Shooting Stars - 美しい星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

2018年07月

皆既月食機内撮影顛末記

昨日日本に帰ってきました。
幸い朝着のフライトだったため、台風の影響を受けずに帰ってくることが出来ました。
関東地方は台風の雲の影響を受け、ほぼ撮影できなかったと思います。
私は機内でしたので、「ほぼ」皆既の月を撮影することが出来ました。
以下、撮影の顛末を書いてみます。

7月某日
マンチェスター滞在もあと1週間。
そろそろ帰国について考えなければなあと思いつつ、ネットサーフィンしていると
「7月28日 皆既月食」の文字が。

そういえばフライトは7/27.
ちぇー今回は見えないのかーと独り言。

その瞬間、
「!」
「もしかして、これは機内でみられるのでは?」

フライトはJL414便、ヘルシンキを27日1725出発し、成田へ朝0855に到着予定。
どこかで皆既月食に出会う可能性があります。

勢い立ち上がり、パソコンを引っ張り出し、ステナビ様にお伺いを。
ついでにフライト追跡サイトを立ち上げ。ざっくりではありますがどこをいつ飛んでいるかわかります。

1e11e64b.jpg

b832affb.jpg


これを見ると、経路としてはヘルシンキを出発後すぐにロシア上空へ、
その後はずっとシベリア上空を飛び続け、日本海を飛んで成田へのルート。

時差やら座標の変化やらでかなりややこしく、完全には再現できなかったのですが
下記のことがわかりました。

・フライトはほぼ真東に向かって飛ぶ
 →進行方向右側の座席に座ればみられる可能性が高い
 →時間に順行するので、月食の継続時間的に不利

・月食が起こるのはシベリア上空、北緯67~63度くらい
 →月の南中高度は極端に低く、南中したとしても地平線すれすれ
 →白夜ではないが、完全に空が暗くなることはない

・月食が起こるのは日本時間03じくらいから、皆既になるのは04時過ぎ
 →高緯度なことも災いし、空はかなり明るくなっていると予想される

しばらくステナビのアニメーション機能を駆使してごちゃごちゃやっていましたが、
条件はかなり厳しそうです。

とはいえ、雲の影響はほぼ受けないですから、低空でもなんとかなる可能性が高いです。
シベリア上空、白夜に近い空に浮かぶ赤い月というのもなんだかコーフンしますし!

今回はこんなことになると思っていなかったので、
E-M5、14-42㎜のお気軽セットしか持ってきていません。本当はD810Aを使いたいところですが、
機内ということを考えるとありかもしれません

そういえば、と思ってチケットを確認すると、予想通り通路側でした。
この計画は進行方向右側の窓側席でないととん挫します。
JALのサイトを開くと、幸運にも一席だけ空席が!

ただ、懸念事項が、
翼が真横にある席でした。
ステナビと追跡ログをにらめっこしますが、どうにかなりそうな、そうでもないような。

皆既に近づけば近づくほど翼に隠されそうな気もします。
とはいえほかに選択肢もないので、今できることとして、バッテリーを充電して床に就きました。

7/27
朝8時過ぎにマンチェスター発。
空港までは順調でしたが、航空会社のカウンターがわからずに冷や汗。
係員さんに聞いてようやくわかりましたが…

フライトは順調にヘルシンキ・ヴァンター国際空港へ。
5分ほど遅れましたが、ほぼ定刻に到着。

しばらくは空港でのんびりと。一部のフライトは欠航しているようですが
私のフライトは大丈夫だったようで。

そろそろ出発、意を決して並んでいると、
このフライトはフィンエアーで、JALは51-Aのゲートですね。こちらを真っすぐいったところです
と言われました。

行きはフィンエアーとの共同運航便だったので、まさか全く同じ時間に全く同じ場所への
別フライトがあると思わずターミナル内を大急ぎで移動。
かなりぎりぎりにはなってしまいましたが何とか間に合いました。
ゲートがそこまで離れていなかったので助かりました。

本番を前にしてだいぶ疲れましたが、JL414便は定刻少し前にヘルシンキを後に。
フィンランドは良いお天気、ここで見るというのも悪くなさそうです。
214f7b4c.jpg


現象が起こるのはしばらく先なので、落ち着いて腹ごしらえ。
2847d393.jpg


食事後にふと外を見ると、月が昇ってきていました。
雲海の上にぽっかりと、まばゆいばかりの光を放ち浮かぶ月。
74997937.jpg


いやー写真では全然伝わらないですね…
薄明に染まる空、薄明かりの中のシベリアの景色、とても感動的な景色だったんですけれど。。。

とりあえず、全然見られないということはなさそうですね。
ほっとしていたのもつかの間、一気に画面が暗くなってきました。
df9a97af.jpg


まあ月は見えるんですが、欠けて暗くなってきたらかなり厳しそうです。。
それにしてもこんなに一気に暗くなるもんか?
原因は窓の暗さが自動で暗くなったためでした。使用機材のB787は、ボタンで明るさを調節できる
ようになっています。食事後ということで暗くなったみたいですね。

