Shooting Stars - 美しい星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

2010年10月

すばる

10/7にアンガスに遠征した際のすばるです。
R200SSによる3枚モザイクにチャレンジしてみました。

81c649e6.jpg



データ

撮影場所:上川町アンガス牧場
撮影日時:2010.10.08 00h08m~ 12min×4×3枚モザイク
カメラ:ニコンD40(ISO1600、赤外カットフィルター除去改造、RAW)
フィルター:IDAS UIBAR-Ⅲ FF
望遠鏡:ビクセンR200SS+コマコレクター1
ガイド:ビクセンSXW赤道儀
ガイド鏡:笠井トレーディング GuideFinder60
ガイドカメラ:1004XAボードカメラ(25フレーム蓄積)
ガイドソフト:PHD guiding 1.12
処理:RAP2,StellaImage6,Photoshop CS5


副鏡が曇ってしまったせいで輝星が肥大化したうえに、光軸不良と鏡面圧迫で星像がひどいですがモザイクのおかげで何とか見られるようになりました。でもちょっと明るすぎかな?

でも輝星が大きい上に、中間長がのっぺりしましたね。デジタル現像に頼りすぎかもしれません。また、RとGは上手くフラットがマッチングしましたが、Bがイマイチです。フラットもやり直さないといけません。

露出に関しても若干の余裕がありましたので、15分にしても良さそうです。
また、ノイズ低減はCamera Rawのみですがまだ余裕があります。2枚コンポジットでも何とかなりそうです。
来月は15分×2枚×4枚モザイクにするつもりです。

遠征してきました

10/6(水)

ハイエースをレンタルして17時にサークル会館集合、18時に出発。
今回はいつものSくん、Nくんを含む総勢6名での遠征でした。
当初の予定ではアンガスに行く予定でしたが、GPVを見るとどうやら平取の方が良さそうです。

平取に到着すると素晴らしい天気。低空に少し雲がありますが、すぐに展開。
しかし、機材をセッティングし終わったときにはもう雲に覆われていました。

地面に寝転がりながら晴れ間を待っていると、4時間ほど経った25時ごろになってようやく晴れてきました。
ところが余りに夜露がひどく、薄雲が掛かったような状態で透明度も良くありませんでした。




おまけにフードを付けていなかったせいで副鏡まで曇ってくる始末。
大した収穫もなく28時過ぎには撤収しました。

帰りはもちろんヤンマーです(笑)

6f843707.jpg


この後猛烈に腹を壊し、かなり危険な状態でした。
後輩たちよ、すまなかった。やはりヤンマーでトイレに行くべきだった。

10/7(木)

GPVを見るとまずまずなようですが完璧ではないようです。金曜にゼミの発表だったので迷いましたが、このまま引き下がるのはちょっとねえ、ということでSくんNくんの3人でアンガスへ。
途中カムイミンダラさんからメールがあり、アンガスに行くことをお伝えしました。

現地に到着すると予想通りカムイミンダラさんとNさんが準備をなさっていました。
われわれもすぐに展開し、撮影を開始。

今日はパターン交換中のスカイメモの代わりに会のタカハシ90SとSXWを使い、90Sでは85mmと180mmでハートレイを狙い、SXWではすばるを狙いました。

ついでにフジカGL690や久々のNikon NewFM2で撮影をしたり、D50でも撮影していました。
4台フル稼働でしたから疲れましたね~。




途中フードを付けたにもかかわらず副鏡が曇るなどいろいろありましたが、何とか予定通りの撮影を終えることが出来ました。

帰りは運転をNくんに任せて爆睡。
もちろんヤンマーにも行きましたよ~。

719964f5.jpg



その後ほぼ徹夜でゼミ、土曜は飲み会、日曜は二日酔いで死んでいました(笑)
今週もう一度晴れてくれるといいのですが、打ち止めなようですね。


71FL+7866テスト(速報)

GENTAさん長らくお待たせしました。

この後遠征予定ですので簡単で恐縮ですが、テストの結果をアップしたいと思います。

カメラはD40+UIBAR-Ⅲで、SXWでオートガイドしています。
7866は焦点距離400mmのところにレンズを合わせました。

8da872ef.jpg


左上と右下が多少怪しいですが、ほぼ完璧といっていい星像です!
左上と右下はスケアリングの問題ですので、これはどうにかなるなずです。少なくとも7866に問題は全くありません。

