皆様こんばんは~。hana@ハワイです。
今は12日の25時(13日01時)ですので、皆様からすると過去からの記事になりますね~。
学会2日目が終了、今はビールを飲みながら記事を書いています(笑)



さてさて、時間をさらに巻き戻して、皆既月食の遠征記を書いてみようと思います。


当日は13時より我々のいつもの頼れる相棒、ハイエースを予約していました。
ところが12時前にレンタカー屋から連絡があり、

「前に使っていた方が事故を起こしてしまい、間に合いません」とのこと。
去年の嫌~な出来事が頭を過ぎります。

今回も「12月の皆既月食」と丸かぶりですので、否が応にも意識せざるを得ません。
店員さん曰く、「ステップワゴンでどうですか?」とのこと。

まあ荷物が乗り切らないことは無いと思いますが、車内はかなり狭くなりそうです。
そうすると、「10人乗りハイエースワゴンならどうですか?」と。
うん??10人乗り??運転したことが無いので良く分かりませんが、ステップワゴンよりは
いいだろうと思い、そちらにしてみました。

レンタカー屋についてビックリ。

デカっ!!!!

縦はあまり変わらないように思いますが、横幅がとんでもないです。
ご丁寧に個別のシートが2,2,3,3の4列付いています。しかも倒せないそうで。

さらに、何と本家ハイエースよりもでかいのに、

「軽油ではなくガソリン車ですので間違えないようにしてください」

だそうで。
絶対燃費悪いだろー!!リッター10は切りそうです。

まあ荷物的には何とかなるでしょうから、戸惑いつつサークル会館まで運転。
後輩たちに見せると皆興奮していました(笑)


荷物を積んでみると流石のスペース、超余裕です。
こんなことも出来ました。
「R200SSさん、席はこちらです」



シートベルトがぴったりでした(笑)


私がハンドルを握り15時前に出発。
市内は多少雪がありましたが、ほぼ乾燥路面です。

輪厚P.A.で一時停車、更新したGPVをチェック。
GPVでは晴れるのは苫小牧周辺と、陸別を含む道東付近でした

私としては陸別へ行きたかったのですが、夕張~トマム間が凍結50km制限。
去年のような路面だと最悪です。
というわけで、「夕張まで行ってみて路面が危なそうなら苫小牧方向へ引き返す
ことにしました。

幸いにも、多少怪しい感じはありましたが、路面は塗れていたものの凍結はしておらず。
無事に日高山脈を越え、十勝平原P.A.に差し掛かったところで助手席のsakumaくんから
陸別の天気がやばい」ということでしたので緊急停車。

GPVを見てみると、確かに十勝平野に雲が流れ込んでくるようです。
陸別周辺は何とかなりそうでしたがギャンブルです。
苫小牧周辺は問題なく晴れそう。

となると、進むか戻るかの2択。
私としては苫小牧周辺は空が明るいので、何としても陸別に行きたい所でしたが、
sakumaくんから「欲張るとろくなことが無い」という意見も。確かに去年は欲張って
空の暗いところまで行こうとして大失敗しました。

ですが、帰るにも厚真までの距離を調べると160kmほど。一方陸別は110km。
時間は18時、食の始まりに間に合うか微妙なところです。

かなり迷いましたが、多数決の結果、陸別まで遠征することに。
路面は完全乾燥路でしたのでそれほど気を使うことは無かったですが、去年のことが
頭から離れなかったのでいつも以上に気を使って運転しました。

陸別の手前、足寄に到着したのは19時ごろ。
セイコーマートで夕食を食べつつ、AstroGPVを見ると多少予報がマシになったみたいです。

陸別では去年の冬合宿のときに行った場所に行ってみました
空の暗さは折り紙つきですが、20時過ぎに到着してみると雪がぱらついていました。
東側、銀河の森天文台方向は晴れているようです。

そこで急遽陸別の町まで引き返し、天文台方向へ。
天文台駐車場という方法もあったのですが、当然観望会があるそうで、車の出入りが激しそうです。

それならということで天文台へは行かず、カネラン峠方向へ向かいました
ここはうちのサークルメンバーがかなり昔のペルセウス座流星群観測でnakajiさんと
お会いした場所です。

どこか場所があるだろ、と思っていましたが、残念ながら峠へは雪があって行けないみたいです。
仕方なく引き返しましたが、車を止める場所がありません。

本来ならもうちょっとポイントを探すところですが、何とか車を止められ、
傾斜地ではありますが望遠鏡をセッティングできる場所を発見しました。

参加メンバー(私、Tくん、sakumaくん、Nくん、Hくん)はちょっと嫌そうな感じもありましたが、
20時半過ぎともう時間が無かったので私の一存で「ここを観測地とする!」ということに。

程なくGくんを含む後輩たち8人も到着、一緒に展開しました。
空には雲があり不安が過ぎりますが、何とか晴れてくれそうです。

今回はR200SS-71FL親子亀+SXWシステムを中心に、スカイメモによる広角ガイド
固定撮影の3システムを展開。

メインシステムが組みあがり、極軸とピントがあった段階でちょうど食も始まりました。
きちんと光軸を合わせたのですが、シンチエーションが悪いせいかR200SSの画像は甘々です。
本当はR200SSに活躍させてあげたかったのですが、撮影は71FL+GH1に絞り、R200SSは
観望用にしました。

最初は満月だったこともあって星の数も少なく札幌の星空レベルなのですが、
欠けて来るにつれてどんどん空が暗くなってくるではないですか!

