火曜の夜に遠征してきました。

場所は中山峠。
いつもの静内は天気が悪そうでしたので、ニセコまで行く予定でしたが、
カーナビに目的地設定すると、通行止めで行けないとのこと。

で、調べてみると、雪のため5月末まで通行止めのこと。
前に5月に行ったときは通れたので、何とかなると思ったのですが・・・。

中山峠は札幌中心部から45kmほどで、一時間強で行けるアクセスの良さと、
標高が830mあり、札幌がある東側は使い物になりませんが、南側は非常に暗いのが魅力です。




実は、札幌でも日曜に雪が降り、うっすらと積もるというありえないことが起こったので
ある程度予想をしていましたが、

ec5d737d.jpg



雪の壁でした。

しかも、スキー場がまだやっていました。

bfda7d06.jpg



なめてましたね。
気温も-5℃くらいで、かなり寒かったです。
おかげでノイズが少なかった!

そして、春とは思えないすばらしい透明度で、最高の星空を堪能できました。
今回は写真もうまく行き、満足です。





ガイドシステム





鏡筒はR200SS、赤道儀はスフィンクスのいつものシステムです。
ガイド鏡などについては前に記事にしたもので、PCはEeePC 901-Xを使っています。

電源はカーバッテリから全て取っており、EeePCはACコンバータ経由、
スフィンクス電源、ガイドカメラ1004XA電源で4連シガーソケットです。

余計なものはプラコンテナ内に収納してありますが、ケーブルがぐちゃぐちゃで
ねじりっこ等で束ねたほうがいいのかもしれません。


ガイドシステム その2





後輩がオートガイドデビューするということで、急遽システムを組みました。
FC76が撮影鏡、赤道儀はGP-D+DD-1(オートガイド改造済み)で、
ガイド鏡はミニボーグ45ED+1.4テレコン、ガイドカメラはQcamS7500です。

ガイドはわりとうまくいくのですが、Qcamの感度不足でまともに撮影ができませんでした。
テレコンなしにすると焦点距離的に不安ですので、ガイドカメラをもっと感度の高いものにするか、
オフアキ化する必要がありますね。

新兵器


a185143f.jpg



笠井トレーディング、CAPRI-102EDです。
ちょっとした事情により、うちのサークルで使っていいことになっています。
これにあわせ、GP-D+SS2000PCやアイピース類、計30万円分私がセレクトして買いました。

ファインダーはR200SSのものを流用しています。
元のGP-Dは調子が悪かったので、もともとあったGP-DにSS2000PCを取り付け、
テストしてみました。

が、

SS2000PCの起動画面で、"ENTER"キーを押すと電源が切れて再起動する

ということが起こり、たまに次の画面に行けるのですが、そこでも同じ現象が発生しました。
SS2000PCは初めて使うので、いろいろテストしたかったんですが、うーん残念。
どなたか原因が分かる方がいらっしゃいましたら教えていただけると助かります。

使用感


困ったことがいくつかあり、この鏡筒って2インチスリーブと31.7スリーブしかないんです。
うちのサークルのリングBoxには2インチスリーブから変換できるものがなく、
眼視にしか使えません。

新しくリングを買えばいいのですが、ネジが全く切ってないのはどうなんでしょうかねぇ。
不便だと思うんですけど。

確かに2インチスリーブ固定なら回転装置も要りませんし、メリットもありますが。

そして、LVW13mmを使って見ましたが、ピントが合いません。
天頂プリズムを2つつけて無理やりピントを出しましたが、延長筒を買わないといけません。
もう少し鏡筒が長くてもいいのでは、と思います。

その他は、極めてなめらかなドローチューブの回転、伸縮式のフード等、非常に良かったです。
減速装置も便利ですね~。


星像について


プリズムのせいで星像が悪くなっているはずですし、眼視に関しては素人ですので
参考にならないと思いますが、すっきりとしたクリアでシャープな星像で満足です!

延長筒を買って、SS2000PCもうまく動いたら、いろいろと見てみたいです。




画像処理はじっくりGW中にでもやります。
また、オートガイドについてもうまくいきましたので、また記事にします。