Shooting Stars - 北海道の星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

2024年04月

彗星は諦めて月を撮影

ここ最近天文界隈を賑わせていたポン・ブルックス彗星も観測が不可能に近くなってきました。
それなりに天気も良かったものの、あまりの透明度の悪さと彗星の高度の低さで遠征はしませんでした。

彗星の高度は仕方ないですが、この透明度の悪さは勘弁してほしいなぁ…


今日も天気は良かったものの、遠征に行く気になれず。
機材も彗星の遠征以来、ずっと車に積んであったのですが下ろしました。

これだけ透明度が悪いならシーイングがいいんでは?
ということで久々に71FLを引っ張り出して、を撮影してみました。
_grad4_ap26_Drizzle15_2

71FL+1.4×テレコンバーター、ZFc、1/250秒x400枚、うち上位50%をAS3!でコンポジット、AstroSurfaceでシャープ処理、Photoshopで仕上げ

流石にAPS-Cだと大分月が小さいですねぇ。
強引にトリミングしてあります。

VC200Lだといい感じだと思いますが、SXW赤道儀が1階の物置にあり、
ベランダまで持ってくる気力が無いんですよねぇ。

まあ、天候が安定しそうならしばらくは上に置いておいても
いいかもなとは思っています。VC200Lもたまには使ってあげないといけません。

ポン・ブルックス彗星を撮影してきました

昨今天文界隈を席巻しているポン・ブルックス彗星ですが、遅ればせながら撮影してきました。

本来は月明りの影響が無くなった初日、3/27に行くべきでしたが、残念ながらその日は東京出張で、それ以降は晴れても黄砂の影響が酷く、撮影できずにいました。

昨日(4/2)はまずまずの天気。
厚田方向に行くか、静内方向に行くか迷いましたが、WindyとSCWを信じて静内方向へ。

静内まで行くと雲の影響がありそうでしたので、少し手前の海岸沿いに行くことにしました。

現地到着は18時くらい、その時点では雲があったものの、だんだんと雲が取れてきました。
19時前には雲もほぼなくなり、極軸合わせもピント合わせも問題なく完了
銀平君に71FL、さらに双眼鏡と欲張りセットではありましたが、問題なくセットできました。
IMG_0114
明るいのは国道の街灯の灯りです。

双眼鏡では割と簡単に見つかりました。71FLでも簡単に導入完了。
銀平君はちと心配でしたが、ファインダーでもちゃんと見えたので、
一度導入できればこっちのもの。

で、勝ちを確信し、とりあえず19時20分過ぎに71FLで撮影開始。

銀平君は対角線上に尾が入るように少し写野を回転させてみました。
ただ、あとで気づいたのですが、19時15分~30分くらいが一番良い条件で、
それ以降は苫小牧方向の光害と、国道を通る車のヘッドライト低空の霞みの影響が大きく、画像が使い物になりませんでした。
苫小牧からはかなり離れたつもりでしたが、彗星があまりに低空過ぎましたね。


とりあえずひたすら撮影しますが、予定の20時より前に双眼鏡でも
ほぼ彗星が見えなくなったので撤収。


帰りはもちろんヤンマー。
千歳店の限定メニュー、炒め野菜ラーメンを楽しみにしていましたが、今はやってないようで…
もつ味噌ラーメンで良しとしました。それなりに風があって寒かったので沁みる一杯でしたね。
DSC_5835


で、成果はこちら。
Mean--のコピー2_2_GraXpert2
GINJI-150FN改(600㎜F4.0)+コマコレ、Z6II改、ISO3200、30秒×10、恒星基準コンポジット


Mean-DSC3_GraXpertK
71FL+7878(288㎜F3.9)、ZFc、ISO3200、30秒×20枚コンポジット(恒星基準)


71FLのほうはまだ見られるかな、という感じでしょうか。
銀平君のほうはあまりのカブリでどうしようもなかったです。

調整レイヤーでは補正しきれなかったので、一時期話題になっていた
GraXpertのお世話になりました。
https://www.graxpert.com/

今回初めて使いましたが、かなり強力ですね。
これが無かったらどうしようもなかったです。

まだ撮影できなくもないですが、チャンスがあるとして今週土曜ですかね。
黄砂だけでなく、PM2.5の影響もないようだったら何とかなるかもしれませんが、かなり苦しそうです。


ギャラリー
  • 天文ガイド入選
  • 天文ガイドに掲載していただきました
  • 夕張遠征の成果
  • 夕張遠征の成果
  • 夕張遠征の成果
  • アンガスの遠征の成果
  • アンガスの遠征の成果
  • アンガスの遠征の成果
  • 夕張で撮影
アーカイブ