今日で2011年も終わりですね。
振り返ってみると、去年以上に天文尽くしな1年だったように思います。

去年は1回しか天文誌に入選できませんでしたが、今年は(ちょっとインチキですが)10回もの入選を果たすことが出来ました。

以下にまとめてみました(クリックすると大きくなります)

e5198cb0.jpg


まあこうやって見ると、今年はいろいろな写真を撮りましたね~。
やはり改めて今年は「71FLの年」だったな、と思います。

レデューサー、フラットナー、テレコンを使うことによっていろいろな場面で活躍してくれました。
それも全て「軽いから」という一言に尽きると思います。

わざわざ60φシステムにしたのもそのためで。
せっかくあれだけ軽いレンズセルなのですから、鏡筒も軽くなければならないですし、
それ以上に「カメラも」軽くなければいけないと思います。

これでカメラが重いとせっかくの71FLの良さが台無しになってしまうのではないでしょうか。
重いカメラを使うのであれば、鏡筒ももちろん80φシステムにすべきですし、赤道儀もSXWでは
厳しくなりそうですし、もちろんスカイメモは論外です。

R200SSもべこべこ鏡筒で、接眼部もそこまで強力ではないですから
有る意味私のシステムは軽いカメラ専用、ってことになると思います。
そういった理由から、冷却CCDにはまったく魅力を感じないんですよね・・・
もっと軽くならないのでしょうか。電気馬鹿食いなのも私にとっては許容できない部分です。
PC必須、ファインダーなしというのも何だかなぁ・・・
ま、そもそも高すぎて買えないんですけれど(笑)

ちょっと脱線してしまいました。
というわけで、しばらくはD40と頑張っていこうかな、と思います
工夫は必要ですが、まだ何とか勝負になるみたいですし。

また、スカイメモには改めて感謝ですね。
購入してから10年近くたちますが、トラブルが一度も無く、絶対の信頼を置いています。
来年も活躍して欲しいですね~。

R200SSはダメダメでしたが
、ようやく目処が立ちましたので、
来年こそはもっと活躍させてあげたいです。


目標であったモザイク、直焦点の入選も果たすことが出来ました。
それどころか10回も入選させていただき、出来すぎな1年となりました。
来年は猛烈に失速しそうですが、また応募できるような作品を撮っていこうと思っています。



今年ベストの遠征はやはり12月皆既月食ですね~。
天候にも何とか恵まれ、トラブルも無かったですし、何より素晴らしい風景に出会うことができました。

今年ベストの作品は「はくちょう座」。
構図、処理とも納得の仕上がりです。
残念ながら落選でしたが、来年もめげずに撮影してみようと思います。

0f597437.jpg




さて、長くなりましたが、今年の記事はこれが最後です。
皆様、今年は大変お世話になりました。来年も宜しくお願いいたします。
これから私はゆっくりとそばと日本酒を味わおうと思います。