Shooting Stars - 美しい星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

N.I.N.AでPlate Solving その2

私が住んでいるここ茨城では2/23に県独自の緊急事態宣言が解除となりました。
ただ、スギ花粉の本格的な飛散が始まり、コロナは関係なく
外に出られない季節がやってきました。

昨年はほとんど症状が出なかったのですが、それはスギ花粉の飛散量が
少なかったおかげなようで。

今年は昨年と比べるとかなり量が多く、すでにやられています…
せっかくのVC200L、銀河シーズンに使ってあげたいところですけどねぇ。
明け方に昇ってくる天の川を撮影するくらいなら何とかなりそうですが。


さて、話をN.I.N.Aに戻します。
前回の記事でPlate Solverの導入方法を示しました。


今回はNINAとの連携方法を解説します。

まずはNINAを起動。
必要な情報を入力していきます。
Options→Equipmentタブを選択。
Telescope欄に使っている望遠鏡の焦点距離を"Focal Length"に、F値を"Focal Ratio"に入力します。
22-1


続いて、前回記事でセットアップしたAll Sky Plate SolverをPlate Solverとして指定します。
Plate Solvingタブをクリック。

"Plate Solver"、"Blind Solver"の両方に"All Sky Plate Solver"を選択します。
また、Plate Solver Settingsから、"All Sky Plate Solver"を選択し、
ASPS Locationの "…" ボタンからAll Sky Plate SolverのEXEファイルを指定します。
私の場合はProgram Files(x86)の”Plate Solver”フォルダにありました。
21-2


これにて事前準備は完了。
Plate Solvingを実行する方法は2つあります。
1)Imagingの"Plate Solving"から実行する
500

この方法ですと、Plate Solving専用の画像を撮影し、それに対してPlate Solvingを実施します。
上手くいくと、下のほうに赤緯・赤経が表示されます。
23

実は"Success"のところに☒印や☑印が付いているのですが、
小さすぎて全然見えません…
23-2

今回のセット(71FL+7872、ASI 533MC Pro)では成功率はあまり高くなかったですね。
もっと焦点距離が長いほうが上手くいっているような雰囲気でした。


2)撮影した画像からPlate Solvingする
Imagingの"Imaging"タブの右上に、"Plate Solve Current Image"というボタンがあります。
そのボタンを押すと、撮影した画像からPlate Solvingしてくれます。
501


わざわざPlate Solving用の画像を準備するよりは、構図orピント合わせ用の画像からPlate Solvingするほうが理にかなっていると思いますので、2)のほうが良い方法かと思います。
1)の方法だと実際に撮影した画像がどんな感じかわかりませんし。


All Sky Plate Solverと今回の光学系の組み合わせだと、Plate Solvingするのに結構時間がかかりました。
数十秒はかかったような気がします。

まあ、私の使い方はざっくりとした方向がわかればいいというものですので、
この使い方でも3回くらいPlate Solvingすれば目標としていたバラ星雲の導入が
できました。

細かい構図合わせや、複数晩での撮影の画像の位置合わせなどをやる場合は
ちゃんとGoToできる赤道儀を使ったほうがよいでしょう。


また、最近NINAの最新版がリリースされました。
100

一番下にBlind Solverの問題を修正したとありますので、ASTAPとの連携も
改善したようです。
ASTAPのテストもやらねばいけなくなりましたが、それはまたの機会に…







N.I.N.AでPlate Solving その1

緊急事態宣言が延長され、なかなか遠征もままならない昨今。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

私が住んでいる茨城県は県独自の緊急事態宣言が出ております。
不要不急の外出自粛で、買い物と散歩以外は会社との往復の日々。
新月期も一切遠征しませんでした

先週あたりから花粉が飛び始めたようで、コロナ関係なく
家から出られない日々が始まります。



とはいえ天気は悪くないので、家で飲んだくれているだけの日々よりは
撮影していたほうが幾分ましなので、何日か撮影していました。

茨城の地方都市とはいえ、それなりに星が見えますが
視界が狭いのと、家の前にある自販機が明るく構図決定に四苦八苦しました。

そこで、最近流行り?のPlate Solvingを試してみました。
中々上手くいかなかったので、備忘録的な意味も込めて書き記しておきます。

※注意事項
私はPlate Solvingの専門家でもなんでもなく、最近導入したばかりの初心者です。
Stand aloneでも使ったことはありませんでした。
記載内容に間違いがあるかもしれませんが、その際はコメントにて遠慮なく
突っ込んでいただけると大変助かります。


