たいそうな名前をつけてしまいましたが、要は

ファインダーを取り付けられるようにしただけ

です。

元々R200SSには7×50ファインダーが接眼部の横に取り付けられるようになっていますが、
鏡筒バンド間をブリッジプレートによって広げているため、鏡筒バンドと干渉してしまい取り付けが
できません。

a7451d1d.jpg


ブリッジプレートを短くしてもいいのですが、そもそも平行同架方式で、接眼部の方向的に
非常に覗きづらいので、思い切ってブリッジプレート上にファインダー台座を配置しました。

dda50361.jpg


取り付けてみるとこうなります。

46ea3448.jpg


天頂付近の対象の場合には寝転がる必要がありそうですが、無いよりは良さそうです。
私が使っているSXWは自動導入があるので本来は不要なはずなんですが、アライメントが面倒な上に
ガイド精度にも影響するためSTAR BOOKには手を触れず完全手動導入でした。

カメラのファインダーでも見える天体なら余裕なわけですが、見えないと全く歯が立ちません。
M81とM82は無理でした。

位置は分かっていますので、ファインダーがあれば何とかなりそうです。
今週末は天気が良さそうですので、テストしてきます。