一昨日の夜遠征してきました。

出かけた場所は、前に望遠鏡を持っていき忘れた平取町。
ここは冬季の晴天率が悪いのですが、今回は天気がよさそうだったのでここにしました。

ちょうど通りがかった運転好きの後輩がもう春休み(!)だということで
ドライバーをやってもらいました。
(運転は嫌いなもので・・・)

前回は曇りましたが、今回は申し分ない天気。
途中で少し雲が出る場面もありましたが、すぐに通過していったために影響は余りありませんでした。

ところが、問題が一つ。これは観測が終了した後ですが、

c667f598.jpg



寒すぎるだろ。

薄明終了時からほとんど-18℃。
冷凍庫の中にいました。

この気温では、ケーブルは硬くなるわ、カメラのバッテリーはすぐ切れるわで撮影がうまくいかない。
そのせいかどうかは分かりませんが、ガイドがまったくうまくいかない。

PHDと5時間ほど格闘するもむなしく、全ての写真がガイドエラー。
収穫0でした。

最高の星空だっただけに残念です。
ついでにフィルムで何枚か写真を撮影したので、そっちがうまく撮れていればいいのですが。

どちらにしろ、来月は鹿林(ルーリン)彗星も来ることですし、
オートガイドのテストを入念に行っておく必要があります。

ま、それはともかく、運転してくれたぐらよありがとう。
助かったぜ。