急いでスカイメモをセッティング。
50%も欠けると段々カシオペア方向の天の川が見えてきます。
次第に淡い冬の天の川も見えてきました。

直焦点撮影は順調でしたので、試しにR200SSで見てみると、

こ、これは凄い!!
ちゃんと明るい部分も掛けた部分も見え、色の変化も手に取るように分かります。
外側に行くほど暗く赤っぽく、内側(掛けていない側)は緑がかった感じです。

後輩たちにも見せましたが、いたく感動してくれたようです。
しかし写真に撮ると、明るいほうに合わせると掛けた部分が全く写らず、暗いほうに合わせると
今度は欠けていない部分はトビ放題。

うーん人間の眼って優秀ですね!!
特に皆既中よりも30%くらい欠けた状態での月は素晴らしい眺めでした。
後輩たちが持ってきたCAPRI-102EDは光量こそ劣るものの、シャープでコントラストが高く
最高でした。月食は眼視、特に大口径屈折に限りますね~。


となると写真の方は適当に撮影しておき、皆既になる瞬間はアイピースを除いていました(笑)
GH1のバリアン+ケーブルレリーズシステムは本当に楽でしたね、ライブビューもあって
ピントも一瞬で出ました。


皆既が始まったのはいいのですが、雲が出てきてしまいました。
薄雲ですし何とかなりそうですが…。

抜けるのには30分近く掛かってしまいましたが、23時半になると完全に取れました。
そこには冬の天の川の中にぽっかりと浮かぶ紅い月が!!!

360°ほぼ無光害の空の下で見るこの風景は、札幌に居たら絶対味わうことが出来ない風景でした。苦労して遠征した甲斐があったというものです。

正直これほど凄いものだとは思っていなかったんですよ。
後輩たちも同じ考えだったようで、皆大騒ぎでしたね~。
次も絶対遠征します。これを見てしまうと、街中で見る気には絶対なりませんね~。

そうなると記録したいのが天文屋の性というもの。
15mm対角魚眼+D40改をセット、撮ってみました。




これこそ、私が去年から追い求めてきた風景そのものです。
実はピンボケだったり(泣)、絞り開放なので周辺像が残念だったりしますが、まあ良しとします。
この風景に出会えて本当に良かったです!

この写真では月が飛んでしまっていますが、肉眼で見ると天の川も月もちゃんと見れるんですよね~。
改めて人間の眼のポテンシャルの高さを存分に思い知らされました。
進歩してきたとはいえ、デジタルデバイスもこういった場合にはまだまだ肉眼には遠く及ばないようです。


固定撮影だとこんな感じです。




これもまずまずってところですね。レンズはsamyang8mmですが、これだけ広角だと
良い空まで遠征した意味がよりいっそう出てきますね~。

興奮しすぎていて絞りをなんと8にしてしまいましたが(!)何とかなったみたいです。
道理でISO800、10分露光してもヒストグラムが寄らない訳だ…



そうこうしている間に皆既も終了、段々と月明かりが戻ってきます。
皆既終了で燃え尽きてしまい、ダークを撮りつつGH1で適当にパシャパシャ撮影。
ハッキリ言ってもはやどうでも良くなっていました(笑)

それほど皆既中の空はインパクトがありましたね~。皆既日食だと時間が短く
ピークもシャープなのですが、皆既月食のゆったりとした感じもいいと思います。
もっと注目されてもいいのにな~。あまり皆既月食病って聞かないですよねぇ。


せっかくですし撮影風景を。
後輩たちも結構飽きてしまったようです。

0ede128b.jpg



ちょうど本影食が終わったころ、雲が一気に広がってきました。
結局皆既食前半以外は快晴、お天気に恵まれましたね~。

ささっと撤収、02時には出発。
帰りはもちろん、ヤンマーです(笑)

eb0d7ba9.jpg


寒いときに、しかも観測が成功した後のヤンマーは最高ですね!!



帰りはNくんとTくんに運転を任せ爆睡…。
最後だけちょっと運転しましたが、幸いにしてどこも凍結はしていなかったようです。

今回は無事に事故を起こすことなくレンタカーを返却できました。
ちなみに気になる燃費は8.6km/L(!)予想通りの燃費で…ガソリン代が…
まあ晴れたので良しとしますかね~。



トラブルも無く、今年最高の遠征となりました。
後輩たちの胸にも今回の風景は深く刻まれたことでしょう。
気が早いですが、今から次の月食が楽しみですね~。