Shooting Stars - 美しい星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

2012年08月

夏合宿-その1

12日から16日までサークルの夏合宿に参加してきました。

場所は天塩町旧泉源小学校。
学校施設を区分する「僻地級」というものがありますが、
1~5までで「4」となるそうです。
5は北海道だとトムラウシ小中学校だけですので、
それに次ぐレベルの「僻地」ということです。
sakumaくんのブログでも話題になっていましたが、場所はコチラです。

c04f0638.jpg


見るからに何も無い場所ですが、

本当に何も無いです。

最寄コンビニまで何と24km!

最寄自販機まで15km!!


広い北海道とはいえ、ここまで隔絶された環境は珍しいです。
もちろん星空も超一級、光害指数は「0.1」です。
弱点は標高が低く、天気の安定性が低いことでしょうか。

さて、それでは、旅行記にしばしお付き合いください。

8/12(日)

11日は研究室の同期たちと飲み会+我が家でマージャン。
マージャンで四暗刻を上がってしまい(北海道上陸して初役満)、
テンション上がりました。

12日は10時サークル会館集合。
車2台、合計10名で出発!

合宿地に向かう前に、札幌のうどん屋「寺屋」さんにて昼食。
まともなうどんを頂くのは久々ですが、美味いですねぇ。
普段はそば派の私も納得のお味でした。

2f191052.jpg


その後寄り道をしながら泉源へ。
天気はドン曇。星空は期待できそうに無いです。

3e30c2b8.jpg


温泉に寄りつつ、夜は飲み会。私の日本酒2本を披露しました。
1本目は定番の、「而今 純米吟醸 雄町 火入れ」。




金環日食の時には生酒を披露しましたが、
生酒の良さを最大限に引き出した美酒でした。
分厚い甘みと旨み、ちょうど良い酸味、スパッと切れる辛味。
文句のつけようがありません。

2本目は「小左衛門 純米吟醸 播州山田錦 火入れ」。
昨年飲んだ生酒が素晴らしく美味しかったので火入れでしたが
買って見ました。




確かに生酒の良さは残っていますが、多少インパクトに
欠ける気がしました。
ただ、ふわりと軽い甘みは健在で、とても優しいお酒でした。
2本とも好評で、すぐに無くなりました。

続いて、去年仕込んだ梅酒も披露。
http://blogs.yahoo.co.jp/shootingstar0234/29085450.html

日本酒、ウイスキー、焼酎と飲んでもらいましたが
日本酒ベースが私としてはお気に入りでした。
どれも好評で、何より何より。

時折空を見上げていましたが、ちょびっとだけ天の川が見えたくらい。
明け方には大雨で、早めに寝ました。

8/13(月)

朝起きてみると、雨が降り続いていました。
その後も降ったり止んだり。

40120301.jpg


GPVによると道北の海沿いは晴れてくれそうです。
予報を信じ、早めに温泉に入りつつ、夕食。

結局、1年生10人を含む20人で車4台に分乗、
sakumaくんを含むM2勢は利尻島で観測、2人が合宿地で
お留守番ということになりました。

観測地候補を、天塩町と稚内市を結ぶ海沿いの道道106号にある
「こうほねの家」と稚内市街地の突端、「ノシャップ岬」に決定、
4台で出発。

こうほねの家は街灯が明るかったため、ノシャップ岬を目指すことに。
ノシャップ岬では少し晴れてきて星も見えたのですが、いかんせん
灯台の光が邪魔です。

他にも何台か車が居たためいろいろ心配でしたが、
霧が発生しそうではありません。
戻ってもいいのですが、霧が心配です。

Gくんたち2台はこうほねの家の少し南のパーキングに
陣取ったようでしたので電話で聞いてみると、
「快晴、霧は全く無い、視界も問題なし」
とのこと。

散々迷ったのですが
戻ることに。道道106号のパーキングを観測地としました。
到着すると素晴らしい星空!!!

