Shooting Stars - 美しい星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

2009年04月

モニタ、イヤッホウしてしまいました。

モニタ買ってしまいました。

NEC Multisync LCD2490WUXiです。

お値段なんと送料込みで9万5430円
あはは。笑うしかない金額です。



で、無事到着したのですが・・・。

3f6ab68d.jpg


でかっ!!!

何ですかこの分厚さは!
ここまでやる必要あるんですかね。。。

で、中身は、

997ee661.jpg


なぜこんな袋に?
この中にモニタが入っているとは思わないでしょう。

袋を開けるとこんな感じです。

415013ca.jpg



で、設置してみました。

f942f238.jpg


隣にあるのは19インチワイドのモニタですが、やはりデカい!

横から見ると、



とても分厚いです。

で、ドット欠けがないかビクビクしながらスイッチオン。
適当な画像を表示させてみました。

aef496b0.jpg


幸いドット欠けは見当たりませんでした。



使ってみての感想は、

デカい!!!

綺麗!!!

いや本当に。
視野角、ムラ、その他もろもろ申し分ないです。
キャリブレータはバイト代が入ってから買いますが、これで色まできちんと合えば完璧です。
少なくとも私のような素人には十分すぎる品です。




せっかくのフルHDモニタ、画像処理だけではもったいないということで・・・

これもついでに買ってしまいました。

3a9a4367.jpg


地デジ用のキャプチャボードです。

後輩にテレビはあげてしまいました。
モニタがいくつもあると邪魔なので、まとめてPCで見ることにしました。
それなら地デジだろ、ということです。

3f22ee5e.jpg


接続はPCIのものを選びました。

初期設定に少し時間がかかりましたが、今は特に問題なく動作しています。

画質は非常に良いです。さすがは地デジ!といったところでしょうか。
観賞用ソフトのレスポンスが悪いのが気になりますが、これはどのメーカーのソフトでも
同じでしょう。仕方ないと思っています。

素敵なモニタで、ゆっくりと地デジでテレビを見る・・・
とってもラグジーです。

走り初め

メインの趣味は天文ですが、実は自転車も好きです。

私のサークルは天文同好会ですが、なぜかチャリ好きが多く、その影響もあって
あちこちチャリで出かけています。

最近暖かくなり、雪もすっかり解けたので走り初めです。

ロードレーサーも持っていますが今回はママチャリで。
同期のぱっくんと2人で出かけました。

彼のチャリはというと・・・。

75e9c7fc.jpg


なんとリカンベントです!!!
乗っている人を見ることはまずないでしょう。
通り過ぎると結構大勢の人が振り返っていました。
それにしてもママチャリとリカンベントの2人組みとは、限りなく怪しい2人でした(笑)

目的地は南幌温泉。
札幌から片道25kmほどです。

0f0a13ea.jpg


ここは温泉だけでなく、名物「キャベツ天丼」(キャベ天)があります。

ce7ae6c5.jpg





相変わらずのサイズ!
巨大なキャベツ天ぷらが3枚。
食べきれない人も多いようです。

ま、今まで数限りなく食べているので余裕でしたけど(笑)


温泉にゆっくり浸かり、ぱっくんのリカンベントの後輪がパンクしてしまったので、
修理していざ札幌へ。

もう春ですね~。

b44cdee7.jpg



往復50kmくらいで、帰りはひどい向かい風でしたがちょうどよい運動になりました。
今年はバンバン走りたいですね。

限界線見事に失敗

限界線観測に行ってきました。

場所は赤井川村。
札幌から直線で50kmくらいで、道のりだと70kmくらいです。
b3f90bf6.jpg



荷物を積み込んで準備。
5人分の荷物となるとさすがに多いです。

4062e2f2.jpg




で、現地の天気は・・・。

fc185f7f.jpg


ぎりぎり月が見えるくらい。
話になりません。

で、観測風景はこんな感じです。
もちろん何も見えていませんけれど。。。

5b0680d4.jpg




帰りはいつもの山岡屋。

0673c345.jpg


全て醤油ラーメンですが、左から油多め、普通、なし。
すばらしき油の量です。

何をしに行ったのかまったく分かりませんが、こんなもんでしょうね。
学生のうちに2D2R以上の限界線観測に成功しておきたいんですけれどねぇ。
次は8月です。

遠征結果

遠征行ってきました。

今回は静内に行きました。

天気予報的には微妙でしたが、ほぼ快晴ですばらしい星空でした。

まずは、R200SSでしし座のトリオ銀河を狙いました。
ところが、ガイド星が見つからず、急遽ノータッチガイドで撮影しました。

ダークも引いていない元画像です。

0f02e31c.jpg


ISO1600で3分です。
露出不足なのは仕方ないですね。
10枚撮影してきましたので、ガイドエラーの少ないものを8枚コンポジットして仕上げる予定です。

撮影の合間を縫って、トリオ銀河やM81を前に紹介したA80Mf+ポルタで眼視で観測してみました。
M81は特にいい感じでしたね。恥ずかしながら、トリオ銀河も、M81も見たことさえなかったもので。

春は派手な星雲・星団はありませんが、系外銀河を見るのにはいいのかもしれません。



2時過ぎたあたりからは、D50で夏の大三角やさそり座の写真を撮影しました。

夏の大三角
9aa55423.jpg



さそり座付近
c4922f5d.jpg


どちらもISO1600で5分です。
ダークもフラットも補正していません。

空の暗さは申し分ないですね。
すぐに薄明になってしまい、ちょっと物足りないくらいでした。

観測時の気温はこのくらい。

aa9ba5e1.jpg


人に優しい気温です。
そのせいか、真冬よりノイズが多く感じられました。

観測終了後はいつもの山岡屋。

168edfe4.jpg


非常にいい観測でした。

課題もはっきりしました。
ガイドカメラは改造が必要なようです。
ガイド鏡は口径60mmのものに交換します。

画像処理もやらなければいけません。
明日はバイトとゼミと飲み会、あさっては限界線です。
来週からは学生実験のTAも始まります。

はぁ、年度始めは忙しいですね。

ギャラリー
  • いつのまにやら惑星の季節
  • いつのまにやら惑星の季節
  • 丘の成果
  • 丘の成果
  • 5月4日いつもの丘に遠征
  • いつもの白亜紀層で天の川を
  • いつもの白亜紀層で天の川を
  • いつもの白亜紀層で天の川を
  • 天文ガイド入選
アーカイブ