Shooting Stars - 北海道の星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

モンゴルに行ってきました

もう2週間くらい前のことになりますが、久々の海外遠征、モンゴルへ行ってきました。

今回は個人旅行ではなく、ツアーでの旅行です。
主催はワイルド・ナビゲーションという会社ですが、アストロアーツ/星ナビが協賛しているツアーです。
https://www.astroarts.co.jp/tour/202307mongols-j.shtml

7-9月まで何回かありますが、私が参加したのは9月13-17日の5日コース
http://www.wild-navi.co.jp/tour/mongolia_darksky5/

2日間はSweet Gobiというウランバートルから離れた草原のど真ん中のゲルでの宿泊で、あと1日がウランバートルの空港近くのゲルでの宿泊ということで、3チャンスありました。

天気予報が非常に悪く、3日間全敗の恐れもあったものの、Sweet Gobiの2日目はほぼ一晩中晴れ、ウランバートル近くのゲルも24時くらいまでそれなりに晴れてくれました。

まあ、天候は100点満点とはいきませんが、あの予報で晴れてくれただけ御の字ですね。
成果をいくつか。

_DSC9105

_DSC9115-強化-NR_stitch

5


_DSC9349

流石はモンゴル、といったところでしょうかねぇ。
旅行記は気が向いたらアップします。

ペルセウス座流星群観望記

皆様ご無沙汰しております。
特に体調が悪いというわけでもなかったものの、天気と自分の予定がかみ合わなかったのもあって6月・7月はボウズ。そもそもまともに晴れなかったというのもありますが…

8月も全然ダメだろうなぁと思っていましたが、幸い極大前日とはいえ12-13日にかけては道北の天候が良好な予報
というわけで、初山別まで遠征してきました。

出発は14時半くらい、お盆ではあったものの渋滞に巻き込まれることはなく。
途中留萌道で事故のため一区間のみ通行止がありましたが、18時くらいにはみさき台到着。

sakumaくんは先に着いていたようで、まずは飯と風呂を済ませました。
夕焼けはかなりいい感じで、夜の天気にも期待が出来そうです。

撮影地はいくつか候補がありましたが、キャンプ場下の鳥居へ行ってみることに。
天気は快晴なものの、キャンパーやカメラマンの集団などでごった返していました。

流石にここで落ち着いて撮影は無理でしょう。
とりあえず星景写真のみ撮影して撤収。


で、元々候補にしていた、初山別市街地のちょっと南にあるポイントへ。
行ってみると、ちゃんと舗装されていて、視界も広くいい感じ。

北側には初山別の明かりがありますが、他は南の低空以外は無光害。
早速全天魚眼でパチリ。
_DSC8700

南の低空の雲はまあしょうがないにしても、空の良さは伝わるのではないかと。
筋状のムラが見えますが、これは大気光です。
今回はIDASのNGS1フィルターを使っているので、色はほとんどわかりませんが輝度ムラは残りますね。


この後タム15-30㎜+Z6Ⅱと、Z20mm+Zfcでひたすら連写。
23時前から03時前まで、約4時間撮り続けました。

毎回あることなのですが、夏の大三角には中々良い流星が流れてくれません。
なのでZ6Ⅱのほうはボツでした…

Z fcのほうはまあまあ写っていたので、いつも通りまとめてみました。

20mm-2

ま、極大前日でこれなら十分かなぁと。
非改造機で撮影したせいか、流星の色が良く出ていたような気もします。

03時過ぎに撤収、とりあえず羽幌の道の駅へ。
あまりに眠かったので撃沈、以降寄り道しながら帰ってきたら14時過ぎてました。

最近は全然星を見られていなかったので、久々に濃い天の川を見られたのは良かったですね。
例年は9月や10月はまあまあ晴れてくれることが多いので、好天を期待したいと思います。

あと、今年のふたごは条件バッチリですから、ちゃんと観測できるといいんですけれどねぇ。

アンガスへ残雪の山々をもとめて

5/24の夜にアンガス牧場へ遠征してきました。

アンガスと残雪のある大雪山系の山々は何度か撮影したことはありますが、昨年に北海道に帰ってきてからは一度もなく。
残雪の量を考えると、4月でもいいのですが、ベストは5月だと思っています。

中々晴れる日が無くやきもきしていましたが、5/23~5/25にかけては滅多にないお天気
全道全て快晴、というのは本当に久々だったかと思います。

また、5/21前後は黄砂が襲来し透明度が極端に悪かったのですが、カムイミンダラさんもブログに書いておられるように、この時はベストに近い透明度。

これは撮影に行くしかないでしょう、ということで平日ではありますが短時間遠征。

出発は20時ちょうど、通常ならアンガスの近くまで高速で行けるのですが、運悪く道央道と旭川紋別道が工事のため夜間通行止め

仕方なく旭川鷹栖で高速を降り、そこから下道でアンガスへ。
到着した時には23時前でした。

いつものポイントにはどなたかが機材を展開されていたようで。車を見るにNさん?カムイミンダラさんもいらしたのでしょうか…
私は星景オンリーですし、すぐ帰るつもりだったのでちょっと下のほうの撮影場所へ。

すぐにスカイメモをセット、したのですが、本体と三脚を止めるねじが1本ありませんorz
前回の三石の時に落としてしまったのかもしれません。

いつもならいろいろな機材があるので、ねじはたくさん持ってきているのですが今回はスカイメモだけ。
万事休す、と思いましたが、フォトガイドⅡ用の三脚についているねじが同じM8でしたので事なきを得ました。


まだ月は地平線上にあるはずですが、もう影響ないレベル。
まずはいつものZ6II改と8-15㎜、NGS1の組み合わせで1枚。山を入れたかったので新星景で。
15mm-2

どうも大気光があったようで、中々地平線付近はにぎやかな感じ。
NGS1のおかげでそこまで目立ちません。


続いてZ14-30mm@30㎜へスイッチ、アップ気味で残雪の大雪山系を狙います。
30mm-2

構図的にはこのくらいがいいですね。
大気光がかなり出てきていて、特にフィルターも入れていないので目立ちます。


この後85㎜で望遠新星景をやってみたのですが、見事に構図をミスって没orz


最後にZ6II改と8-15㎜、NGS1でJPEG撮って出し
_DSC8038

地上風景は流れるのでちともったいないですが、これはこれで良い気もします。


時刻は0時半
薄明開始まであと1時間ちょっとありますが、仕事もありますし、途中まで下道ですので早めに撤収。

事前にカムイミンダラさんからお知らせ頂いていましたが、山岡家永山店は改修中のため閉店していて通過。
自宅近くの山岡家で〆。
DSC_8200

辛味噌ネギ激辛、なんかいつもよりだいぶ辛い気がしましたが美味い!


念願の残雪の大雪山系と星空、もう少しゆっくりと楽しみたかったですが満足です。
来月以降は蝦夷梅雨になってしまうかもしれませんが、今回のような好天を期待します

ギャラリー
  • 旭川の男山酒造の酒造開放に行ってきました
  • 旭川の男山酒造の酒造開放に行ってきました
  • 旭川の男山酒造の酒造開放に行ってきました
  • 旭川の男山酒造の酒造開放に行ってきました
  • 旭川の男山酒造の酒造開放に行ってきました
  • 旭川の男山酒造の酒造開放に行ってきました
  • 旭川の男山酒造の酒造開放に行ってきました
  • 旭川の男山酒造の酒造開放に行ってきました
  • 旭川の男山酒造の酒造開放に行ってきました
アーカイブ