霧も心配でしたが、湿度は高いものの
気温があまり下がらなかったため問題なかったみたいです。

早速機材をセッティング、まずはR200SS+MPCCをSXWにセット。
D5100のファーストライトを行いました。

これが正真正銘の1枚目です。
D5100の最初の1枚は星にする、と心に決めていたので、
テスト撮影は全くしていません。

ddd63bcd.jpg


例の変なゴーストは健在ですねorz
シャープ感はイマイチですが、コマコレ2にして
ゴーストが出るのが嫌でしたので、そのままにしておきました。

まだ現象時刻までに時間がありましたので、
Samyang8mm+スカイメモを使って撮影してみました。

JPG撮って出しですが、高感度耐性は
まずまずなようです。
samyang8mmはハズレ玉だったようで、
像は残念ですが・・・。

24cdfd78.jpg


しばらくすると金星+月が昇ってきたので
スタンバイ。

SXW、R200SS+MPCC+D5100のシステムと、
スカイメモ、71FL+フラットナー+GH1のシステムを
セット。71FLのテレコンは忘れてしまいましたorz

せっかくですので、金星食の記事は別にまとめようと思います。

観測自体は完璧でしたね!
雲に邪魔されることは全く無く、トラブルもありませんでした。

観測終了したのは04時過ぎ、まだ金星と月は見えていました。
望遠鏡で見たり、ファインダー越しに見たりしていましたが
目で見るのが一番でしたね。
改めて肉眼の威力を感じました。金星くらい明るいと
肉眼でも十分楽しめます。

しばらくして撮影した1枚。
少し小さいですが、ちゃんと金星と月が見えています。




1年生を雄信内駅へ送りつつ、
帰ってきたのは06時くらい。

居残りした2人も、別の場所で観測していた車2台も、
利尻に遠征していたsakumaくん達も観測に成功したようです。
夏合宿参加メンバー全員観測成功というのは
滅多に無いことですので、とても幸運でした。
それぞれ、ペルセウス座流星群と金星食を堪能したようです。

その2へ続きます。


D40よ、さらば

D5100購入しました!!

aa45b59d.jpg


ちょっとお値段は張りましたが、まあいいでしょう。

購入に当たっては、いろいろなことを考えていました。

D40で行ける所まで行こう、と思っていたのですが、
ここ1年はさまざまな場面で限界を感じていました。

決定打はGくんの5Dmark2の画像ですね。
パソコン上で見た画像もそうなんですが、プリントされた
ものを見てさらにその思いが強くなりました。

結局のところ、よっちゃんさんが仰っていましたが、
重要なのはアウトプットであって、機材はどうでも
いいんですよね。その通りだと思います。

頑張ってD40で9枚モザイクしても、5Dmark2の1枚画像に
勝てないわけで。

もちろん16枚モザイクすれば
何とかなるかもしれませんが、労力的に無理があります。

機材のせいにするのは大嫌いなのですが、
もう流石に限界を感じてしまいました。


で、D5100。
ようやくD40を越えることが出来そうなカメラです。

画素数は何と1600万画素!
D40の約3倍、シ○ア専用ですよ!!


ライブビューにバリアングルモニター、
リモートコードに、静音モード。
D40に欲しかった機能が全て搭載されています。

画質に関しては同じセンサーのsakumaくんの画像から
折り紙付きです。
唯一の心配点はRAP2未対応なんですよね・・・
最近何の動きもないのですが、送れば対応してくれるんですかね・・・

まあD40で最優秀、という夢もあったのですが
D5100にバトンタッチすることにします。

明日からサークルの夏合宿です。
金星食にペルセウス座流星群もありますし、まずは未改造の
状態で試してみようと思います。

星ナビ9月号に入選しました

星ナビ9月号に、金環日食、部分月食、金星の日面通過の
作品を掲載していただきました。

b617d5e1.jpg


元はサークルの先輩からやってみたら?と言われたのがきっかけです。
3つの現象を撮影できたのは我々くらいなものだと思いますし、
興味もあったので並べてみました。

こうやってみると、月の大きさの変化に改めて驚きます。
このおかげで、皆既日食になったり、金環日食になったりと、
太陽と月がぴったり重なるにも関らず、毎回起こる現象が違うと言うのは
面白いですよね。

隣にはN君の写真が。
私はもっとクローズアップでしたが、彼くらいの
構図の方がいいですね。
どちらかと言うと、この写真は星ナビさん向きなのではないでしょうか。

positive51mさんも星景で、そしてNikon1957さんも天の川できっちり入選なさっていました。
おめでとうございます!

