Shooting Stars - 美しい星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

2011年01月

EeePC901-Xの電源について

私はくっしーさんと同じくASUSのネットブック、EeePC 901-Xをガイド用として使っています。
当初はバッテリーの持ちも良く、快適だったのですが、去年の冬合宿で酷使しすぎたせいもあって
去年からどうもバッテリーの持ちがよくありませんでした。

ガイド用としては十分すぎるスペックですし、売っても二束三文にしかならないでしょうから、
社外バッテリーを買うことにしました。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%83%AF%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3-ASUS-EeePC901-X-Eee-PC-1000H-X%E3%81%AE-AL24-901-%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC/dp/B002HG8RGY/ref=sr_1_9?ie=UTF8&qid=1295363431&sr=8-9

純正のバッテリーが6600mAhですから、11000mAhだと約2倍の容量になります。

開封してみました。すると・・・



結構厚いですね~。純正と比べるとかなり厚みが違います。



取り付けてみると、角度が斜めになります。まあ角度が付くのでむしろ使いやすいかもしれません。



フル充電してみたところ、Bluetooth、WLAN、Onboard Cameraを全てOFFにすると「残り11:38」と
表示されました。確かデフォルトのバッテリーで同じ条件だと6時間くらいだったと思いますので、
ちょうど2倍くらいは持ってくれそうです。

もちろんガイドソフトを起動しますので、実際は夏場で8時間くらい、冬場だと5時間も持てばいいほうだと
思いますが、これで安心ですね。


それと、くっしーさんが冬合宿でシガーソケットから直で接続できるEeePC用のアダプターを使っており、
私も欲しくなったので探してみました。

すると、くっしーさんがお使いのものはもうディスコンで、代わりにこんなものがありました。

http://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%97%E3%82%BF%E3%83%BC-Asus-EEE-901-X%E7%94%A8/dp/B001IF3V7A/ref=sr_1_30?ie=UTF8&qid=1295364274&sr=8-30

見るからに怪しいですが、まあ1580円ならいいか、と思ってバッテリとともに注文しました。

届いてみると”Input 12.6V Output 12V 3A”と書いてありました。
Outputは何の問題もありません。しかしInputはカーバッテリーなら12-14Vくらいまでは変化するはずです。
Amazonの商品説明にもそう書いてありました。

うーんこれは怪しい、と思って中を見てみると・・・

aba00b60.jpg


コンデンサーしか入ってないじゃねーか!!!!!


一応LEDもありますが・・・

裏返してみると、一応ダイオードが入っていました。
(ぶれていてすみません)

2bf6a1eb.jpg


ダイオードによる電圧降下により、確かに入力が12.6Vなら12Vが出力されます。
ヒューズとダイオードだけですので、3Aの電流でも余裕でしょう。ショートの可能性も低いです。

ですが、入力が低下するともちろんダイオードだけですので出力も低下します。
11.6V前後になったときに、EeePCは11V以下では動作しないみたいですので、バッテリーモードに
なることでしょう。

バッテリーを外して、直で接続する分にはそれほど問題なさそうです。少なくとも
カーバッテリー直よりはダイオードによる電圧降下とヒューズによるショート防止の効果があるのでマシです。
ただバッテリーが付いていると、入力電圧が安定しないのはダメですね。

ま、安物なんてこんなもんですかねぇ。ここまでステキだと文句をいう気にもなれません。



で、どうするか

今はDC-ACコンバーターで一度ACに変換し、純正のAC-DCアダプターを使っていますが、
これはかなり効率が悪いです。これもEeePCシリーズが12Vで動作するせいなんですよね・・・
普通の人たちは別に不便ではないと思いますが、我々としては厄介です。

12V付近から12Vに変換するのはZUS251212なんてものもあります。SXWの電源に使っています。
http://jp.rs-online.com/web/0138293.html

ただ結構お高いですし(5000円以上します)、次に買うネットブックは12V動作のものにはしたくないので
昇圧型DC-DCコンバーターで一度昇圧し、D40外部電源でも使用したDC-DC電源を使うことにします。
最初からそうすればよかったですね。週末にでも作ろうと思います。

85mmモザイク-オリオン座リベンジ

今月3日にしぶんぎの遠征のときに撮影したオリオン座です。
これはかなり自信作ですので、大きくどーんと載せてみます。

83834576.jpg


データ
撮影場所:大樹町晩成
撮影日時:2010.01.03 21h20m~ 8min×4×4コマモザイク
カメラ:ニコンD40(ISO1600、赤外カットフィルター除去改造、RAW)
フィルター:IDAS UIBAR-Ⅲ
レンズ:ニッコール85mmF1.8(絞りF4)
ガイド:ケンコースカイメモR赤道儀(ノータッチガイド)
処理:RAP2,StellaImage6,Photoshop CS5


ISO1600、8分×4枚でしたが、気温が-12℃くらいだったこともあり、Camera Rawの力を借りれば
ノイズは全く目立ちませんね。予想よりも遥かに淡い部分まで出てくれました。

