Shooting Stars - 美しい星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

2014年06月

NZ作品⑤、になる予定でしたが

先々週は金・土と飲み会、先週は金・土と学会、その足で実家へ。

37b6105d.jpg


661c3581.jpg


c15386fa.jpg


実は先々週祖母が脳梗塞で倒れたので、命には別条なかったみたいですが
病院へ見舞へ行ってきました。
もう退院寸前で、なぜ入院しているのか全く分からないくらい元気でしたので
一安心。
とはいえ、バタバタで疲れました。

明日は飲み会もあることですし、少しはゆっくりしようかなと。
GENTAさん、UTOさん、今年は遠天の写真展には行けません。
せっかくお葉書を頂いたのにすみません…



と、それはさておき、5作目は見事撃沈。
GENTAさんの作品でおなじみの、NGC6729付近です。

d13f6695.jpg


これは45ED+7866で撮影しました。
ハイブリッドなしのLRGB合成で、Bをビニングなし10分×3で撮影したのですが
露光不足でシャドウ側の諧調が全くなく、いくらやっても不自然なままでした。
空が暗すぎるせいで、写ってくれなかったのでしょうね…

実はちゃんとしたLRGB合成は初めてでした。
BはRやGの1.5~2倍は露光しないとだめそうです。
Lは10分×20枚コンポジットしたので、結構いい感じだったんですけれどね。

GENTAさん、こっそりデジカメの画像送っていただけませんか?
なんちゃって…

今更ながらのPro-10インプレッション

naoponさんからコメントいただいたので、今更ながら
キャノンのプリンタPro-10のインプレッションをば。
Pro-1、Pro-100との比較もしていきます。

良い点:
1.プリント直後から色調が安定
2.光沢感は前機種のPro9500よりはかなり良い
3.インクはPro-1の1/4の価格(Pro-100と同等)、インク消費もPro-1より少なく
ランニングコストがPro-1よりずっとマシ
4.Pro-1より多少軽い(Pro-100と同じくらい)

悪い点:
1.Pro-100と比較すると圧倒的に光沢感が足りない
2.デカい・重い。机の上には置けないレベル


流石染料機、プリント直後からの色の安定は流石です。
光沢感は染料機には遠く及びません。

購入したのが2013/03、それからA3ノビ20枚、半切5枚、A4を100枚くらい?
天文写真
で印刷し、書類はほとんど印刷していないのですが
消費したインクは24本

1本800円ですから、年間のランニングコストは約2万
ただ、大学祭の展示のために大きなサイズを大量に印刷したので、
A4のみなら1万あれば1年持ちそうです
悪くないランニングコストかと。

Pro-1は全12色セットで約3万!というとんでもない大食いで、
重さも27㎏とヘビー級。

Pro-10とPro-100は全色セットで約8000円。
重さもどちらも約20㎏。
デカいことには変わりありませんが、Pro-1からすればだいぶましです。



去年のCANPでPro-1とPro-100をお持ちの健康奉仕さん
http://blog.goo.ne.jp/astrophoto_digital
のプリントを見せていただいて、二人の意見は
「Pro-100で良くないか?」
ということで一致しました。

Pro-100になって染料機の最大の弱点であった
色調の安定性(Gカブリ)がほとんど気にならなくなったようです。
プリント直後の色合いも結構安定しているみたいでした。

となると、クロマオプティマイザを搭載したとはいえ
染料機とは雲泥の差の「光沢感」が気になってしまいます。

Pro-100のほうが価格も安いですし、
特にPro-10を押す理由はあまりないですね。
モノクロのプリントがメインならPro-10の方がいいのでしょうが。

ただ、Pro-100には問題もあるみたいで。
GENTAさんのブログにもありましたが、色がおかしくなる不具合があるみたいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/star_genta/68320219.html

Pro-10でもここまでひどくないですが、色がおかしくなる現象がありました。
A3ノビで失敗した時は大ダメージでしたね…
昨年6月頃頻発し、それ以降はしばらくL判でテスト印刷してから印刷するようにしていました。
昨年秋以降は一度もないのですが。

微妙なレビューですが、naoponさん、参考になりましたら幸いです。

久々のW入選

602d13b8.jpg


①天文ガイド
いろいろな意味で「狙い通り」でしたね!
自分の頭の中で思い描いていたイメージをそのまま作品にできると楽しいものです。
2年前の部分月食のときに同じような作品を作っていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/shootingstar0234/30965953.html

今回は低空+薄明中ということもあり、色の変化を追っていこうと思っていましたが
空も月もいい感じに変化してくれたので、上手くまとまったと思っています。




②星ナビ
これも自分の中では自信作でした。桜については本州に来てよかったな、と思いますね。
ずっと桜と星空は撮ろうと思っていましたが、ようやく納得いく仕上がりとなりました。
星ナビの選評にもあった通り、今年は天気に恵まれましたね。
思えばあのころはPM2.5もほとんど無く、いい天気だったなぁと思います。

構図に関しては選者さんの言うとおりですね。
家から歩いてすぐの公園ですので、平日でも十分撮影できますから
来年も狙ってみようと思います。

そして、今回はE-M5の初入選となりました。
いつものGH1は引退し、今後は動画専用機として運用していきます。


星ナビの記事でE-M10の記事がありましたが
ちょっと欲しくなってしまいますね。
現場で仕上がりが分かるのは大変便利です。
もう少し安くなってくれればE-M5じゃなくてE-M10にしたのですが…
なんていうと、E-M5の機嫌を損ねてしまいそうですが(笑)

