Shooting Stars - 美しい星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

2017年07月

ボストン酒造めぐり

昨日、ボストン市内にあるHarpponとTrilliumというブルワリーに行ってきました。

まずはバスでボストン市街地へ、そこからRed Lineという地下鉄に乗り、
そこからSliver Lineという地下鉄で乗り換えだったのですが、
なんとSilver Lineは一部専用区間を走るバスのようで。
列車が居ないので探して右往左往してしまいました(笑)
途中からは普通の道を走り始めますし、中々に自由です。

まずはHarpoonへ。

んで、酒造につくと列ができていました。
3c3c9f84.jpg


レビューどおり人気なようですね。11時過ぎにきてよかった
入る前に21歳以上かどうか、IDで確認されました。海外の方はパスポートが必須ですね。

中はタップが並んでいて、テーブルが。
早速皆様飲みはじめます。

ここでも戸惑ってしまいましたが、聞いてみると
入り口入って左側のカウンターが見学専用レジだそうです。
cb38722f.jpg



列に並んで無事にチケット購入。$5でした。
1120が最初の見学、私たちは2回目だそうで。
見学の5分前になったら準備してねと言われました。
6899aa31.jpg



その間やることもないのでまずは乾杯。4種類の試飲セットを。
左からCitra IPA、Golden Ale, Wannamango,Boston Irish Stoutだったはず。。。  

54ab561d.jpg

1cc28d45.jpg


一番おいしかったのはStoutですね。
Stoutらしい苦味とコクもありつつ、甘みとのバランスがとても良いです。
IPAばかり飲んでいたのもありますが、とても新鮮でした。

そうこうしているうちに順番が。
法律?で工場の中は保護めがねをかけないとだめだそうで。
このとき、めがねをかけているにもかかわらず、小さいサイズを選んしまい。。。
たぶん係りの方は忠告してくれたと思うのですが、聞き取れず・・・
当然、工場の中はほとんど見えませんでした。

というか、早口すぎて何言ってるかまったくわからん・・・
ま、重要なのは雰囲気です。
最後のほうは少しゆっくりで、ビールの保存と飲み方について話しているのはわかりましたが。
4029c04e.jpg


左奥に試飲室が見えています。


説明の後はお待ちかねの試飲。
全員に無ろ過の原酒がわたされて、それで乾杯。
そのあと、何回かお変わりできたので、IPA2種と変り種のフルーツビールを。
残念ながら、タップのいい写真はないので、雰囲気を。。。
1108d4fc.jpg


見学終了後はお土産を。
7abec52a.jpg


本当は自転車用のウェアがほしかったですが、値段を見てあきらめました。


そこからしばらく歩くと、今度はTrilliumというブルーパブがあります。
Harpoonはかなり大きな醸造所ですが、こちらは見学とかもなくこじんまりとした感じ。
7fec690a.jpg


b635fa4f.jpg


入ると店員さんから今日は何にします、と聞かれたので、Tapのものを飲みたいんだというと、
今日は売ってない、代わりにビアガーデンがあるんでそっちに行ってくださいとのこと
じゃあせっかくだしそっち行きますわ、ってことで10分ほど歩くことに。


途中でボストン茶会事件の博物館があったので一枚。
英語だとBoston Tea Partyなんですね。何だが間抜けです。
2abd35f1.jpg


現地に着くと、IDを見せろとのこと、手にはんこを押されます。
区画もしっかりと区切られていました、この辺は日本とは違いますね。

飲んでみたのはこの2つ。
Double Dry Hopped Stillings Street IPA
https://www.beeradvocate.com/beer/profile/30654/262996/
種類が多いので、下のビールの名前はちょっと怪しいかもしれませんが、、、

8b3b8e48.jpg


こ、これは!
間違いなくボストンに来てから一番のビールですね!
マンゴーのようなフルーツ系の甘い香り、くどくないさらりとした甘み、濃厚なコク、
しっかりと味を引き締める苦味。

