もう一月近く前のことになりますが、10/20~27まで四国へ行ってきました。
もちろんうどんを食べたりいろいろやってきたわけですが、2日間は
星を見に行ってきました。

1日目は四国カルストへ。
空が暗い四国の中でも、標高・空の暗さともに最高に近い場所かと思います。
現地に着いたのは16時くらいで、昼間の風景も楽しめました。
_DSC6664


せっかくの空ですし、薄明終了後は全天写真から撮影しました。
_DSC6700

天の川の下にある灯りは、カルストにある姫鶴荘の灯りです。
それを除けば、東から南側の空は完璧ですね。
対角魚眼や超広角で、昇ってくる天の川を撮影するのにはもってこいでしょう。

ただ、北にある松山の灯りはかなり気になりました。
標高が高く、視界が開けているせいで光が入りやすいのでしょう。

当日はどうも抜けが悪い空で、東から北の低空に雲があること、
薄明終了直後で空が明るいのもあるかと。

処理してみましたが、完全には補正しきれませんね…。
1


場所を移動して、カルスト地形がみられる道路脇でしばらく撮影。
まずは対角魚眼で夏の天の川を。
光害は補正しきれませんが、これはこれでありかも。
2


秋の天の川を横構図で。空が暗いので、地上風景は無理やり持ち上げています。
3


今度は縦構図。こっちのほうが素直かもしれません。
4


夏の大三角が沈んできたので広角で。超低空以外は流石の空といったところでしょうか。
5


まだまだ作品はありますが、今日はこの辺で。しばらく続きます。