E-M5、今後ともよろしく。
結構値段も張ったので、末永い活躍を期待します。

GH1、お疲れ様でした。
まだまだ活躍してもらいます、もう少しお付き合いください。


テカポの観測地

意外かもしれませんが、
テカポで観測に適した場所ってほとんど無いんですよ。

確かに、空は完璧ですが、あまりに人がいないのと
日本でよくある公園や展望台ちっくな建物はほとんどありません。

さらに、日本だと少し田舎に行けば農道がありますが、
テカポ周辺、というかNZ全体が余計な道がほとんどなく
幹線道路から家に向かう道(多分私道)があるだけ。

車を止められつつ、のんびり観測できる場所はほぼありません。
そんな中で、まずまずの場所を何か所かご紹介します。

bb37e666.jpg


まず、クライストチャーチから続く国道8号線ですが、夜間でも交通量はかなり多く
道端で撮影というわけにはいきません。

また、上の図でも書きましたが、テカポ湖の東側はスキー場へ行くための
ダートが続いていますが、撮影には向きません

なぜなら、雨が少なすぎるせいで、ダートを走ると猛烈な土ぼこりが
巻き上がります


夜間はほぼ交通量はゼロでしょうが、もし通れば機材へのダメージは避けられません。
そもそも、車を止められそうなスペースはほとんどないですし。

マウントジョン天文台は、17時にゲートが閉まり
ツアー客以外は立ち入りできなくなります

とても落ち着いて撮影はできないでしょう。


また、テカポ湖の南側には運河があり、運河沿いには道があります。
2006年に最初に来たときは問題なく立ち入れたので、ここで撮影していました。
しかし、国道8号から入る側に、こんな看板が。

20e34c6a.jpg


見えにくいですが「私道なので、自己責任で。何かあっても知りません。
キャンプ禁止
」と書いてあります。

昨年は昼間に行ってみましたが、夜でなければ問題ないでしょう。
ただ、何かあった時にはどうしようもないので、立ち入らないことを強く勧めます。

国道8号をしばらく走ってから、上の地図の左下あたりで再度合流しますが、
今年行ってみたらゲートがあって、夜は閉まっているようでした。
どちらにせよ入らない方がいいですね。


上記2か所を除くと、まともに観測できるのは①~④の各ポイント。
数字が小さい方からお勧めです。

①-43.961137,170.480452
8a3acd59.jpg


通称:砂々ポイント1
昨年何回か、今年はすべてここで撮影を行いました。
上の写真の中央のスペースです。

通称の通り、雨が少なかった昨年は地面の砂に悩まされました。
とにかく目が細かいので、地面に荷物を極力つけないようにするのがポイントです。
今年は雨が降ったので問題ありませんでした。

問題は道路の交通量。
この道Godley Peaks Rdは奥にLake McgergorとLake Alexandrinaという湖があり、
そこに景色が極めて美しいキャンプ場があるので、結構交通量があります。
20時くらいまでは1時間に2~3台くらいは通っていたと思います
ただ、22時以降は皆無で、問題ないでしょう。
私が知りうる限りはここがベスト。

②-43.946682,170.484171
dac8da41.jpg


通称:砂々ポイント2
場所がちょっとわかりにくいですが、右折して砂利に入り、画面右端くらいに広場があります。
最優秀を受賞した時の私たち3人の写真はここで撮影しました。

問題は①と同様、砂と車。
景色はこっちの方がいいですね。
距離が遠くなった分面倒ですし、今年は一度も使いませんでした。

ちなみに、②より奥はすぐダートになりますので使用不可です。


③-44.057897,170.367639
5b283044.jpg


通称:砂利砂利ポイント
砂利の集積場?みたいな場所です。写真右側。
Google Mapの航空写真だとはっきりわかりますが、
入口を見つけるのは至難の業です。
昨年何回か使用しましたが、何度か見逃しました。

地面は砂利に満たされているので土ぼこりは全く気になりません。
問題は車のヘッドライトで、遮るものがない上に真夜中でも長距離トラックが結構な
頻度で通ります。


④-44.062908,170.503204ebbe9de5.jpg



通称:風々ポイント

最後はクライストチャーチに戻る側です。
小さな川を渡ると休憩所を示す青い看板(画面中央左)があり、円形状のスペースがあります。
撮影地はそこではなく、画面奥にある、少し入った場所です(Google mapで確認してください)。

ここも③と同じで国道8号沿い、しかもキャンパーが多く
落ち着いて撮影できず、さらに吹きさらしのため風が強いです。

ただ、西側の視界は一番広いため、パンスターズを撮影するときには重宝しました。
①~③を差し置いてまで行く場所じゃないですね。

NZ写真④~銀経方向天の川モザイク

昨日はいい天気でしたが、PM2.5と黄砂が気になって遠征せず。
かなりいいお天気だったようで、梅雨入り前の貴重な晴れ間を無駄にしてしまったわけですが…

どうにもやる気が出なかったのは、これのせいも少なからずあります。

09f9d44c.jpg


大きめですがご容赦を。

データ
撮影場所
ニュージーランド・テカポ

撮影時刻
2014.05.02 22h04m05s~(JST)

カメラ
Nikon D5100改 ISO1600、3min×2×5コマモザイク(総露出時間30分

フィルター
IDAS UIBAR-Ⅲ FFフィルタ

レンズ
Sigma 18-35mm F1.8(35㎜、F2.8)

ガイド

タカハシ スカイキャンサー赤道儀

処理
RAP2によりダーク、フラット、バイアス処理
PhotoshopCCにてRAW現像
StellaImage6.5によりデジタル現像
PhotoshopCCでLRGB合成、モザイク、最終調整


自分で撮影+処理していておかしな話ですが、
ここまで日本と差があると凹みますね。30分でこれですから…
アンタレス付近のように時間と手間を掛けたのなら話は別ですが。

ギャラリー
  • 半影月食
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
アーカイブ