Shooting Stars - 美しい星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

2012年09月

星ナビ&天文ガイドに掲載していただきました

遅くなりましたが、今月発売の天文誌2誌に掲載していただきました。

まずは星ナビから。
金星食のときの写真です。




後で気づいたのですが、横にスライスして縦に並べた方が良かったですね・・・
潜入はともかく、出現が分かりにくいです。

とはいえ、D5100は初投稿で初入選、
R200SSも初入選ということで、買ってから相当時間が経ちましたが
ようやくR200SSに勝ち星をつけてあげられました。

これで手持ちの機材で勝ち星無しはサムヤン8mmくらいのものです。
当たり玉なら何とでもなるのですが・・・


それはさておき、天文ガイドには木星食の
写真を掲載していただきました。




正直かなりだらしない写真ですが・・・
気づいたら写っていたので・・・

これも安定の71FL+GH1のコンビですが、
特に今年は素晴らしい結果を残してくれました。


今後は天文現象があまり無いので、
たまには直焦点や星野でも入選したいですね。

D40よ、今度こそ本当にさらば

最近暑いですね・・・

最高気温は常に30度オーバー、冷房が無い自宅&研究室は室温も
30度付近で死にそうです。

今日は涼しくなってくれたので、まずまず快適です。
皆様はいかがお過ごしてしょうか。

もう皆さんご存知かと思いますが、ATSUJIRODESUさんの元へ
D40は旅立っていきました。

631af4c0.jpg



思えば2008年7月に中古で購入してから4年、どれだけ撮影したかは不明ですが
まあ本当に頑張ってくれましたね。

D50も素晴らしいカメラでしたが、D50よりも小型軽量で、
同じセンサーにも関らずホットピクセルを完全に抑えてあり
ノイズは低ノイズのD50よりも少なかったです。

最近では画素数の少なさから物足りなさを感じていましたが、
今後はD5100が活躍してくれるでしょう。

ATSUJIRODESUさん、どうぞ存分に使ってあげてくださいね。


で、そのD5100ですが、周辺パーツを買っておきました。

50290be6.jpg


D40にはインターバルタイマーが使えませんでしたが、D5100には
もちろん使えます。この差は結構大きいですね。


手元にはCanonKissシリーズ用のものがあるんですが、
もちろんD5100には使えません。

リモートコードを購入、ぶったっぎってステレオミニプラグ
に繋げば使えるのですが、一応リモコン経由で
D40やD5100に使えますから、取っておくことにします。

出来れば手持ちのものと同じものが良かったのですが、
D5100に繋がるものがなさそうで、値段も同じなので買ってみました。

早速使ってみましたが、問題なく使えました。
ただ、ボタンが異常に押しにくいのが残念ですねぇ。
手袋ありだとかなり厳しそうです。

予備としてただのリモートコードも買っておきました。
これで、リモコンでもシャッターが切れますから、
準備は万全です。


それと、もちろんカプラーも。
手持ちのD40用の電源装置をそのまま流用するつもりです。

実はD5100用のバッテリーはサードパーティ製が
使えないようで。

純正3600円はちょっと高いですよね・・・

とはいえ予備があった方がもちろん良いので、
買うつもりではありますが。

カプラーは昨日分解しましたが、接着が強すぎて
大分苦労しました。


内部の基盤は良く分かりませんが、
逆電流防止回路かなんかでしょう。

今週には電源装置も作り終え、
今月の新月期に備えたいと思います。

ギャラリー
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • ほぼ皆既月食撮影成功
  • ほぼ皆既月食撮影成功
  • 北海道に行ってきました
アーカイブ