◆目的
あまり星が見えない空の撮影で、望遠鏡がどこを向いているか知りたい
座標がわかればよい。GoToはしない(というかできない

◆赤道儀
Skywatcher Star Adventurer赤道儀
→ケンコーのSkymemoSのOEM。1軸モーターなのでGoToは不可能

◆鏡筒
Borg 71FL+7872(288㎜F4.1)

◆カメラ
ZWO ASI533MC Pro(冷却CMOS、カラー、1インチセンサ)

◆撮影ソフト
N.I.N.A(以降、面倒なのでNINAと表記する)
Version1.10 HF1(安定verの最新版)

◆ガイド
PHD2 ver2.6.9
※1軸オートガイド

◆ガイド鏡
Kowa 75㎜F2.5 Cマウントレンズ

◆ガイドカメラ
ZWO ASI120MM₋S


〇Plate Solvingを導入した顛末
SharpCapでガイド鏡+ガイドカメラを「電子ファインダー」として使っていました。
気合でM81&M82は導入できましたが、かなり時間を食ってしまったので
Plate Solvingを使ってみようかと思いました。


〇Plate Solvingとは?
撮影した画像から、望遠鏡が向いている方向を割り出すことです。
星表と撮影画像からマッチングを行うことで算出します。

NINAでは"Primary Solver"と"Blind Solver"を指定しないとPlate Solveできません。
それは、Blind SolverはPrimary Solverと比較すると精度が低いため、
まずはPrimary Solverを使い、バックアップとしてBlind Solverを使うそうです。
(↑公式ではそう書いてありますが、精度が低いってのは本当なんですかね?
 そもそもGoToできないので、ある程度の方向がわかればいいんですが)

Primary Solverとは、望遠鏡が向いている方向がおおよそわかっているとき
Plate Solveをするソフトです。

Blind Solverとは、望遠鏡が向いている方向がわからないとき
Plate Solveをするソフトです。


〇NINAで使えるPrimary SolverとBlind Solver
NINAでは何種類かのソフトをPrimary SolverまたはBlind Solverとして指定できます。
公式ドキュメントでは、一言でいうと「ASTAPを使え」って書いてあります。


ただ、私が使っている最新の安定版NINA 1.10 HF1では
ASTAPの間にバグ?があるらしく、動作しません
詳細は下記に。かなり最近のトピックです。


そのせいでかなりの時間を無駄にしました。
対策として、CloudyNightには星表を入れなおすかベータ版を使えと書いてありました。
動作する保証もないですし、トラブルシューティングは面倒なので他のSolverを使います。

で、ASTAPが使えないとなると、Primary Solverとして指定できるのは
Local Plate Solver、Astronomy.net、Plate Solve2、All Sky Plate Solverのみ。

Local Plate SolverCygwinがどうとかとか書いてあり、
Linuxに詳しくないうえに面倒そうなのでNG
Astronomy.netネット接続必須なのでこれもNG
そうなるとPlate Solve2なんですが、これはBlind Solverとして使えません
"not recommended"らしいですが、消去法でAll Sky Plate Solverを選択。

