Shooting Stars - 美しい星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

2013年03月

レモン彗星まとめ

一昨日までは快晴続きでしたが、昨日は遠征したものの
薄雲にやられて観測できず。

今日はさらに厚い雲が全天を覆っており、明日の予報も
悪いので、これにて打ち止めのようです。

今回の成果についてですが

彗星
レモン…3月5日、6日、7日、8日
パンスターズでした、すみません…3月5日、6日

直焦点
71FL+7866…エータカリーナ
とも座超新星残骸
(一応大マゼラン)
45ED+7866…アンタレス付近

85㎜
天の川中心部…16枚モザイク
南十字付近…9コマモザイク
本命(今は秘密です)…9コマモザイク


他にも多数の星景写真が撮影できました。
成果としては十二分でしょう。



3月8日のレモン彗星の画像が出てきましたので、それを
合わせて並べてみました。
すべて71FL+7866で撮影した画像です。

3bd0a6c0.jpg


こうやって見ると、尾がダイナミックに変化しているのが
よく分かりますね。

3月7日にもまた変化があったみたいです。
8日以降は撮影しませんでしたが、撮影した方が
良かったかもしれませんね。

おまけ

今回は鳥と兎。
どちらも71FL+7866です。

3c95e986.jpg


8a9a705c.jpg


なんだかんだでボーグ君大活躍です。


アンタレス付近+おまけ

一昨日と昨日は快晴で、特に昨日は雲一つないだけでなく
透明度も良いうえに、湿気も少なく正に世界一の星空でした。

そんな空の中撮影した1枚。
正直、あまりに次元の違う写りに戸惑っております。
大きめに掲載いたしますので、是非じっくりとご覧ください。

アンタレス付近」です。


2f35424c.jpg


データ
撮影場所:ニュージーランド テカポ郊外
撮影日時:2013.03.14 02h45m10s~ 10分×18枚(総露出時間180分)
カメラ:D5100+IDAS UIBAR-Ⅲ FF ISO800
架台:スカイメモR(PHDguidingによる一軸オートガイド)
ガイド鏡:ビクセン6×30ファインダー改
ガイドカメラ:WATEC WAT-100N
望遠鏡:ミニボーグ45ED+0.66レデューサDG(198㎜F4.4)

北海道での撮影とは何だったのか、と思ってしまうほどです。
45ED+7866の組み合わせは久々でしたが、周辺は追い込んだものの
もう一息でしたけど、完璧に近い星像でした。
この組み合わせはいいですね~。

ガイドも完璧で、全く動いていませんでした。
晴れたら今日はこの組み合わせで、大マゼラン雲をもう一回
狙ってみようと思います。

おまけ
D40+シグマ15㎜でのいつものカット、今日は追尾しています。
ISO1600,5分×4枚
a20288bd.jpg



ISO1600,3分×1枚
0a2b52a7.jpg





おまけが本編、ですね。
個人的には1枚目が今回の旅行ベストです。


とも座の超新星残骸+おまけ

あとテカポでの滞在も5晩となりました。

今までの天気を振り返ってみると…

4日…ドン曇り、薄明開始直前に快晴
5日…夕方時は雲が多く、その後快晴。夜半過ぎに曇り
6日…02時まで快晴
7日…ほぼ快晴
8日…ほぼ快晴、しかし湿気が多くレンズが曇りがち
9日…快晴
10日…夕方は晴れ、夜半過ぎに薄雲が通過。雲が多い
11日…夕方は快晴、しかしすぐにドン曇り。04時からは快晴

まあ、なんだかんだで毎晩撮影できています。
今日の天候もいまいちではありますが、一応晴れています。

で、7日の成果を。
とも座の超新星残骸(Vera SNR)です。

データ
撮影場所:ニュージーランド テカポ郊外
撮影日時:2013.03.07 19h14m40s~(LST)
ISO800、10分×8+SC-64フィルタ ISO3200 10分×4(総露出時間120分)
望遠鏡:ミニボーグ71FL+0.66×レデューサーDG(266㎜F3.7)
架台:スカイメモR(PHDguidingによる一軸オートガイド)
ガイド鏡:ビクセン6×30ファインダー改
ガイドカメラ:WATEC WAT-100N

d022dad0.jpg



うーん、何だかなぁ。。。
非常に美しい領域で、処理していて楽しかったのですが
いまいちな感じです。星が多く、どのくらいにヒストグラムの中心を
持ってくればいいのかわかりませんでした。

また、今回は初めてSC-64フィルターを使い、LRGB合成してみました。
方法としてはほんまかさんの手法を参考にさせていただきました(Lに加算でコンポジットしています)
どうも有り難うございました~。

今回はあくまでもテストです。
本番は今撮影中ですが、残り2カットが撮影できていません。
あと一晩でいいので、晴れてくれるといいのですが...

