前に「Nikonのカメラは、RAWを吐き出す前に処理が掛かっている」というお話をしました。

http://blogs.yahoo.co.jp/shootingstar0234/archive/2009/05/15
(遥か昔の話ですね)

ネットをふらふらしていて、その証拠となるHPを見つけました。
http://astrosurf.com/buil/d70v10d/eval

中身はD70とEOS10Dの話なんですが、そこにNikonのNRについての問題点が記述されています。
要約すると・・・


D70には3つのモードがある。モード1はNR OFF、モード2はNR ON、モード3はNR ONだが、ダークフレーム撮影中にOFFにする方法だ。モード3はUnofficialな方法だが、この方法によってのみ「本当の」RAWデータが得られる。

モード1では、メモリーカードにRAWデータを書き込む前に、ホットピクセルを除去するために中間値フィルターのような前処理を加える。

モード2ではNRが行われるが、この場合はダーク減算後に中間値フィルターが掛けられる。

モード3ではモード2のようにNRが開始され、NR中に電源をOFFにする。この場合、データはメモリーカードに書き込まれるが、モード2ではダーク減算後に中間値フィルターが掛けられるため、この処理がキャンセルされ本当のRAWデータを得ることができる。

モード1と2で適用される中間値フィルターは微光星をホットピクセルと判断してしまうため、これによって微光星が消失する。これを防ぐ方法はモード3による撮影をするしかない。

これはD70ではなく、D3やD300でも確認できたそうです。
http://www.astrosurf.com/buil/nikon_test/test.htm

確かD3に関しては星ナビ?の機材記事にも微光星が消えると書いてあったような気がします。
そうなると、全てのNikon製デジイチに影響するのではないでしょうか。

私はこの情報を大学1年生の時にD70使いの先輩に教えていただき、頑なにこれを守ってきました。
やっぱりこの情報が正しかったようです。

ちなみに、私の普段の撮影方法は

1、撮影時間をキッチンタイマーにセット

2、カメラのNRをONにし、撮影モードをリモコンにする

3、リモコンにより露出開始。同時にキッチンタイマースタート。

4、キッチンタイマーが鳴ったらリモコンにて露出終了。

5、電源をOFFに。

6、すぐに電源をONに。撮影画像を確認、撮影モードをリモコンに変更。

以下繰り返し

毎回こうしています。よって、

カメラ任せの撮影が絶対にできない

わけです。1枚の露出時間以上は休憩できませんので、仮眠することもできないのです。
D40はリモコンしかないので、インターバルタイマーを作るのも面倒なんですが、仮に作ったとしても
「電源OFF→電源ON→リモコンモードに変更」の3ステップを自動化できません。
そういったソフト?があるという話もあるみたいですが発見できていません。知っている方がいらっしゃいましたらぜひともお教えください。

いやー面倒ですね。新たに天文を始める人には正直Nikonのカメラはお勧めできないですね。
D7000でようやく偽色の問題が解決されたみたいですが、こっちの方はどうなんでしょうか。