10万Hitの時のコメントに「役に立つ記事を」と言ったきり何もしていなかったので、
長年蓄積してきたノウハウを披露したいと思います。

防寒の5原則
①一番重要なのは足元
②アウターよりインナー
③目出し帽に勝るものなし
④つなぎ目を無くす
⑤ホッカイロは馬鹿にならない


①一番重要なのは足元
 他の場所はどうでもいいというくらい重要です
とにかく、末端が一番血液が行きにくいですからねぇ。
勿論手先も寒くはなるのですが、ポケットに手を突っ込むなど、どうにでもなるので重要ではありません。
ついで耳、顔、背中、足といったころでしょうか。

どんな靴がいいかですが、 一言で言うと 
 「足元は値段に比例する」
快適な靴は1万円くらいは出しましょう。

選ぶ時のポイントは
 1)底が厚い
薄いと熱がすぐに逃げてしまいます。重くてごついものを!!
  2)インナーが分離できるタイプ
フリースのような記事のもの、アルミが入っているものなどありますがあり・なしで
全然暖かさが違います。
 3)2回り大きいものを
厚手の靴下+ホッカイロを使うので、ぶかぶかくらいでちょうど良くなります。
きつきつだと足の血行が悪くなり、余計に寒くなるので注意!!
観測中長距離を歩くわけではないので、多少歩きにくくなるくらいで良いかと。

②つなぎ目を無くす

背中が寒いと感じるのは上と下の服のつなぎ目から冷たい空気が侵入してくるんですよね…
上下セパレートのものよりも、つながっているタイプの方が防寒性能が高いです。
サークルではホームセンターで売っている防寒つなぎが人気でした。
それを2枚重ねるだけでかなり耐えられます。1枚4000円くらいで、極めてリーズナブル。
スキーウェアなんかよりよっぽど役に立ちますよ~。
弱点は見た目が悪いこと。ヘンタイ度が3割増しです(笑)

③アウターよりインナー

インナーも多少投資しましょう。 最低限ヒートテックインナー位のものを。
上はもちろん、下はタイツを。上にも書きましたが、上下一体のものの方が防寒性能が高いです。
以前は、全身タイツを愛用していました。トイレ用に、股間のみ穴あきです(笑)
薄い生地ですが、これ1枚でかなり違いました。
靴下も厚手のものを1枚。何枚も重ねると血行不良で逆効果です。

④目出し帽に勝るものなし
何も帽子をかぶらないのは論外ですが、他にもフード、帽子+マフラー等がありますが
目出し帽に勝るものはありません。
プロレスラー的なやつではなく、こんなタイプのものです。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%EF%BC%88montbell-Z-L-LW-%E3%83%90%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%90-1107500/dp/B008RRN3FW/ref=pd_sim_sg_2
つなぎ目が無いのがポイントでしょうね、弱点は息で眼鏡が曇ること。口を出しておくと効果は弱くなりますが、
眼鏡は曇らなくなります。コンタクトの方がいいでしょうね。

⑤ホッカイロは馬鹿にならない

恰好がで適当でも、くつ用ホッカイロと背中のホッカイロだけでかなり快適になります。
貼る場所はくつ用が最重要、それとつなぎ目になる背中に2枚が基本。
さらに肩甲骨に2枚、お腹のつなぎ目に1枚で完璧です。


また、貼るときにも鉄則が。
 「冷たいホッカイロは冷たいまま」
どういうことかというと、ホッカイロの温度が低すぎると、いつまでたっても発熱してくれません。
ホッカイロが冷たいと体温が下がり、さらに発熱しなくなる、という負のスパイラルに陥ります。

逆に、暖かい車の中では思い切り発熱します。観測中に全く発熱しなかったホッカイロが、観測を終えて
車の中に入ったらいきなり熱くなったことがありませんか??

貼る際は袋から出したらしばらく置いておき、暖かくなってから貼るのが重要です。
一度暖かくなってくれればしばらくは大丈夫ですし、体温も下がらないので正のスパイラルが続きます。
継続時間は5時間程度ですので、一晩は持ちませんから、観測途中で補給するとGoodです。


いかがでしたでしょうか。
せっかくの澄み切った星空、車の中で全く見ないのは物足りないですからね。
皆様の観測が少しでも快適になったら幸いです。
何かご意見質問等ありましたら遠慮なく。