予想通り、いったん空は暗くなりましたが完全に暗くなることはなく。
まー何も見られないということはなさそうですね。ほっと一息。

肉眼ではかなり早い段階から月食が始まったことがわかります。
ただ、いかんせん焦点距離が短く、全然欠けているのがわからず。。。

しかも二重窓ガラス、どうも二層あるらしく月が4つに分離してしまいます。
月が明るすぎて翼とのバランスが難しい…
まあこれも飛行機の中ならではという気もしますけれど。
こうなったら分離した月のほうに露光を合わせます。
7f4ce625.jpg


だんだん月が欠けてくると、翼との距離も減ってきます。
空は少しずつ明るくなってきました。
1ca7a263.jpg


8割くらいかけたでしょうか、もうそろそろ限界・・・
7f2989d2.jpg


欠けた部分も見えていますが、空の明るさが明るくぎりぎり…
これがとりあえずは一番ですかねぇ。
d0700a2c.jpg


皆既直前で万事休す。もう少し細い月が見えればと思いましたが、これだけは仕方ないですね。
c8216eca.jpg


その後月が見られることはなく。
朝焼けはとても美しかったですね、シベリアの川が眼下に広がっています。
たぶん右中央の白い点は同時刻に飛んでいたフィンエアーでしょう。
4c47cbec.jpg



機内での「ほぼ」皆既月食、成功ってことにしておきましょうかね。
実は2つか3つ前の座席は空いていたので、直前に確認すればもしかしたら変更できたかもしれません。
たらればは禁物ですが、もしかしたら皆既の月が見えていたかと思うとちょっと心残りですね。

計画を練り、機内という限られた条件で撮影にチャレンジする。
久々に血沸き肉躍る撮影となりました。
やっぱり天文写真はこうでないといけませんね~
ちょっとモチベーションが上がった撮影でした。

マンチェスター酒造めぐり

この土日はマンチェスター最後の土日ということもあり、せっかくですし
気になっていた”CloudWater Brewing Co.”へ行ってみました。

天気はどんよりとした曇り空で、酒造の名前的にもちょうどよいじゃないか
と思っていってみたのですが、なにやらバーベキュー中?
f9a18c17.jpg


なんか様子が変だぞ?と思って、まあとりあえず入ってみようと思って入り口に近づくと、
「リストに登録されていますか?今日はプライベートイベントです」
といわれてしまいました。
ツイッターを見ると一応告知されていましたね。。。

かなりテンション下がっていたのですが、帰り道にTrack Brewing Co.という文字を発見。
61dcb2c6.jpg


おおーこれは渡りに船、とばかりに中へ。
近くにピカデリーという大きな駅があるのですが、鉄道の高架下でビールを作っているみたいです。
d649621d.jpg


とにかくIPAだ!ということで2つ試飲させてもらい、その中で気に入った”Vic Secret”と
いうビールを注文。
6c623463.jpg


程よい柑橘系のさわやかな酸味と風味、甘みは控えめで後味の苦味もきりっと引き締めてくれる印象。
うーむ、ビールはボストンと思っていましたがマンチェスターも中々やりますな・・・

もう少し試してみたいところではありましたが、すぐ近くにCloudWaterのTap roomがあるみたいですので
一杯でとりあえず終わりに。
そういえばさっき近くにTap roomがあるとかないとか言っていたような気もします。

目と鼻の先、同じ高架下にあったのですが、こちらは超満員。
どうも大人気なようですね。
00fa983c.jpg


行ったときにはかなりの種類がもうなくなっていましたが、
好みに合いそうな”DDH Pale Citra Ekuanot”をチョイス。
d1786042.jpg


da9b74d7.jpg


見るからに「濃い」感じがしますが、見た目どおりいい意味で濃ゆいビール。
甘みと甘みがぶつかり合うようで、後から苦味が駆け抜けるイメージ。
ボストンのTrilliumと同じような系統ですが、こちらのほうが少しインパクトが弱いですね。
世界的にこういったビールが好まれるようになってきているのでしょうか?

まあ、何はともあれ、お土産を3本調達しつつ、ほろ酔い気分で帰路に着きました。


イギリスだと勝手にウイスキーのイメージでしたが、マンチェスターには
このようなマイクロブルワリーがちょこちょこあるみたいです。
多分今週末には日本に居ると思いますが、また機会があったら足を伸ばしてみたいですね。



イギリス出張中&先月の北海道の画像

日本は猛暑と水害で大変なことになっているみたいですね・・・
私はちょうど豪雨が始まったくらいのタイミングでこちらイギリスに来ました。

イギリスといえばメシマズ天気が悪いイメージですが、私がこちらに来てからは
かなり良い天気が続いています。それでも最高気温は25度くらいで、とても過し易いですね。
31e9eee5.jpg


ホテルからもイギリスらしい?風景が見えています。
ビールも旨いのもありますが、1本6ポンドくらい(900円!)もするので中々・・・
2c506351.jpg




ビールだけの写真ではちょっとあれなので、先月6/23に北海道・雄冬で撮影した写真をば。
fdd0170c.jpg


5205f928.jpg


下の写真は薄明中に撮影したのですが、流石は北海道の星空ですね。
ほんのちょっとの晴れ間でしたが、久々に完璧に近い星空に出会えました。


今の滞在先は街中なので、撮影は無理ですから帰ってからですかね。
夏休みはのんびりしたいところですね・・・

ギャラリー
  • 半影月食
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
  • Zシステム導入 Z 6Ⅱ、Z 14-30㎜F4 S、Z 20mmF1.8の天文適正やいかに
アーカイブ