また、全域に渡って分子雲があり、ムラなんだか分子雲なんだかよく分からず、処理が大変でした。
エンゼルフィッシュの右側、リゲルの南側にも淡い星雲があり、それ以外にもそこかしこに何かありますね。

また、エンゼルフィッシュは結構青い成分が多いらしく、バーナードループを赤くすると
まだ青っぽかったのですがそのままにしておきました。この位が自然なのかもしれませんね。

冬合宿の成果 その1

まずは10日の夜の広角写真です。

データ
撮影場所:三石町
撮影日時:2011.01.10 23h47m~ 5min×4コマ(1枚目)
2011.01.11 00h47m~ 5min×2コマ(2枚目)
カメラ:ニコンD40(ISO1600、赤外カットフィルター除去改造、RAW)
フィルター:IDAS UIBAR-Ⅲ
レンズ:シグマ15mmF2.8(絞りF4)
ガイド:ケンコースカイメモR赤道儀(ノータッチガイド)
処理:RAP2,StellaImage6,Photoshop CS5

265ff320.jpg


af54322e.jpg


右側が若干片ボケしていました。レンズが曲がっているのか、それとも・・・
前に落としてしまったことがあるので、そのせいかもしれません。
いずれにせよちゃんと直しておかないといけませんね。

冬合宿

1/8(土) 1日目

今回は北大勢としては私、Sくん、Nくん、Hくんのいつもの3人、
それに期待の新人、1年生のGくんの5人での参加となりました。

11時にレンタカーを借りて出発、のはずですが
あまりに雪が酷かったので、雪かきをしてからレンタカー屋へ。
Nくんと合流、ヴィッツとストリームの2台体制です。

しぶんぎの時に自宅に機材を置いたので自宅へ行ったわけですが、駐車場が
大混雑で中々入れず、積み込みに猛烈に手間取り出発したときには12時を過ぎていました。

なんと雪のため札樽道が通行止めで、下道で行きましたがなかなか進まず、市内を突破したときには
14時を回っていました。

道央道から道東道へ入ることもできましたが、距離は遠くなりますが路面状態を考えて
天馬街道経由の南ルートを選択しました。

千歳からは完全に雪も消え、野塚峠以外は全く雪もなく快適なドライブでした。
それでも合宿地、さらべつカントリーパークに到着したときにはもう19時を回っていましたので、
片道7時間掛かったことになります。日帰りの遠征で往復14時間は堪らないですね・・・

到着したときにはカムイミンダラさんとWさんがすでに撮影準備をなさっていました。
カムイミンダラさんはいつもの機材、Wさんは銀塩の撮影でした。

我々も機材を展開、私は180mmでのモザイクにチャレンジ。
透明度が3カット目で低下し使い物になりませんでしたが、なんとか2カット8枚分は
撮影できました。

その後お遊びでR200SSでトリオ銀河を狙ってみました。
結構良く写っていましたね~。ガイドも安定していたみたいです。

てっきりWさんは泊まっていくものと思っていましたが、明け方に戻られました。
お忙しい中わざわざ参加していただきありがとうございました!

撮影終了後は日本酒。Nくんが帰省途中に山口県の銘酒、いつもブログでも紹介している
獺祭」を持ってきていたので頂きました。純米大吟醸50かな、と思っていましたが
なんと磨き三割九分でびっくり!!期待通り素晴らしくフルーティーで飲みやすいものの、
ちゃんとお米の味が残っており、酸味と甘みが心地よい美酒でした。
一瞬でなくなり、疲れと05時ということもあり一気に酔っ払い全員ダウンしました(笑)





1/9(日) 2日目

10時半過ぎに起床、合宿といえばカレー!ということでHくんと大樹まで買出し。
昼食はカレーでした。

カムイミンダラさんに手伝ってもらって(というかほとんど作ってもらってしまいました)
華麗な包丁捌きを披露していただきました。



午後は野鳥のさえずりが聞こえていましたので、せっかくですので71FLとGH1で
「デジボーグ」してみました。EVFの圧倒的な見易さと、71FLの明るさがあって
思っていたよりもはるかに良く撮れました。しかしヘリコイドが欲しい・・・

6215ce97.jpg


71FLは天体に向けると全然ダメで野鳥に向けるも、おおっと危ない危ない・・・。
CP+で新型レデューサーが出るようですので、それに期待します。

夕方までは昼寝をしつつゆったりと。
薄明終了から月没までは結構時間があったので、月を撮ってみました。

パーツの組み合わせを間違えてバックフォーカスは適正ではないですが、まずまず
シャープですね。

414421bb.jpg


日没後にくっしーさんが到着、機材を撮影させていただきました。
β-SGRが黄色い鏡筒に青く輝いています。



私は月没まではGH1+20mmで比較明撮影を。20mmは開放で使いましたがシャープですね!

