Shooting Stars - 美しい星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

ふたご座流星群撮影成功

昨日は城里で撮影していました。
撮影記はあとでアップするとして、まずは速報版をば。
20211214_Gemini

まあ、去年と同じとはいかないものの、頑張ったほうじゃないかなと。
詳細は後程。。。

11/10・11 城里遠征

もはや1か月前のことですが、11/10に城里へ遠征してきました。

思い切り平日の水曜日、ゆっくり21時くらいに出発。
誰もいないだろうと思っていましたがすでに先客が。
知り合いではなさそうな雰囲気なので、ささっとまずは機材設置。

今回はVC200L+RDに、D810Aすばるを。
中光害地の城里、淡ものよりはメジャー対象だろうと。

セッティングは順調、視野回転にちょっとてこずったものの撮影開始。
明るい対象は導入も楽でいいですね。

風もほぼ無しシーイングも上々で撮影は快調。
機材が安定してきたので先客の皆様にご挨拶。千葉からいらっしゃったようです。

機材やらコロナやら、雑談で盛り上がりつつぼちぼち撮影。
ISO3200、3分で40枚撮り切りました。

構図変更して撮影続行、薄着過ぎたせいで寒くなってきました。
翌日は仕事なので、仮眠しますが寒くて中々眠れず…

04時くらいに撮影完了、まだ空はばっちりですが速攻で撤収。
珍しく予定通り撮影できた夜でした。

画像処理結果はこんな感じです。
subaru3
撮影時刻:11/10 23:23:36~
撮影場所:城里
鏡筒:Vixen VC200L +レデューサーHD(焦点距離1386㎜F6.9)
追尾:Vixen SXW赤道儀(SS-one改造)
ガイド鏡:60㎜F4ガイド鏡
ガイドカメラ:ZWO ASI120MM
ガイド:SS-one AutoGuider
カメラ:Nikon D810A(ISO3200、400)
露光時間:(3分×40枚+15秒×20枚)コンポジット×2枚モザイク(総露出時間260分)
画像処理:CCDStack2でフラット、RAW現像、コンポジット
     StallaImage6.5で加算合成、デジタル現像、ガンマ補正
                  Photoshop2022で最終仕上げ

流石すばる、明るいだけあって強調は余裕ですね。
星が汚いのはご愛敬、特に右側の2つが酷い
主鏡の爪隠しをつけないとダメそうです。

今のところメンテナンスフリーで光軸はばっちり。爪隠しをつけるとなると
一度鏡筒から主鏡セルを外さねばならず、光軸調整が待っています。

光軸が狂ってしまったらどうせ光軸調整をするので、改造してしまうんですけれどねぇ。
下手に弄ると元に戻せなくなりそうな気が…

まあ、とりあえずはこのまま運用ですかね。
また来年考えることとしましょう。

12/4早朝 レナード彗星

巷で話題のレナード彗星、土曜日の明け方に阿字ヶ浦へ撮影に行ってきました。

いつもぼっちの阿字ヶ浦ですが、この時は中々の混雑ぶり
私を含めて計5台、うち3台は星狙い。
話しかけはしませんでしたが、使っている機材と撮影方向から判断すると
おそらく他のお二方も彗星狙いだったようです。

天候は解析、風は少しありますが撮影に影響があるレベルではありません。
71FL+7866にD810A、SXWの組み合わせでレナード彗星を狙います。


7x50の双眼鏡で探すと、あっけなくM3と彗星の核が見えます。
ただ、尾があるかどうかは良くわからなかったですね…


71FLでの手動導入も簡単でした。
とはいえライブビュー画面ではちょっと厳しい感じです。

Mean_2_2-
ISO3200、1分×16枚、恒星時追尾、恒星基準コンポジット

ちょっと288㎜フルサイズでは画角が余り気味ですね。
もう少し尾が伸びていると思ったのですが。


4時を過ぎて、彗星の高度が上がってからもう一枚。
New1_2
ISO1600、2分×14枚、恒星時追尾、StarXTerminatorで星消し
彗星は彗星基準でコンポジット、Photoshopで星を追加

こちらのほうが多少尾が長く見えています。
結構強引に処理したので、よく見ると汚いですね。

近日点通過は来年1/3ということで、それまでは核は持ってくれそうな雰囲気です。
夕方に回る今月後半は高度が低すぎるので、チャンスは今週末まででしょうか。
今週は天気が悪い予報で、何とか撮影できそうなのが12/9まで。
撮影できるかどうか怪しいところです。



ギャラリー
  • 丘の成果
  • 丘の成果
  • 5月4日いつもの丘に遠征
  • いつもの白亜紀層で天の川を
  • いつもの白亜紀層で天の川を
  • いつもの白亜紀層で天の川を
  • 天文ガイド入選
  • 天文ガイド入選
  • 短時間の阿字ヶ浦遠征
アーカイブ