元画像はこちら。JPEG撮って出し、iso1600、露出は5分、NRはしていません。

29d3edae.jpg



周辺減光は前にテストしましたので、ディストーションのチェックを行いました。
方法はかなり多めに重なりを取ったモザイクを行い、Photomargeで位置の変更だけを行いました。

136b266d.jpg



流石に四隅はそれなりにありますね。割と大きめに感じます。

ワープツールで合わせ込んで見ました。

bf4db996.jpg



補正は可能で、それほど複雑な歪みではなさそうです。

ついでにPhortomargeで「自動、周辺減光&歪曲の補正あり」でモザイクし、処理してみました。

01cb6ec2.jpg


特に問題ないようですね。かなりこの組み合わせは使えると思います。
最大の弱点は周辺減光で、歪曲も少し邪魔になるかもしれません。

7878との比較は出来れば今日やります。しばしお待ちを。




北海道・星見人の会 兼星ウォッチング発表会in名寄

土日に今年4月にオープンした名寄市立天文台きたすばるにて開催されました「北海道・星見人の会 兼星ウォッチング発表会in名寄」に参加してきました。

これは毎年別々に開催されていた2つの道内の天文ファンの集いがあったのですが、今年は初めて一緒にやろうということになりました。

サークルからは7人が参加し、カムイミンダラさんとくっしーさんやWさんも参加していました。
詳細はカムイミンダラさんのブログを、といいたいところですが記事にしようと思います(笑)

.

きたすばるの外観です。銀のドームがまぶしいですね。

84c329db.jpg



宿泊はバンガローでしたが、自動ドア付き、シャワーやIHのキッチンも付いた我々がいつも泊まっている掘っ立て小屋とはえらい違いでした。

ed544b83.jpg



始まる前に機材を見せてもらいました。

フジノンの150mmED双眼。



EM500にミューロン300。
9625d214.jpg


MS-5にε180ED、サブスコープはなんとBabyQ!!
豪華すぎです。

33c7426f.jpg



会はまず超新星発見で有名な板垣さんの講演がありました。大変興味深い話で、ちょっと質問したいこともあったのですが時間切れでした。残念。

夕食後時間が合ったので50cmカセグレンでM13、40cmリッチーで木星を見せてもらいました。
いやー大口径っていいですね!!
就職して車を買ったらドブソニアン買います、多分。眼視もいいですよね。

で、なんとイプで写真を撮らせてくれるとのことでしたので、リモコンがなかったので無理やりシャッターを手で押し続けてM31を撮ってみました。ピンボケ・ガイド不良ですが・・・


ff1f96dd.jpg



処理後

ab625a8c.jpg


うーんこれは圧倒的な戦闘力の差ですね。。。恐るべしε、MS-5。



そのあとTさんの星ウォッチングでは恒例のイースター島皆既日食(これはすごかったです)があり、私もガイドカメラについて発表させていただきました。しかし余りに小難しい内容だったので猛反省です。来年はもっと簡単な内容にします。

ビンゴ大会後に飲み会。Wさんとお話が出来ました。今度観測所に顔を出しても良いとのこと。
くっしーさんに連れて行ってもらうことにします。

そこでのWさんの名言:

「イプシロン、あれって暗いじゃん」

いや意味わかんないです(笑)
そりゃシュミットの1.8とか2とかに比べれば暗いでしょうけど・・・

この後Wさんやカムイミンダラさん、くっしーさんに生プリントを見せていただき、Wさんからは1枚頂いてしまいました。シュミットカメラの星像がシャープすぎて鳥肌ものです。また、カムイミンダラさんとくっしーさんの入選作品も見せていただきました。どうもありがとうございました。やっぱり生で見ないと本来の画像の良さは伝わりませんね。来年は私もちゃんとプリントしてもって行きますね!

コテージに戻ってからはカムイミンダラさんとくっしーさんたちとともにさらに飲みました。
なんとカムイミンダラさんが三芳菊を持ってきてくださいましたので、ごちそうになりました。

味はちょっと熟成気味でありましたが、青りんごのような甘酸っぱさは健在で、まろやかになっていました。
大変おいしゅうございました。どうもありがとうございます!

その後も天文&日本酒談義に花が咲き、寝たのは5時半くらいでしょうか。
楽しかったですね~。

翌日はTくんの発表があり、その後皆様にご挨拶をして帰りました。
来年は自分の写真を持っていくのと、分かりやすい発表をしたいですね!

ギャラリー
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • ほぼ皆既月食撮影成功
  • ほぼ皆既月食撮影成功
  • 北海道に行ってきました
アーカイブ