Shooting Stars - 北海道の星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

2009年05月

M81、82

ようやく1枚目の処理が終わりました。

4fa54dbb.jpg



データ

撮影日時:2009.04.28 21h52m~ 30min.×3
カメラ:ニコンD40(ISO400、RAW)
望遠鏡:ビクセンR200SS+コマコレクター1
ガイド:ビクセンSX赤道儀
ガイド鏡:ケンコー口径60mm、F7ガイド鏡
ガイドカメラ:1004XAボードカメラ(25フレーム蓄積)
ガイドソフト:PHD guiding 1.10
処理:RAP2,StellaImage6,Photoshop CS3 Extended

4枚撮影したうち、ガイドエラーの大きかった1枚は除外してあります。

ISO400、-5℃の外気温のおかけでかなりノイズが少なかったことに助けられました。
やはり長焦点は低感度で、たっぷりと露出をかけてあげるほうがいいようです。

春合宿in月形

春合宿行って来ました。

今回は札幌から北東に40kmくらいのところにある、「道民の森 月形地区」で行われました。

日程は2泊3日でしたが、私は1泊2日の滞在で、チャリで行って来ました。

コースはこちら。

d4737160.jpg



行きが赤線で、新道(国道274号)~国道275号~道道138号~道道1121号~国道274号~月形温泉~
国道275号~道民の森 です。

チャリはおじさんから譲ってもらったパナソニックのロードレーサーです。

876e2f5d.jpg



気温も高く、ぽかぽか陽気でした。

9595343b.jpg



天気はこんな感じでしたので、まったく星は見れず。

3be21382.jpg



バンガローはとても広く、今までの春合宿地の中で一番快適でした。

004f92cb.jpg


(手ぶれしていてすみません)

バンガローは親子連れで非常に混雑していました。
確かにとても静かな場所ですし、設備も整っているので、家族キャンプにはもってこいですね。




夜はまったりと飲み、次の日の朝にはもう出発しました。

行きは一人でしたが、帰りは後輩のぐらと一緒に帰りました。

d944fbf3.jpg



ルートは青線のように、国道275号~国道337号~伏古拓北通り~新道で、いつもの山岡屋で
ラーメンを食べて帰りました。

0fb81439.jpg




今回は往復で

Time:6:24'47
Distance:124.48km
Average Speed:19.4km/h

でした。帰りは275が向かい風で大変でしたが、ちょうど良い運動になりました。
(今日は少し筋肉痛です(笑))

今年はたくさん走れればいいな、と思っています。

オートガイドについて

今回の遠征では、前回惨敗したM81、82のリベンジをしました。

R200SS、ISO400、30分で4枚撮影しました。

一番良く取れた画像はこちらです。

916474b8.jpg



ダークフラット未補正、JPEG撮って出しの画像です。
ISO400だと背景が滑らかでいいですね~。

中心部の200パーセント拡大はこちら。

8ca1a39a.jpg



ほぼガイドエラーなしと思っていますが、まだ甘いんでしょうか。




PHD guidingの設定について


パラメータはこんな感じです。




RA agressivenessは天の北極近くだったので低めの60にしました。
(見づらくてすみません)

Dec guide modeはいつもOffにしていますが、Autoにしてもなぜか安定していましたので
Autoに、Dec Algorithmは確かLowpass Filterだったはずです。
(実は撮影し終わってからのスクリーンショットですので、もしかしたらRegist Switchかもしれません)

Min. motionは

ガイド鏡の焦点距離:420mm
R200SSの焦点距離:800mm

ですから、D40とガイドカメラの1画素のサイズが同じだとし、許容できるエラーを
1ピクセルとすると0.50となると思いますが、あまり安定しなかったので大きめにしました。

Calibration Stepは1004XAの露出と同じ1000msです。

同じ設定で4枚撮りましたが、ガイドエラーがないのは先ほどの1枚、
ぎりぎり許容範囲なのが2枚、使えないものが1枚ありました。

成功率を考えると、もう少し追い込む必要があると思います。

エラー


これまでASCOMはVer.4.4.0を使い、スフィンクスプラグインも4.4.0を使っていましたが、
最新にアップデートすると、キャリブレーションの際にエラーが出てしまい、

「万事休す!」

と思いましたが、PHDを再起動してASCOMのスフィンクスの設定画面で
"soft error"にチェックを入れ、観測地の緯度経度を入れたら正常動作しました。




なんだったんでしょうか、本当にびっくりしました。


1004XAについて


1004XAは露出1s(25フレーム蓄積)で、GainはMAXにしています。
2sでも試してみましたが、PHDのグラフを見る限りでは短めの露出にしたほうが
うまくいく気がします。

どのくらいの星まで写るかですが、

7437742a.jpg



うーん、これじゃ分かりづらいですね~。
スクリーンキャプチャに失敗してしまいました。
8等くらいまでは写っていたと思いますが・・・。
来月までには改造機が完成するみたいですので、もう少しお待ちを。



追記


明日からサークルの春合宿です。
星の写真を撮る気は全くないです(笑)
一年生も8人来るとのこと、楽しみです。

ギャラリー
  • 星ナビ入選
  • あけましておめでとうございます
  • 久々にW入選
  • 久々にW入選
  • 皆既月食撮影詳細
  • 皆既月食撮影詳細
  • 皆既月食撮影詳細
  • 皆既月食撮影詳細
  • 皆既月食撮影詳細
アーカイブ