8f92b7a7.jpg


ae14f0e6.jpg


c80b1944.jpg


bbdcd870.jpg


今回はせっかくですのでR200SSを使うことにしました。対象はM42で、9コマモザイクしようか
と思っていましたが、面倒なので3コマにしてしまいました。
雲の通過もあったため、3コマ×4枚分を撮影するのは大変でしたがなんとか撮影できました。
また、気温が高めだったこともあってか恐ろしい夜「霜」でした。機材は凍り付いてましたね。

夜は私が持って来たお酒を披露。石川県の銘酒、「黒龍」の純米吟醸です。



控えめでやさしい味わいですが、後からふっと来る酸味が心地よいです。
初心者の方に是非飲んで欲しいお酒ですね~。

このあとくっしーさんから頂いた北の錦の純米吟醸も飲みました。
ちょっと香りがよろしくなかったので大丈夫かな?と思いましたが、辛口ではありますが
甘みもまずまずあって引っかかる感じもなく、おいしく頂きました。
生協限定ということでしたが、スペック的には北斗随想に近いですね。
04時には眠りました。


1/10(日) 3日目


9時に起床、昨日の残りのカレーを食べつつ片づけを。
機材は出しっぱなしでしたが、まだ霜がついたままでした。

明るくなって気づいたのですが、日高山脈の山々が綺麗ですね~。
星景写真を撮ればよかったです。

9c11cb5f.jpg


今日でお世話になったバンガローともお別れです。
めちゃくちゃ快適で、自分の部屋よりもいいくらいでしたね~。



11時にはチェックアウトし、記念写真を撮影して解散しました。お疲れ様でした~。

99bd64d5.jpg


日暮れと月没までは相当時間がありましたので、忠類の温泉で16時まで時間をつぶし、
野塚峠を越えて浦河に17時半に到着。セイコマで夕食でしたが、函館名物のはずの
やきとり弁当」がなぜか売っていたので食べてみました。うまい!

e0237299.jpg


夕食後positive51mさんが教えてくれた三石のポイントへ。
到着したのは19時前でしたので、まだ月没前ですが素晴らしい空が期待できそうです。
景色も良かったので、銀塩での撮影をしつつ準備しました。

月没後は8日に取り残した180mmモザイクの続きを撮影しつつ、15mmでの撮影を行いました。
空は予想通り本当に素晴らしく、ちょっと視界が狭いですが、360度ほとんど光害を感じません。
南東・南・南西にちょっとだけ光害があり、北側にも少し光害がありましたが完璧に近いですね。

途中雲が広がり、もうだめかと思いましたが何とか撮影できました。
ヒストグラムはISO1600、F4、LPS-P2ありで半分までいかなかったのでかなり良かったです。

本当ならもっと撮影して行きたかったのですが、予定もあったので25時過ぎに撤収。
もちろん締めはヤンマーです。うまい!

fc7041c1.jpg


これで終われば良かったのですが、恵庭あたりから雪が降り出し、札樽道に入った頃に
猛烈な吹雪となりました。しかも雪が軽かったため、トラックに追い越されるたびに
大量の雪を飛ばされ、完全に前が見えなくなることが何度もありました。

79146284.jpg


たまらず手前の伏古インターで降りましたが、下道はそこまでではなかったです。
何とか無事に帰ってくることができました。


まとめ

いい合宿でしたね~。本当に。

なんとか3日とも晴れてくれましたし、カムイミンダラさん、くっしーさん、Wさんともたくさん
お話ができてとても楽しかったです。今後定番としたいですね~。

今月はもう十分満足したので、ゆっくりと画像処理したいと思います。


D40外部電源の作り方 つづき

ATSUJIRODESUさんのご質問への回答です。

これは前の記事にも書きましたが、要は「RvとOutの間に電気が流れればいい」わけです。
下の図は基盤を裏返したもので、Out付近のみを絵にしています。Out付近のグレーのものは
基板上では金属が貼り付いています。

6ee4be8f.jpg


で、私はこうしました。1とOutの間にジャンパー線を入れ、1とRvの間にはんだを盛りました。
これでRv→1→Outに電流が流れることになります。

7f366bdd.jpg


まあこんなことをしなくても、OutとRvを直接はんだを盛ってしまっていいわけです。
実は1を介する必要もないです。

038d649b.jpg



わざわざジャンパー線を使った理由は、ちょっと見た目がいいから(?)だけで、深い意味はないです。
ジャンパー線はいろいろな長さのものがセットになったものがサンハヤトあたりからケースに入って売っています。
http://www.sunhayato.co.jp/products/details.php?u=906&id=06064
ただ結構お高いので、わざわざ買う必要はないと思います。

こんなところで伝わったでしょうか??
何か質問がありましたらまた聞いてくださいね~。


ギャラリー
  • VC200Lでの初直焦点
  • VC200Lでの初直焦点
  • VC200Lでの初直焦点
  • 木星、土星、火星
  • 木星、土星、火星
  • 木星、土星、火星
  • 城里、白布峠遠征
  • 城里、白布峠遠征
  • ペルセウス座流星群狙いの3連続遠征
アーカイブ