うーむ、缶でも買っておくべきだったか?
ま、なんにせよお勧めです。

お土産のチョコレートをかいつつ、〆は山頭火で。
bae15698.jpg


17719715.jpg


そのあとかなり距離がありましたが、Centralのバス停まで歩いて、そこからバス、のはずでしたが、
痛恨のタブレット電源切れorz

バス停には時刻表はない場合が多いです。あっても始発と終点の時刻くらいしか書いてないです。
さらに、どのルートのバスが止まるかも書いてなかったりします。

目の前にバス停があって、たぶんそこからバスが出ると思うのですが、何も書いてありません。
しかも。Google MapではMagazine Stから乗ると書いてありました。
ちゃんと道を確認する前に電源が切れてしまい、どこだかわかりません。
(今日調べたのですが、バス停は別の通りでした。移動した判断は正しかったようです)

仕方なく周りをうろうろしますが、バス停を発見できず。。。
一応、どこから来たかは覚えていたので、その方向に歩いていくと、乗る予定のバスが通り過ぎました。
道はどうやらあっているみたいです。

バスの本数はあまり多くないので、しばらく歩き、バス停で休憩。
10分後くらいにクラクションが鳴ったのでバスに乗りますが、ルートが少し違うバス

乗換えが必要なので、一度途中で下車。ちょうどドラッグストアがあったので水を購入。
ここには時刻表があったので一安心。

しばらくするとバスが来たのですが、クラクションを鳴らされました。
ええ、と思っている間に減速せずバスは通過orz
隣に人が居たので、合図するだろうと一瞬ためらったのが失敗でした。

40分後のバスが終バス。
これは無事に乗車でき、1時間後にホテルまでたどり着きました。。。。

日本と同じサービスは期待しちゃだめですが、
やっぱり日本が一番だな、と思った一日でした。


一応今週で日本に帰れるはずです。
今週の仕事しだいですが、どうなることやら。。。

Portland観光

早いものでボストンに来てもう一ヶ月。
トラブルはありましたが、私自身は元気にやっています。

日本は梅雨明けだそうですが、ボストンは基本的には天気がいいですね。
今日は雨でしたけど。。。気温も20度なかったと思います。


さて、昨日はボストン在住の友人にPortlandへ連れて行ってもらいました。
ボストンからすると北東、メイン州になります。

こじんまりとした港町といった雰囲気。小樽に似ているかも。。。
ボストンやその近郊に住んでいる方々は、夏はこの辺に遊びに来るみたいです。

早速ですが、散策前に腹ごしらえ。
a3100747.jpg

d090479f.jpg


Robstar rollはボストンでも食べていますが、やっぱりこっちのほうが安くておいしいですね。

食後は町をぶらぶら。
dc3f6930.jpg


ま、写真じゃなくて塗り絵ですが(笑)、楽しいですね。
bed48e5f.jpg


その後は海沿いの公園へ。おあつらえ向きの灯台が。たぶん有名なんでしょう。
331d92b1.jpg


それにしても、いい天気で助かりました。
870b84d1.jpg


最後はFried clamで〆。こちらのお店も混んでましたね~
6ee582cc.jpg


bd90cc57.jpg


割と引きこもってましたので(笑)、良い気分転換になりました。
車がないので行動範囲が極端に狭いのですが、いろいろ出かけるのも楽しそうです。

あと2週間、日本酒とそばが食べたい今日この頃。
ヤンマーのラーメンも恋しいですね。。。

ボストンに居ます

先週の日曜から、ボストン(の郊外)に出張に来ています。
今のところ8月頭までの予定で、1ヵ月半くらいの期間となります。

日本は梅雨ですが、こちらボストンは日本の夏のように、夕方になると雨が降ることが
多いです。
日差しも強烈で、もっと涼しいかと思っていました。

星もホテルの周りが明るく、期待薄です。
仕方ないので、しばらくはビールを趣味としたいと思っています(笑)
さすがアメリカ、IPAだけでもとんでもない種類ありますね。
990e374e.jpg



土曜日はボストンのダウンタウンに観光に行ったのですが、町並みは歴史ある建物と新しい建物が
混在している感じで気に入りました。

また、Topazで遊ぶととっても楽しい町ですね。
ま、しばらくは脱出できそうにありませんので、こっちでしかできないことをやろうかなと思っています。
天文活動は夏休みに入ってから、ですね。

e59ad463.jpg




46a96839.jpg


efc65699.jpg


ギャラリー
  • 半影月食
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
アーカイブ