10月31日に、札幌の南にある中山峠に遠征してきました。

中山峠は、札幌から1時間半ほどで行ける峠で、標高が800mほどあります。
札幌のある東側はかなり明るいですが、南側と天頂付近は悪くない星空です。

今回の目的はすばる。
新たなガイドシステムを構築したので、そのテストも兼ねています。

あいにく時折雲が通過する天気で、風も割りとあったのでガイドが安定せず
完璧にガイドできた写真は一枚もありませんでした。

その中でもまともな一枚を。

31f9f069.jpg



データ


日時 :2008.10.31 2:31
露出 :625.1s
カメラ:Nikon D40 (非改造)ISO800
望遠鏡:Vixen R200SS (コマコレクター使用)
赤道儀:Vixen Sphinx
ガイド:口径60mm屈折+2.4倍エクステンダー+WAT-100N+PHD guiding
画像処理:StellaImage6、Photoshop CS3 Extended

今回はフラットフレームを撮影しませんでしたので、フラット補正はしていません。









・・・







・・・







・・・









ええ、ダメダメですね。

像が甘いのは

①ガイドエラー
②光軸があっていない
③スケアリング不良

①に関しては、新システムに移行してからかなり重量が増えた影響で、
バランスがあっていないのが影響したのだと思います。

また、RA agressivenessももう少し上げてもいいのかもしれません。
パラメータはいじる必要がありそうです。

②は帰ってきてからセンタリングアイピースとレーザーコリメータで調整しました。

③は、左上が少し流れています。
ワイドアダプター60の3点止めは気をつけるべきですね。

そして、なによりもフラット補正の重要性を痛感しました。
Photoshopのレイヤーマスクを使って補正しましたが、補正しきれませんでした。

というわけで、4日~5日にかけてリベンジしてきました。
結果はまた後ほど。