Shooting Stars - 美しい星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

2011年10月

ギャラッドさんと本田君+α

一応どっちも処理してみましたが、うーん・・・。

ギャラッドさん(9/27)

e746f3af.jpg


撮影場所:アンガス牧場
撮影日時:2011.09..27 20h48m~ 5min×4(総露出時間20分、彗星核基準コンポジット)
カメラ:ニコンD40(ISO1600、赤外カットフィルター除去改造、RAW)
フィルター:IDAS UIBAR-Ⅲ FF
望遠鏡:ビクセンR200SS+旧MPCC
ガイド:ビクセンSXW赤道儀
ガイド鏡:ミニボーグ45ED
ガイドカメラ:1004XAボードカメラ(50フレーム蓄積)
ガイドソフト:PHD guiding 1.13
処理:RAP2,StellaImage6,Photoshop CS5
左右トリミング

実はダークを撮り忘れ、ほぼ同じ露出時間のものを探して引いてみましたが上手くマッチングせず、熱カブリ部分がおかしなことに。そこでギャラッドさんも小さいことですし強引にトリミングしてみました。

うーん、思っていたよりも良い写りでびっくりです。もうちょっと真面目に撮ればよかったですね・・・。
また、今回から新バージョンRAP2を使っています。ベイヤーマージの精度がかなり上がったようで、ほぼ完璧でした。これで問題なく周辺減光の大きい光学系でも撮影できそうです。


本田君(9/27)


e5d7e7b9.jpg


撮影場所:アンガス牧場
撮影日時:2011.09.28 28h04m~ 30sec×3コマ(総露出時間1分30秒)
カメラ:ノーマルKissX3(ISO12800(笑)、RAW)
望遠鏡:ミニボーグ71FL+0.66xDGT(267mmF3.7)
ガイド:タカハシ90S赤道儀(ノータッチ)
処理:RAP2,StellaImage6,Photoshop CS5

こ、これは酷い・・・
ノイズ酷すぎです。ISOは3200か6400に下げるべきでした・・・
ま、1分30秒の写りとしては悪くないような気もしないでもないです。


本田君(10/01)


撮影場所:三石
撮影日時:2011.10.01 03h55m~ 1min30sec×4コマ(総露出6分)
カメラ:ニコンD40(ISO1600、赤外カットフィルター除去改造、RAW)
フィルター:IDAS UIBAR-Ⅲ FF
レンズ:ニッコール180mmF2.8(絞りF2.8)
ガイド:ビクセンSXW赤道儀(ノータッチ)
処理:RAP2,StellaImage6,Photoshop CS5

61ee3a8f.jpg


ショボっ!!!
うーん、レンズが曇ってたせいってことにしておきます。
まあ、フラットはバッチリ決まりました。青ハロも開放にもかかわらず目立ちませんでした。
やはりこのレンズは彗星向きですね、後はこれを使っても見栄えのする彗星が来るのを
待つばかりです。



おまけ

函岳から下ってきたときの固定撮影です。

3e6e6b22.jpg


edfb90b7.jpg



あれ、もしかして、これが一番マトモだったり・・・

遠征の結果は

土曜日に三石に遠征してきました。
心配していた霧の影響もほとんどなく、素晴らしい夜でしたね。

14時ごろ何気なくGPVを見ると晴れそうですので、急遽Nくんに電話をして
レンタカーを借りてもらい、私、sakumaくん、Nくん、Hくんの4人で遠征しました。
出発は遅めの19時過ぎ、現地に着いたときにはもう22時でした。

雨上がりということもあり透明度は抜群。
しかも、若干の霧がありましたがそこまで気になりません。

本田君が顔を見せるまで時間がありますので、普通に撮影しても良かったのですが
Nくんの了解を得られましたので、KissX3でもう一度テストをやり直しました。

とりあえず75SDHF2+純正0.72×と直焦点、次にテスト結果が微妙だった
71FL+7866、7870、7783、そして77ED2+7783もテストしてみました。

ついでにGくんから借りたKissX2改でパチリ。

640325c5.jpg


Tokina12-24mmF4、12mm、F4、ISO800、30秒×75

特に面白くないですね、もうちょっと前景を工夫するべきでした。


3a76115f.jpg


Sigma4.5mmF2.8、F2.8、ISO1600、6分×1、ダーク減算なし(Nくん撮影)
ついでにデータ貰いました。対日照余裕ですね!


思いのほかテストに手間取り、結局自分の撮影は全くできず。
中途半端になるよりはマシですが、ちょっともったいなかったですね。

03時前から本田君シフトに変更、久々に180mmF2.8をセット。
F2.8の明るさは絶大ですので、こういった時間の無い場合には最適です。これ以降彗星撮影専用機として
使っていくつもりです。

ピントあわせも終わって今か今かと待っていましたが中々顔を出してくれません。
ようやく出てきたと思ったら
尾が良く分からん!!


もう大分暗くなってしまったのでしょうか。
写りはイマイチです。

撮影後に若干レンズに露がついていたような気がしますが、気のせいでしょう。
気温は-0.4℃。今シーズン初めての氷点下でした。


帰りはもちろん、巷で噂のくどいラーメン(笑)、ヤンマーです。
特製味噌チャーシュー2枚増し薬味ネギ増し。うまい!

d2f8e6dd.jpg



帰ってきてサークル会館が開くまで待機していましたが、ふと外を見ると、

虹やべぇぇぇぇぇぇええ!!!!

急いで階段を駆け上がりパチリ。なんと大きすぎて収まらず、Photomargeでモザイクしました。
よーく見ると外側に副虹も見えています。でも虹は肉眼で見るに限りますね。

48d9aebc.jpg





撮影は微妙でしたが、最高の星空と虹はいいプレゼントでした。
彗星は処理して後ほどアップします。

本田君遠征

前回の遠征時に一応撮影しておいたのですが、あまりの透明度の悪さにダメダメだった本田君。
まあ撮れたしいいか、と思っていましたが、UTOさんの写真を見てびっくり。
これだけ尾が伸びているのに遠征しないわけにはいきません。

というわけで、晴れるかどうかは分かりませんが遠征してきます。
場所はいつもの三石、ガスが掛かるかどうかだけは心配ですが、他に東側が開けている場所で
晴れそうなところがなさそうです。

ついでに前回のテストでやりそびれたペンタ75SDHFと、ピンボケ45ED+7866に関しても
やり直そうかと思います。

時間が余ったら適当にM31でも撮影してみますかねぇ。
では、行って来ます!

ギャラリー
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • ほぼ皆既月食撮影成功
  • ほぼ皆既月食撮影成功
  • 北海道に行ってきました
アーカイブ