Shooting Stars - 美しい星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

2010年03月

合宿の成果その5ーバラ~コーン星雲モザイク

ミニボーグモザイク第2弾、バラとコーン星雲です。

bf0e6e04.jpg


データ

撮影日時:2010.02.13 20h53m~ 15min×4×3コマモザイク
カメラ:ニコンD40(ISO1600、赤外カットフィルター除去改造、RAW)
フィルター:IDAS LPS-P2 FF
望遠鏡:ミニボーグ45ED+0.85×レデューサー
ガイド:ビクセンSXW赤道儀
ガイド鏡:笠井トレーディング GuideFinder60
ガイドカメラ:1004XAボードカメラ(25フレーム蓄積)
ガイドソフト:PHD guiding 1.11
処理:RAP2,StellaImage6,Photoshop CS3


今回のモザイクはPhotomargeに任せました。
いやー便利ですね~。3コマのモザイクなら問題なくモザイクしてくれるみたいです。

ただ、元画像の構図がイマイチなので階段状になってしまい、長方形に整形すると
コーン星雲が切れてしまうのでこのままにしました。

構図はもう少し左に振り、コーンの背景の星雲を入れたほうがいいみたいですね。

最後はカリフォルニア星雲とわし星雲です。
ようやく合宿の写真もこれで終わりですね。



追記


今日は遠征に行く予定です~。
晴れてくれ~。

合宿の成果その4ーM42~馬頭星雲モザイク

ミニボーグモザイク第1弾、M42と馬頭星雲です。

3c796905.jpg


データ

撮影日時:2010.02.12 18h39m~ 15min×4×2コマモザイク
カメラ:ニコンD40(ISO1600、赤外カットフィルター除去改造、RAW)
フィルター:IDAS LPS-P2 FF
望遠鏡:ミニボーグ45ED+0.85×レデューサー
ガイド:ビクセンSXW赤道儀
ガイド鏡:笠井トレーディング GuideFinder60
ガイドカメラ:1004XAボードカメラ(25フレーム蓄積)
ガイドソフト:PHD guiding 1.11
処理:RAP2,StellaImage6,Photoshop CS3


ミニボーグによるモザイクは初チャレンジでしたが、ディストーションが小さく、
フラットもちゃんと決まってくれて割とすんなり合ってくれました。

しかし片ボケしており、4枚撮影した後子午線を超えてしまったために
鏡筒を反転したところ上下逆になり、上と下で片ボケの方向が違って居る状態で
モザイクしてしまい、後始末が大変でした。

原因はDCカプラーによるテンションあたりでしょうか、他の写真では特に
目立たなかったので・・・。

M42の周囲の分子雲が出てきたときは本当に写るんだ、と驚くとともに
うれしくなりましたね~。

3コマ目、M78とバーナードループは撮影したものの透明度が
極端に低下して使えず。うーん残念。

次はバラ星雲~コーン星雲のモザイク、これはピンボケですので
結構苦労しそうです。


機材ネタ


後輩がこんなものを買いました。
GENTAさんのところにももうすぐ届く、例のアレです。

3df7faec.jpg



う、薄っ!!!

これはやばいですよ本当に。9mmは伊達じゃない!!!
何でもオフアキ化できそうですね~。

合宿の成果その3-M81&M82

R200SSの作品は最後、M81とM82です。

18ef5938.jpg


データ

撮影日時:2010.02.15 02h08m~ 15min×4
カメラ:ニコンD40(ISO1600、赤外カットフィルター除去改造、RAW)
フィルター:IDAS LPS-P2 FF
望遠鏡:ビクセンR200SS+コマコレクター3
ガイド:ビクセンSXW赤道儀
ガイド鏡:笠井トレーディング GuideFinder60
ガイドカメラ:1004XAボードカメラ(25フレーム蓄積)
ガイドソフト:PHD guiding 1.11
処理:RAP2,StellaImage6,Photoshop CS3


導入に時間がかかりすぎて、構図がちょっと微妙でしたが、
この時は透明度が良かったために淡い部分までよく写ってくれました。

でもフラットはうまくマッチングしてくれませんでしたね。
原因はちょっと分からないんですが、やはり口径の大きいR200SSは大変ですね。

また、上の隅がスケアリング?のせいで星像が伸びてしまいました。
ワイドアダプター60だとなかなかうまく行きません。

この次はミニボーグのモザイクです、これは結構良くできた自信があります。
ご期待ください~。

合宿の成果その2-M42

次はM42です。これもR200SSで狙ってみました。

8eba1137.jpg


データ

撮影日時:2010.02.15 22h03m~ 10min×3
カメラ:ニコンD40(ISO1600、赤外カットフィルター除去改造、RAW)
フィルター:IDAS LPS-P2 FF
望遠鏡:ビクセンR200SS+コマコレクター3
ガイド:ビクセンSXW赤道儀
ガイド鏡:笠井トレーディング GuideFinder60
ガイドカメラ:1004XAボードカメラ(25フレーム蓄積)
ガイドソフト:PHD guiding 1.11
処理:RAP2,StellaImage6,Photoshop CS3


低空であり、M42の下の輝星にゴーストが猛烈に発生してしまいました。
ISO1600、10分×3でもさすがはIRカットフィルタ除去、赤い星雲はよく写りますね~。
星像もまずまずでしたが、下の部分は大気差?によって流れてしまいました。

中心部は完全に飽和していましたので、今回は飛ばしてしまい、淡い部分を強調してみました。
来シーズンは多段階露光を試してみたいと思います!

それと、実は去年同じ日にノーマルD50で撮影した写真をブログにアップしていたことに
気づき、2枚の写真を並べて見ました。
全く進歩していない自分にショックを受けました・・・。
ただ、フラットだけは今回のほうが良かったようです。

次はR200SSの最後の写真、M81&M82にチャレンジします!

合宿の成果その1-すばる

最近は飲み会ばかりで処理が進んでいませんでしたが、ようやく1枚目の
処理が終わりました。

R200SSによるすばるの写真です。

f672d03b.jpg


データ

撮影日時:2010.02.14 22h06m~ 10min×4
カメラ:ニコンD40(ISO1600、赤外カットフィルター除去改造、RAW)
フィルター:IDAS LPS-P2 FF
望遠鏡:ビクセンR200SS+コマコレクター3
ガイド:ビクセンSXW赤道儀
ガイド鏡:笠井トレーディング GuideFinder60
ガイドカメラ:1004XAボードカメラ(25フレーム蓄積)
ガイドソフト:PHD guiding 1.11
処理:RAP2,StellaImage6,Photoshop CS3


久々の画像処理でものすごく大変でした。すばるの処理は難しいですね。
輝星のゴーストがうまく処理できませんでしたね・・・星像も無理やり小さくしましたが
これは今月の遠征までにはもっとシャープになるよう機材を改良する予定です。

次はM42の処理に取り掛かる予定です。

ギャラリー
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • ほぼ皆既月食撮影成功
  • ほぼ皆既月食撮影成功
  • 北海道に行ってきました
アーカイブ