0.映像をキャプチャできるか確認する。

キャプチャユニットをPCに接続し、キャプチャユニット付属のソフトでも、他のソフトでも何でもいいです。
テストしてみてください。
映像がキャプチャできてからでないとこのソフトは意味がありません。

まずは必ずこれを実施してください。

1.インストールする


下の方にアップローダのアドレスとパスワードを書いておきます。
ダウンロードし、zipファイルですので、任意のディレクトリに解凍してください。

ddaf9adf.jpg


中には4つのファイルが入っています。
”install.bat”をダブルクリックするとインストールされます。

インストールに成功すると、以下の画面が表示されます。
26c29641.jpg


2.PHDで使ってみる

PHDを起動し、カメラボタンをクリックします。
一覧の中で、皆さんいつもお使いかと思いますがWDM-style webcam cameraをクリックします。
(注意:VFWですと動作しません!!!!)

f2007adf.jpg




そうすると、”Camera Choice”というダイアログボックスが出てきます。
選択肢はいくつかありますが、その中で”0:Virtual cam capture”を選択して”OK”をクリックしてください。今回は選択肢は2つですが、複数個のキャプチャユニットや、PCに内蔵のWebカメラがある場合には選択肢は3個以上となります。

ee8f7989.jpg




そうすると、”Choose Camera”というダイアログが出てきますので、使いたいキャプチャユニットを選択してください。今回はデジ造2(PCA-DAV2)のみですので、”USB 2861 Video”をクリックします。

63959861.jpg




今度は設定画面が出てきます。基本的に弄る必要はありません。”OK”をクリックしてください。
(PALのカメラの場合には変える必要がありますが、まあ普通はありえないので…)

52c7eca2.jpg




これもそのまま”OK”でいいです。
解像度を変えたい場合はご自由に。

004351d5.jpg




最後に、”Camera mode”が表示されます。選択肢は1つしかないはずですので、”OK”をクリックしてください。
(内部処理の都合上、色空間はRGB24に強制的に設定されます)

7c0f764d.jpg



これで、キャプチャできます。”Virtual cam capture…”と、”No cam”から”Camara”に変わるはずです。
プレビューボタンを押して確認してください。
お疲れ様でした。

71482d8a.jpg




念のため:

問題ないと思いますが、自己責任で使用してください。
何か損害があったとしても一切の責任を負いません。

それと、作者≠私です。
サポートなどは出来ませんので、こちらもご了承ください。

それでもOKという方は下からどうぞ。



動作確認済み環境

OS:WindowsXP 32bit
キャプチャユニット:IODATA GV-MVP/SZ
デジ造2(PCA-DAV2)
デジ造3(PCA-DAV3)

OS:Windows7 64bit
キャプチャユニット:デジ造2(PCA-DAV2)

恐らく、Vistaでも動くと思います。8や8.1は未確認。
(Vistaや8で動いたらコメント欄に書き込んでいただけると嬉しいです。
ただ、動かなくでも動くように対応することはしません(というかできない)。)


ダウンロードアドレス:http://kie.nu/1MmO
パスワード:hana

2014/05/17追記:
nishiさんよりWindows8.1とデジ造3での動作報告を頂きました。
その際に、インストールのためには"install.bat"の変更が必要なようです。

この方法は、ほかのOSでインストールできなかったときにも有用です。
方法をいかに追記します。

1)本体"vcamcap.zip"をダウンロード
2)任意のディレクトリに解凍
(ただし、アドレスに日本語が入っていると失敗する可能性あり、確実なのはCドライブ直下)
3)4つのファイルのうち、”install.bat”の内容を変更します。
メモ帳を開き、”install.bat”をドラッグ&ドロップしてください。
※普通にダブルクリックや右クリック→開くから開いてしまうとインストールされてしまい
編集できないので注意!

開くと中身はこうなっています。



この中の”vcamcap.ax”と”vcamcap64.ax”の前にディレクトリを追加します。
例えば、Windows7でマイドキュメントにある場合は以下のようになります。

5395f616.jpg


この状態で上書き保存します。
(心配な方はオリジナルをどこかに保存しておいてください。もし変更におかしくなったとしても、
解凍前の元データから引っ張ってくれば大丈夫です。)

また、ソフトが少しでも分かる方はお気づきかと思いますが、64bitか32bitかでIf文で
分岐していますので、64bitならIf文を、32bitならElse節のみを変更すればOKです。
今回は念のため。

5)”install.bat”を右クリック→管理者として実行で実行。
この記事の2枚目の画像と同じ、インストール成功メッセージが表示されるはずです。
インストールが失敗するようなら、ディレクトリを確認してください。

アドレスに日本語が含まれる場合には失敗するようですので、
その場合はCドライブ直下に置いてみてください。

2016/04/06追記:
どうやらアップローダが無くなってしまい、ダウンロードできない状態だったみたいです。
Yahooボックスに公開しましたので、こちらからダウンロードしてください。