12日のしし群の時に、ついでに比較明で写真を撮ってみました。



データ

撮影日時:2008.11.12 01:17 30s×55
カメラ:Nikon D40(ISO400、JPEG(BASIC))
レンズ:シグマ15mmF2.8対角魚眼(絞りF2.8)
画像処理:Kikuchimagickにて比較明合成




データ

撮影日時:2008.11.12 02:51 30s×93
カメラ:Nikon D40(ISO400、JPEG(BASIC))
レンズ:シグマ15mmF2.8対角魚眼(絞りF2.8)
画像処理:Kikuchimagickにて比較明合成

新月のときは空が暗すぎて星が写りすぎてしまいますので、
満月のときはちょうどよい明るさとなります。
そして中山峠はもう雪が降っており、冬景色が広がっていました。
ホワイトバランスは太陽光で、空は青くなりましたが、寒い冬の雰囲気が出たと思います。

さらに、月が沈んでから、薄明で明るくなるまで30秒で連続で写真を撮り、
ムービーにしてみました。


データ

撮影日時:2008.11.12 04:54 30s×88
カメラ:Nikon D40(ISO1600、JPEG(BASIC))
レンズ:シグマ15mmF2.8対角魚眼(絞りF2.8)
画像処理:Photoshop CS3 Extendedでムービー(.mov)作成、SUPERでMP4に変換


CS3 Extendedではアニメーション作成をサポートしており、簡単にムービーが作成できます。

作成手順


1、「ファイル」→「スクリプト」→「ファイルをレイヤーとして読み込み」でムービー化したいファイルを全て読み込む。
2、「ファイル」→「自動処理」→「画像のフィット」で全画像のサイズを640×480くらいまで小さくする
3、「レイヤー」→「アレンジ」→「逆順」をクリックしてレイヤー順序を全て逆にする
4、「ウィンドウ」から「アニメーション」をクリックしてアニメーションパレットを表示させる
5、アニメーションパレットのメニューから、「レイヤーからフレームを作成」をクリック
6、アニメーションパレットのメニューから、「フレームアニメーションを作成」をクリック
7、アニメーションパレットに全ての画像が表示されるので、全て選択し、表示時間を設定する。0.1秒くらいが目安。0.2秒だとカクカクになる。
8、「ファイル」→「書き出し」→「ビデオをレンダリング」でムービーを書き出し。ファイル形式はQuicktimeムービーだけしか選択できない。(あらかじめQuicktimeをインストールしておくこと)

そのままだと重すぎるので、フリーソフトであるSUPERを使って変換・圧縮しました。

比較明だと途中で雲が出ると作品が台無しになりますが、ムービーだと変化があるほうがいいので、
雲があると絵になります。また、薄明や月の没など、空の明るさが変化するといい感じになりそうです。

弱点としては、今回何も考えずに縦位置で写真を撮ってしまいましたが、横位置のほうがいいでしょう。
そして、できる限り多くの写真を撮らないと一瞬で終わってしまいます。

まだまだいろいろと改良が必要ですが、面白い方法です。
満月が邪魔でどうしようもないふたご座流星群のときにでもいろいろ試してみたいです。