おまけ
適当にD40で撮影した画像です。

銀河中心部



レモン彗星撮影中の71FL
98f1aed7.jpg




逆さまの冬の大三角
d50969d6.jpg




南天ぐるぐる
fdaf1ef6.jpg




南天ぐるぐるその2
a50366d4.jpg




すべてシグマ15㎜F2.8(Lee soft3フィルター、レンズの後ろ)
センサーの上にごみがついており、見苦しい画像ですみません。
Leeフィルターのおかげで星の色がよく出ています。
もう少し真面目に撮影すればよかったかも…

3月6日のパンスターズ彗星+3月5日のレモン彗星やり直し

ようやくPCが使えるようになったので、天文記事もアップします。

まずはもう南半球からは見えそうにない、パンスターズ彗星を。
最後に撮影できたのは3月6日でした。

ff19e94f.jpg


71FL+7866(266mmF3.7), D5100改

センサー上のごみが酷いですが、尾が結構広がっているのがわかると思います。
今後は日本の皆様にお任せします~。

で、ついでに一番元気のよさそうな3月5日のレモン彗星も真面目に処理してみました。

da41cc9b.jpg


71FL+7866(266㎜F3.7)、D5100改(ISO3200,1分×8)、スカイメモRノータッチ
フラット処理(ダークなし)、彗星核基準コンポジット

これがベストの画像ですね~。
3月8日も撮影したので、それも処理しなければ…

やらかしました

最近更新が滞っておりましたが、実は私のPCの

OSがクラッシュする

というトラブルに巻き込まれ(というか自分のせいなんですが)
今日の昼まで四苦八苦していました。

何とか復帰できましたので、記事をアップしたいと思います。

事の発端は08日。
所謂「3GBスイッチ」を日本で入れ忘れていたことに気付きました。
そこで、ネットで調べて"boot.ini"をちょちょいと編集したのですが
再起動したところ、windowsの画面は表示されるものの
それ以降画面が変化しません。

しまった、と思ってセーフモードでの起動を試みましたが失敗。

この時点で激しく後悔しましたが、もはや後の祭り。
今回は5Dくんとsakumaくんがいたので、5DくんのPCを借りて
ネットでいろいろ調べてみました。

方法はいろいろ思いつきましたが、やはりCD-Rから
緊急起動ディスクや回復コンソールディスクを使用するのが
手っ取り早そう
です。
Knoppixなどを使用する方法もありますが、Wi-Fiの速度を
考えると現実的でありません


ここで問題が。
私のLet's noteには光学ドライブがありません…
もちろん札幌ならどこでも手に入りますが、ここはNZの田舎なわけで。

良く考えてみると、来る途中に寄ったアッシュバートンという町の
マックの隣に電機屋がありました。

仕方なく、片道120kmの道のりを車で走り、例の電機屋に行ったのですが
いつもはあるんですが、売り切れです。しばらく入荷してないですよ
だそうですorz

一応もう一軒それらしき店があったので、その店員さんに聞いてみると
もう3週間は入荷していない、サプライヤーの方に問題があるのではないか
とのこと。

となると、仮にクライストチャーチまで戻ったとしても
無い可能性もあります。

しかし、店員さんが気を効かせてくれ、もう一軒PCを扱っている店があるから
行ってみてはどうか、と親切に教えてくれました。

で、行ってみると、
なんと1つだけ残っていました!!!
CD-Rを忘れずに購入、上機嫌で宿へ戻ってきたまではいいのですが、

そこからPE-builderというソフトでの救出を試みますが失敗
これはsakumaくんのXPがOEM版だったせいか、ライタがおかしかったせいか…

次に回復コンソールディスクを作成しましたが、こちらもあえなく失敗
"XPのsp2ディスクを入れてください"とのメッセージが。

最後の望みをかけて、緊急起動ディスクを作成し
試してみましたが、またもや失敗。
CD-R版の手続きはかなり煩雑でしたが…

手順には問題がないはずなので、よくよく考えてみると
ライタのneroが怪しい…
そこで別ソフトでイメージを書き込んでみたところ、

無事に起動!!!

すぐに"Boot.ini"を元に戻しました。

教訓。
旅先で余計なことしちゃダメですね。


当然と言えば当然なんですが。
どうしても帰宅までに画像処理を終わらせたかったので、
欲張ったのが裏目に出ました。

sakumaくん、5Dくん、迷惑かけてすまなかった。
どうもありがとう。

今日は落ち着いて撮影できそうです。
天気も曇っていましたが、大分回復してきました。






ギャラリー
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • 月食遠征詳細
  • ほぼ皆既月食撮影成功
  • ほぼ皆既月食撮影成功
  • 北海道に行ってきました
アーカイブ