた写真はこちら。
_DSC3548

ターコイズフリンジと天王星食(の一歩手前)は本州では撮影できないはずなので、
結構貴重かも?
天王星がちゃんと水色に写ったのはびっくりしました。当たり前と言えば当たり前ですが。


連続だとこんな感じ。
Uranus

最後一つ、足りてないんだよなぁ…


以降、雲が断続的に通過したものの、食分0.6くらいになったら雲が抜けました。
タイミング悪いなぁ…

22時、天気は快晴。
素早く撤収して帰路につきました。


速報版は71FL+Zfcでしたが、VC200L+Z6IIはこちら。
Z6II

シンメトリーにこだわってみました。
細かく見ると粗はありますが、まあそれなりに見られる写真でしょう。


天候判断は正解だったかは分かりません。
とは言え、全過程撮影は出来たわけですし、それは良かったかなと。

天王星食はシャッター押し忘れで失敗という残念な結果に。
もう見られることはないでしょうから、ちゃんと予報を見なかったのが良くなかったですね…

また、撮影地の選定もイマイチ。
冬季閉鎖は頭になかったです。こちらももう少しちゃんと調べておかないとだめですね。


札幌も11/16に遅めの初雪が。
これからは十勝晴れの季節、運転に気をつけつつ撮影に行きたいですね。

皆既月食撮影成功!

昨日は妻と後輩のsakuma君とともに幕別まで遠征してきました。

途中多少曇ってしまい、残念ながら天王星食は掩蔽される瞬間は撮影できなかったものの、
まずまず安定した天気でした。

71FL


詳細は後程…

再びアンガスへ

少し前のことになりますが、10/26の夜にアンガスまで行ってきました。

ニュースで各地から初雪の便りが聞こえてきており、大雪山系は確実に冠雪しているはず。
11月に入るとアンガス周辺が晴れることは少なくなりますし、運転にもかなり気を使います。

よって、平日ではあったものの、10月の新月期では最後のチャンスということで
平日遠征を強行。

少し遅めの19時過ぎに出発、現地到着は22時くらい。
早速機材を展開、と思ったら、
赤道儀忘れましたorz

長い間スカイメモを入れっぱなしにしていたので油断していましたね…

とは言え、忘れたものはどうしようもありません。
20㎜F1.8とSequatorで何とかすることとします。

予想通り大雪山系は真っ白に。
牧場はまだ雪は積もっておらず、非常に美しい光景が広がっていました。

まずは8-15㎜対角魚眼から、F→Zマウントアダプターを介しつつ、NGS1を入れています。
1

ISOを25600まで上げざるを得ず、32枚コンポジットですがイマイチですね…


20㎜F1.8で。こちらは64枚コンポジット。
2

流石に画質には余裕がありますね。


最後に20㎜F1.8で縦構図で。
3

一番いいのはこれですかね。

ただ、20㎜F1.8のほうはどちらも片ボケ気味…
スケアリングが狂っているのかもしれません。
F1.8で明るいのはいいのですが、シビアなんですよねぇ…


とまあ、あまり大した成果は得られなかったものの、
目で見る分には素晴らしい風景。

後ろ髪を引かれつつも、翌日の仕事のこともあるので02時過ぎに撤収。
いつもの旭川永ヤンマーを経て札幌へ。
撮影最中に少し仮眠したこともあって、眠気に襲われることもなく
06時前に自宅に到着できました。



旭川などでも初雪だったようで、季節は一気に冬が近づいてきました。
札幌の雪ももうそろそろでしょう。

まずは明後日の皆既月食ですが、また根雪になる前に撮影に行きたいものですね。

ギャラリー
  • 皆既月食撮影詳細
  • 皆既月食撮影詳細
  • 皆既月食撮影詳細
  • 皆既月食撮影詳細
  • 皆既月食撮影詳細
  • 皆既月食撮影詳細
  • 皆既月食撮影詳細
  • 皆既月食撮影成功!
  • 再びアンガスへ
アーカイブ