Shooting Stars - 美しい星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

2009年05月

D5000

D5000が先日発売になりましたね。
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d5000/

今使っているD40,D50ともいいカメラだと思いますし、そこまで不自由はしていないのですが
問題点をまとめてみました。

D40とD50共通の問題


①RAWのデータを吐き出す前に勝手にノイズリダクションがかかっている
(これをキャンセルするために、毎回電源をOFFにする必要がある)
②リモートコードが使えず、リモコンのみ
③ミラーアップがない
④ライブビューがない
⑤ファインダーが非常に見づらい
⑥RAW+JPEG記録時、JPEGの画質が最低画質(BASIC)しか選択できない
⑦画素数が少ない

D40の問題


①100枚以上連続で撮影できない(比較明のときに不便)
②モーター内臓レンズ以外はAFが使えない

D50の問題


①SDHCカード非対応
②撮影画像の確認時、倍率が低すぎる
③D40に比べて重い


太字にしたものは致命的です。
特にリアルタイムノイズリダクションのせいで連続撮影ができず、
インターバルタイマーの意味が余りないです。。。

で、D5000なわけですが、D40の後継機だと聞いていましたが、
ヨドバシで少し使ってみてびっくりしました。

なかなかやりますね!

センサも1200万画素のCMOSで、画素数も十分。
バリアングルモニター+ライブビューもいい感じでしたし、
長秒時ノイズリダクション、高感度時ノイズリダクションもOFFにできます。
ミラーアップ、RAW+JPEGもFINE,NORMAL,BASICの3種から選択できます。

うーむやばいぞこれは。
D40というよりはD90の弟分、といったスペックです。

D90との違いは、リモートコードが使えるかどうか、ファインダーがミラーかプリズムか、
重さ、バリアングルモニターですが、

リモートコードとプリズムミラーをとるならD90

バリアングルモニターと軽さをとるならD5000

ってことですかね。


問題はお値段。どちらも8万は手が出ません・・・。
中古で5万以下まで下がれば、どうしようかな・・・。


あと、ノイズはどうなんでしょうか?
わりとD90は少なかったみたいですが、やはり気になりますよね・・・
ダークもきちんとマッチングするかもかなり気がかりです。

もう少し待ってみます。

フィルター

昨日シンポジウムのポスター発表が終わり、やっと一息つけます。
また6月頭に学会があるので、月末は忙しくなってしまいそうです。



前回の課題を克服するため、新兵器を投入することにしました。

055fb14c.jpg



フジのSC-42シートフィルタです。

健康奉仕さんがご購入されたL41フィルタ+LPS-P2の組み合わせが青ニジミ消しには
最も効果的みたいですが、L41フィルタって高いんですよねぇ・・・。

というわけで、L41ほどシャープカットではありませんが、値段は数分の1です。
シートフィルタホルダも持っていますので、ケチってしまいました(笑)
アダプターリングも買いました。

そして、皆既日食用にこれも買いました。

ab5cf22a.jpg



シートのNDフィルタです。
本当はND 4.0(露出倍数10000倍)が欲しかったのですが、なかったので取り寄せをお願いしました。
ところがND 4.0は注文が殺到しており、納期3ヶ月のとのこと。

仕方ないのでND 3.0を頼みましたが、これも納期3ヶ月とのこと。

完全にやられましたね。

皆既日食をナメてました。
去年の冬にはあったので、あのときに買っておけば・・・・

いまさら何を言っても遅いんですが。

で、仕方なくND 2.0を2枚使おうと思いましたが、これは1枚しかなく、取り寄せも面倒なので、
ND 1.0と3.0を使うことにし、3.0は10×10cmのものしかなかったので、カットして使うことにします。

