皆様、GWはいかがお過ごしでしょうか。
本当ならいつも通り北海道へ行くはずでしたが、この状況では出かけるわけにもいかず。
最近流行り?のWeb飲みをやったり、家で燻製をしたりしておりました。
P5060001


それはさておき、前記事でVC200Lの簡単なインプレッションを記事にしました。

GW前半は晴れてくれたので、早起きしたり徹夜したりして木星・土星を狙ってみました。
恐るべき悪さの透明度でしたが、惑星にはそこまで問題にはならず。
機材は前回と同じです↓
鏡筒:VC200L+コンパクトエクステンダーメタル(2.2倍、合成焦点距離3960㎜F19.8)
カメラ:ASI533MC Pro 中央部1280x1024のみクロップ

■5/1早朝
徹夜していましたが、Windyのお告げの通りシーイングはダメダメ
03_38_21_grad4_ap43_Drizzle15_LR8_RS

No filter
Gain:400
Exposure:40ms
Frame:4645
Composite:50%?
Drrizle 1.5x

…まあ、前回よりは良くなったか?


■5/2早朝
相変わらずのシーイング
前日撮影した木星の色がおかしいので、何が原因か調べていると、どうもUV/IRカットフィルタを入れなければいけないことが判明。
ASIのカメラのユーザには常識なのかもしれませんが、通りでホワイトバランスが取れないわけだ。

手元にはUV/IR系のフィルタは存在しないので、仕方なくLPS-P2 FFフィルタを分解してセンサ前面に貼り付けて使用。


03_06_44_grad4_ap42_Drizzle15-2_LS8


LPS-P2 filter
Gain:400
Exposure:45ms
Frame:7083
Composite:50%?
Drrizle 1.5x

ノーフィルターと比べると半分くらいの明るさになった感じですが、木星や土星の色合いはノーフィルターと比較して自然な感じになりました。ただ、ノーフィルターと比較すると、表面の模様が見づらいような気がします。


■5/3早朝
Windyでは割とまともなシーイングの予報。
いつもより早めにスタンバイしていますが、衛星画像を見ると雲が追いかけてきています。
予報では02時には曇ってしまうはずでしたが、何とか04時まで持ってくれました。

前日の成果から、色合いはともかく、LPS-P2を入れることによる光量の低下の悪影響のほうが厄介だと判断、ノーフィルターで撮影をば。
03_32_50_grad4_ap38_Drizzle15_LR6

No filter
Gain:400
Exposure:25ms
Frame:3714
Composite:>50%?
Drrizle 1.5x

これは結構いけてるんでは?
少なくとも、前回の木星風マカロンよりはちゃんと木星になっているでしょう。


ついでに土星も。

03_13_58_grad4_ap13_Drizzle15-2_LR6_MS

No filter
Gain:430
Exposure:60ms
Frame:4166
Composite:>50%?
Drrizle 1.5x

色合いはPhotoshopで気合で補正していますが、流石にちょっと無理がありますね。
表面の模様が良く見えるわけでもなさそうなので、UV/IRフィルタを入れるべきでしょう。

■画像処理
RegistaxやStellaImage6.5を使い、いろいろ試してみました。
一番しっくり来たのはStellaImageの画像復元でルーシー&リチャードソンを使い、
その後マルチバンド・シャープを使う方法
。上の画像は全て同じ方法で処理しています。

参考にしたのはUTOさんの記事。
https://oozoraashiato.blog.fc2.com/blog-entry-100.html

上記リンクでは、PSF半径を1.8に設定していますが、それでは全く利かなかったので半径を6~8に設定しています。
LRparam

PSF半径が大きい時点で元画像のクオリティが低いということなのでしょう。
それでも、弊害が少なく微細な模様が出てきてくれました。

UTOさんも指摘されていますが、最大エントロピー法はピーキーで、惑星のエッジに黒縁が発生しやすい気がしました。


このあと、StallaImageでマルチバンド・シャープを掛けます。パラメータはこちら。
#3のみが効く感じで、おまけで#4を掛ける、といった感じでしたね。
MSparam

ここはRegistaxのウェーブレット変換でもいいとは思いますが、StellaImageのほうが効果が弱めで個人的には使いやすかったです。

この辺はもう少し掘り下げて、記事にしてみようかなと思います。


■気づいたこと
・UV/IRフィルタは買っておこう。
 →別に高いものではないですし、直焦点でも必要ですからね。

・ノーフィルターも撮ってもいいかも。
 →木星は赤外光のほうが模様が見えやすい、はず…
  UV/IRありをRGB、ノーフィルターをLとしてもいいかもしれません。

・ADCはあったほうがいい
 →今回アップした画像よりは低空での撮影ですが、ここまでずれますからね…
AS3

 AS3!の「RGB Align」をONにすると、色ずれを補正して合成してくれますが、間違いなく解像度への影響はあるでしょう。今期は木星も土星も南中高度が低いので、余計に重要かと思います。

・木星は問題なく撮影できる、土星はちょっと…。
 →前回磯じいさんから惑星はちょっと厳しいとコメントをいただきましたが、木星に関しては特に光量不足とは感じませんでした。
 私の作品はともかく、他の方は同じVC200Lや、口径の小さいミューロン180とかで素晴らしい作品を発表していますから。特にUTOさんのMT-160の作品は、流石!と思いましたね~。
http://oozoradigital.web.fc2.com/html/planet/Jupiter/Jupiter.htm

 ただ、土星はGainを400以上にあげなければならず、ちょっと厳しい感じがしましたね。まあ、シーイングさえまともなら、流石に今よりは良くなるかと思います。

 撮影はともかく、眼視では木星も土星も良く見えていたので、正しいVC200Lの楽しみ方は眼視観望なのかもしれません。


■ここまでの総括
VC200Lは「直焦点もやるけど、時々月や惑星もやるよ」という人に最適、という実感です。
惑星のみをガチで撮影するなら、もっと口径が大きく、狭いベランダでも取り回しのいいC11とかC14を選択すべきでしょう。もちろん、お手軽にいくなら、SkyWatcherの180㎜マクストフとか、笠井の20㎝純カセグレン、同じVixenならVMC200Lという選択肢もあります。

逆に遠征+直焦点オンリーなら、コレクターPHとエクステンダーPHを擁するR200SSが良い候補となるでしょう。

VC200Lの魅力は、フルサイズ対応1800㎜、性能の良いレデューサで約1400㎜でも撮影可能、さらにコンパクトで取り回しが良く、惑星もそこそここなすというところなのではないかと。
惑星撮影も楽しいですが、やっぱり遠征して撮影するほうが好きな私にはちょうど良いですね。

このコロナ騒ぎが収まるまでは、ベランダからの撮影を楽しもうと思います。