当然、Blind SolverもAll Sky Plate Solverを使うこととしてやってみます。


〇All Sky Plate Solverのインストール
ここから"Install.exe"をダウンロードします。

All Sky Plate Solver

ダウンロードリンクがわかりにくいですが、下のほうにあります。
名称未設定-1


インストールは普通にできると思うので省略。
初回起動時に下記のメッセージが表示されるので"はい"をクリック。
no title


"Telescope approximative focal length"に焦点距離(mm)を入力します。今回は288㎜なので288と入力。
0.1


ピクセルサイズなどは手動でも入力できますが、FITSヘッダから入力するほうが楽なので
Retrive from FITS fileをクリック
0.2


同じカメラで撮影したFITSファイルなら何でもいいので、適当なFITSファイルを選択。
2



自動でカメラの情報が記入されます。それに伴い、必要なインデックスが黄色にハイライトされます。
4


視野角ごとに準備されているみたいですね、上に行くほど視野角が狭くなり、ファイル数やサイズが大きくなるみたいです。
今回は5個ハイライトされていますね。

"Install indexes highighted"をクリックすると、ハイライトされたインデックスだけが
ダウンロードとインストールされます。
3


下記ウインドウが表示されるので"はい"をクリック。

5


一回目は5個のうち2つがなぜか失敗しましたが、やり直したところすべてダウンロードできました。

インストールが成功すると"Installed"と表示されます。
9


"Done"をクリックしてAll Sky Plate Solverを起動します。
10


登録するか、と聞かれますが、ここはどちらを回答してもOKです。

6

"はい"を押すと、名前とメールアドレスなどを登録する画面が表示されますが、
登録はしなくても使えるみたいなので"いいえ"を押しても問題ありません
私はいいえを押しました。

起動したら、"Settings"から"Plate solver settings"をクリック。

7

焦点距離(mm)とピクセルサイズを入力します。今回は288㎜と3.76um。
12


"Index installation wizard"をクリックすると、先ほどのIndexの設定画面が開きます。
カメラや望遠鏡の焦点距離が変わった場合はこちらから必要なインデックスを追加します
今回はスキップ。

Location settingsをクリックし、現在地を入力します。

8


これにて設定完了!
All Sky Plate Solverは単体でも動作するので、適当にM81・M82を撮影した画像をPlate Solvingしてみます。
File nameから画像ファイルを指定すると、Plate Solvingが始まります。
Work in progress…のところに処理時間が表示されます。

13

今回は10秒くらいでPlate Solveされました
空欄だった左側の"Astrometry results"に座標だけでなく、焦点距離や視野角なども表示されます。
288㎜のスペック値に対し、ちょっとだけ焦点距離が長い(291㎜)らしいですね。
14

座標が正しいかどうかはステラナビゲータで確認
もちろん、ソフトはCartes du Cielでもなんでもいいです。
上のメニュー「視野」→「中心座標を指定」をクリック。
15

All Sky Plate Solverが導き出した座標を入れてOKを押します。
17


すると、ちょうどM81・M82が中心になっています。Plate Solvingは成功したようですね。
16

今回はここまで。
All Sky Plate Solver単体の動作は確認できたので、次はNINA経由で動作するか確認します。

天文ガイド入選

2月号の天文ガイドにふたご座流星群の写真を採用していただきました。
速報のコーナーですが、1ページ掲載です。

ふたご座流星群2020_2

遠征時の記事はこちら。



奇しくも、1ページ掲載は2018年のふたご座流星群の写真以来かと。
やっぱり大きめに掲載していただけるのは気分がいいですね。
わざわざ遠征翌日を休みにして、速攻で応募した甲斐がありました。

これ以上の作品は不可能、くらいの気分でしたので
入選してホッとしたというのが正直なところです。


昨日緊急事態宣言が発令されました。
茨城は対象外ですし、他の関東各県に比べれば感染者は少ないほうです。
とはいっても茨城県全域に不要不急の外出自粛要請が出ていますから、
遠征には行けませんね。

実は昨日今日と年休で、月曜も祝日で5連休なわけですが
家で大人しく機材調整に励もうかなと思います。







ギャラリー
  • 十六夜月
  • Z6Ⅱ天体写真Tips その2 インターバルタイマーの謎と対策
  • 城里平日遠征
  • 城里平日遠征
  • Z6Ⅱ天体写真Tips その1 ヴィネットコントロールはONに
  • Z6Ⅱ天体写真Tips その1 ヴィネットコントロールはONに
  • Z6Ⅱ天体写真Tips その1 ヴィネットコントロールはONに
  • Z6Ⅱ天体写真Tips その1 ヴィネットコントロールはONに
  • Z6Ⅱ天体写真Tips その1 ヴィネットコントロールはONに
アーカイブ