Shooting Stars - 美しい星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

UMPC+ソフトウェアエンコードのキャプチャユニットによるキャプチャテスト その1

UMPC(EeePC 901-X)とUSBバスパワーで動作するソフトウェアエンコードのキャプチャユニットが
掩蔽観測の際のビデオ録画に使えるか検証してみました。

使用機材


カメラ:WATEC WAT-100N
レンズ:8mmF0.8(CSマウント)

PC:ASUS EeePC 901-X
スペック:Atom N270(1.6GHz), 4GB+8GB SSD, DDR2 1GB

キャプチャユニット:I-O DATA GV-MVP/SZ(ソフトウェアエンコード)
キャプチャソフト:mAgicTV(ドライバに同梱のソフト)

キャプチャ設定


AVI(非圧縮)でDドライブに録画
WMVにWindowsムービーメーカーで変換(元ファイルだとサイズが大きすぎるので)

こちらが変換後のムービーです。


まずは結論から。

使えなくはないですが、かなり厳しいです。


ムービー内のTiviの時間表示を見ても分かるように、かなりコマ落ちします。
プレビュー時のCPU使用率は30%前後でしたが、キャプチャを始めた時は50%まで上昇しました。
AtomはHyper-Threadingで2コア動作していますから、100%ということになります。

しかしコマ落ちの原因はCPUではなく、むしろSSDの方ではないかと思います。
非圧縮のAVIは猛烈に容量が大きい(元データは40秒足らずでしたが500MB近くありました。)
ので、書き込みが間に合っていない可能性が高いです。

もちろんコーデックを使って圧縮すれば記録媒体への負荷は減りますが、
その分CPUへの負荷がかかりますので、Atom搭載のUMPCだとどうでしょうか。

MPEG-1,2でのキャプチャテストは近いうちにやります。

参考になりましたら幸いです。

非改造D40によるオリオン大星雲

23日に静内に遠征したときに、ついでにオリオン大星雲も撮ってきました。




データ

撮影日時:2009.02.23 20h31m~ 600s×4枚、300s×2枚、180s×1枚、60s×2枚、30s×2枚
カメラ:ニコンD40(ISO1600、RAW)
望遠鏡:ビクセンR200SS+コマコレクター1
ガイド:ビクセンSX赤道儀
ガイド鏡:ミニボーグ45ED+2.4×テレコンバーター
ガイドカメラ:Sony EX-View 1/2インチCCD搭載 1004XAボードカメラ
ガイドソフト:PHD guiding 1.10
処理:RAP2,StellaImage6,Photoshop CS3 Extended

このときの気温はこのぐらいでした。

1aa9d6a1.jpg



非冷却でもこのくらいの気温ならノイズはあまり気になりません。
-10℃くらいが身も引き締まり、ノイズも少なくてちょうどよい気温です。
冬はこのくらいまで下がってくれないとやる気も出ないですよね~。
(これって私だけでしょうか?)

元画像について


ええ、フレーミングミスですね。


このときは、なんと

PCのACアダプターを忘れる

という致命的なミスを犯し、時間との戦いでしたので・・・言い訳ですけど・・・

次撮影できるのは来年になってしまうかもしれません。

ガイドはパラメータを追い込む暇がなかったのですが、うまくいきました。

前回失敗した原因ですが、

極軸望遠鏡の使い方を間違っていました。

恥ずかしい・・・

そのせいで毎回極軸がかなりずれていたようです。
スフィンクスを買ってから4年間も気づかないとは、何やってるんだか・・・

それはさておき、今回初めて多段階露光を試してみました。
どのくらいの時間でやればいいのかよく分からなかったので、時間は適当です。
こんなに細かい間隔でやらなくてもよかったのかもしれませんが、階調的にはうまくつながった
ような気がします。

画像処理について


しかし本当に画像処理が難しい!!!
どうしていいかよく分かりません。
こんな感じでいいのでしょうか?
アドバイスありましたらお願いします。

やったこと


1、スカイフラットによるフラット撮影

2、RAP2により3分、5分、10分の各ライトフレーム用のフラットをベイヤーマージにより作成
  (フラット元画像は16枚ずつ撮影しており、枚数が多くなり大変でした。)

3、ダーク、フラット補正

4、DNG書き戻し

5、PhotoshopでRAW現像。この際、カラーバランスのみ調整

6、16Bit Tiffで書き出し

7、StellaImageにすべてのライトフレームを読み込み

8、露出時間が同じフレーム同士を加算平均でコンポジット

9、すべてのフレームを加算でコンポジット

10、レベル補正(かなり強めに)

11、デジタル現像

12、16Bit Tiffで保存

13、Photoshopに再読み込み

14、調整レイヤー+レイヤーマスク(グラデーションツールでマスク作成)で背景のムラ補正

15、ノイズ低減(星マスク使用)

16、最終カラー補正

フラットフレームもダークは引いてあります。

多段階露光のコンポジット法はPhotoshopでもできるようですが、
StellaImageで全部やってしまいました。

何はともあれ、画像処理をもっと勉強しないといけません。
今月末の新月までは十分時間があるので、頑張らなければ!

ルーリンその2

木曜にもう一度遠征してきました。
場所は同じく静内、だったのですが天候がいまいち。

到着時刻が早かったので、すばるを撮影していましたが、
撮影開始から一時間くらいで全天が雲に覆われてしまいました。

仕方なく札幌方向に向けて移動を開始。
途中の厚真町のあたりで撮影しました。

南側は暗かったのですが、東、西ともかなり明るかったです。
幸いにもルーリンは南中しており、光の影響はあまり受けませんでした。

写真はこちら。

5dc9f26d.jpg



データ

撮影日時:2009.02.27 01h14m 240s×2枚
カメラ:ニコンD50(ISO1600、RAW)
レンズ:ニッコール180mmF2.8ED(絞りF2.8)
フィルタ:SC-41フィルタ (青ニジミ低減用)
ガイド:ケンコースカイメモR (ノータッチガイド)
処理:RAP2,StellaImage6,Photoshop CS3 Extended(恒星基準コンポジット)

前回遠征時(23日)と比較すると核は暗くなりましたが、
尾はアンチテールがなくなったかわりに長くなった印象を受けます。
26日が衝だったので、尾の向きが180度変わったことが影響しているでしょう。

3分露出のものを彗星核基準でコンポジットしたものはこちら。

7c1fd05d.jpg



データ

撮影日時:2009.02.27 01h53m 180s×4枚
カメラ:ニコンD50(ISO1600、RAW)
レンズ:ニッコール180mmF2.8ED(絞りF2.8)
フィルタ:SC-41フィルタ (青ニジミ低減用)
ガイド:ケンコースカイメモR (ノータッチガイド)
処理:RAP2,StellaImage6,Photoshop CS3 Extended(彗星核基準コンポジット、トリミング)

結構尾が伸びていますね。
これ以降は急激に地球から遠ざかりますが、尾がどのように変化するか楽しみです。
太く長くなってくれるといいのですが。

これは状況次第では再々遠征しなければいけませんね~。

ギャラリー
  • M8 AOO-RGB合成
  • 梅雨入り前の貴重な晴れ間でした
  • 梅雨入り前の貴重な晴れ間でした
  • 皆既月食中の掩蔽
  • 皆既月食詳細
  • 皆既月食詳細
  • 皆既月食詳細
  • 皆既月食詳細
  • 皆既月食撮影成功
アーカイブ