あ゛ーもう!!!!!
対応が後手後手に回り、失敗するいつものパターンです。
他に必要なものはないですが、早めにテスト撮影をしなければいけません。

そして、さらにショッキングな出来事が・・・。

去年の天文ガイド8月号に函岳で撮影した写真を掲載していただき、振り替えの用紙が来ていたんですが、受け取りを忘れていて、

期限が切れてしまいました。

最低ですね。。。
天文ガイド編集部の皆様本当にごめんなさい。。。
今日届いた分は受け取りに行きますので。。。

桜と星空

昨日夜はモエレ沼公園に桜と星を撮りに行ってきました。

モエレ沼公園は、札幌中心部から北東に10kmほどのところにある、広大な面積の公園です。
http://www.sapporo-park.or.jp/moere/index.php

札幌では円山公園が桜の名所として有名ですが、モエレ沼にも3000本ほどの桜があります。
ちょうど昨日満開と言うことでしたので、夜にママチャリで行ってきました。

到着してみると、

散り初めでした(泣)

しかも風が強く、どうしても不自然な写真になってしまいました。

まずは1枚目。

5ba13202.jpg


データ

撮影日時:2009.05.06 20h19m 30s×100枚
カメラ:ニコンD40(ISO400、RAW、1枚目のみストロボ使用)
レンズ:シグマ15mmF2.8対角魚眼(絞りF5.6)
画像処理:RAP2にて比較明合成、Photoshop CS3 Extended

余計な木が写ってしまい、桜も動いてしまいました。

2枚目はこちら。

730865d3.jpg


データ

撮影日時:2009.05.06 21h33m 30s×100枚
カメラ:ニコンD40(ISO400、RAW、1枚目のみストロボ使用)
レンズ:シグマ15mmF2.8対角魚眼(絞りF5.6)
画像処理:RAP2にて比較明合成、Photoshop CS3 Extended

こっちのほうがうまく行きましたが、これも余計なものが写ってしまい、
ストロボももう少し強く照らせば良かったですね。




週末には満月と桜の写真を撮りに行く予定です。

掩蔽関係の解説書発売

掩蔽関連の本が出版されました。

8744a505.jpg



「天体観測の教科書 星食・月食・日食観測編」

このシリーズは、少し前に流星編も発行されています。

中身はちょっと難しいものや、観測報告方など省かれているものもありましたが、
全体を通してはよい出来で、十分に価値があると思います。

今まで後輩たちに掩蔽や限界線について伝えるのは大変でしたが、
「ますはこれを読め!」と言えばいいので、助かります。

また、図らずも7月の日食前で、回転アンシャープマスキング法についての詳細な
記述もあり、日食の内容も充実していました。

観測部長(系)のみんなへ


すぐに書店に行き、黙ってレジへ持っていくこと!!!

遠征結果その2

さそり座付近も完成しました。

1add8d92.jpg



データ

撮影日時:2009.04.29 00h42m~ 300s×8
カメラ:ニコンD50(ISO800、RAW)
レンズ:AFニッコール28mmF2.8(絞りF3.2)
ガイド:ケンコースカイメモR(ノータッチガイド)
処理:RAP2,StellaImage6,Photoshop CS3 Extended

失敗写真です。

できる限りごまかしましたが、

①地平付近の光害があった

②ピンボケ

③青ニジミがひどい

①は調整レイヤーを大量に使い、②はスマートシャープ、③はLabモードでa,bチャンネルに
ダスト&スクラッチでとにかくごまかしました。

本当なら「ごまかしの画像処理」なんてやってはいけません。
ともかく、前回の遠征時にきちんとピントや青ニジミを確認しなかったのが原因です。

今月末にはまた遠征しますが、今度は欲張らずに天の川だけに集中したいと思います。
また、青ニジミはSC-42フィルタあたりをかませようかなと思います。

追記


この後学校で実験です・・・・はぁ・・・・

終わったら桜と星の写真を撮りに行ってきます。
今はすばらしい天気ですが、晴れてくれよ~

ギャラリー
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • ほぼ皆既月食撮影成功
  • ほぼ皆既月食撮影成功
  • 北海道に行ってきました
アーカイブ