それと、ナノトラッカーの記事が載っていたのですが、
撮影地を見てびっくり。サークルの先輩、βさんが撮影した写真でした。
しばらくお会いしていませんが、お元気そうで何よりです。

天文ガイドのほうは、遅れて出した部分月食と
天の川中心部が見事撃沈。

月食はともかく、天の川中心部は自信作でした。
機材のせいにするのは良くないことは分かっているのですが、
D40によるモザイクシステムにも限界を感じてきましたね・・・。

円山動物園 夜の動物園 無事終了しました

昨日は2回目の夜の動物園の天体観測会。
予報が最悪でしたが、その通りの天気でした・・・

本来であれば、18時からプレゼン、20時から観測会の予定だったのですが、
曇っているどころか雨が降ってきてしまい、結局私とTくんが
しゃべっただけでした。。。


一応望遠鏡を出してみたのですが、

46a34704.jpg


周囲を山に囲まれているため見るものがなく、仕方ないので動物達を
覗き見していました(笑)

そのうちに雨が降ってきて機材は撤収。

その後雨は止んだのですが、暗くなってしまうといよいよ
見るものがありません。

動物達の邪魔にならないように、照明は最低限でしたから
動物達が見えるわけも無く。

せめてテレビ塔とか、JRタワーなど高い人工物があれば
それでも構わないのですが、立地が悪いです・・・


で、18時よりプレゼン。
最初の2回は私が。

日食の話と、月食&金星の太陽面通過の話をしました。
直接聞いたわけではないのですが、評判はイマイチだったように思います。

親子連れが多く、しかも幼稚園くらいの小さい子が多かったせいで
難しすぎたみたいですね・・・小学校高学年、または中学生くらいなら
たぶん理解できたと思うのですが。。。

正直こどもたち向けとなると、試料の用意だけでも
何時間掛かるか分からないです。先週は忙しかったですし、
と一応言い訳を・・・

天気次第ですので、仕方がないのですが
晴れて欲しかったですね・・・

19時からは選手交代、Tくんがプレゼン。

8fb74100.jpg


彼は自分の研究(に近い)、宇宙人についてのお話でした。
大分分かりやすく説明していたとは思いますが、それでもちょっと厳しかったかも・・・


結局この時点で望遠鏡による観測は諦め、20時からは
私が撮った写真のスライドショーをしました。

アラスカ(オーロラ)、ニュージーランド、一般の天体写真の順に
話をしました。ちょっとしゃべりすぎてしまい、気づいたら45分もしゃべっていました。

意外にも、反応が良かったのは数枚あったオーロラの写真のうちで余り好みではない1枚、
それとM42でした。

星景が1枚も無かったのも有るのかもしれません。
展示写真だと評判がよろしくない直焦点ですが
スクリーン上だと悪くないみたいですね。勉強になりました。

反省点としてはフィードバックがなかったこと。
実際に写真とプレゼンがどうだったかはアンケート用紙でも置いておいて
聞いてみたかったですね。

それと、もう少し子供向けの内容を準備するべきでした。
模型を使った、月食や日食、日面通過の起こる原理の説明を
やってみようかとも考えたのですが、時間が掛かるので
止めました。

後輩たちにプラネタリウムの上映を頼もうかとも思ったのですが、
今はテスト時期ですので、負担が増えるだろうと思い
止めてしまったのも反省ですね。
昨日は後輩たちが暇を持て余してしまいました。


と、まあ、反省点は多いのですが、
少なくとも先週は晴れましたし、やっている側としてはとても楽しかったです。
せっかくできたつながりですから、来年も是非やって欲しいと思いますね!

ギャラリー
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • ほぼ皆既月食撮影成功
  • ほぼ皆既月食撮影成功
  • 北海道に行ってきました
アーカイブ