ニュージーランドでの運転では、左側通行ということもあって
そこまで苦労しないかと思います。

遠征を考えていらっしゃる方はすでに調査済みと思いますが
念のため概要を。
http://www.newzealand.com/jp/feature/driving-in-new-zealand/

この記事では、現地に行ってみて感じた注意点を書いてみたいと思います。

①信号がない!

人が少ないこともありますが、信号は極めて少ないです。
また、ラウンドアバウトが多いので、町中でも信号は少なめ。
(ラウンドアバウトについては下記参照)
http://www.buc.jp/NZ/mame/6_douro.htm
ラウンドアバウトは慣れるまでは大変ですが、停車を減らす
合理的なシステムです。

②居眠り注意!
制限時速が100㎞ということもあり、どうしてもスピードを
出しがちです。
しかも、100㎞で中央分離帯がないので、
対面通行の高速道路がずっと続くイメージ。
交通事故は少ないみたいですが、死亡事故率は高いみたいです。

風景はきれいですが、平地は単調な風景が続きます。
クライストチャーチ~テカポ間は、クライストチャーチ側は
本当に単調で、しかも交通量が多いので注意が必要です。

③ウサギなど野生動物に注意!

多いのは夏時期ですが、冬もある程度いるみたいです。
2月に行ったときには、数百メートルおきに死体が転がっていました。
今年のGWはほとんど見かけませんでしたが。

注意すべきは、ウサギは一番活動が活発なのは明け方ということです。
メインの道路では数は少なくなりますが、少し脇道に入るとぐっと遭遇確率が上がります。
特に、遠征地から帰るときが最も危険ですので注意してください。

④凍結に注意!
ニュージーランドで一番寒いのは6月末だそうですが、山でなくても場合によっては雪が降ります。
道路でも黄色のスリップ注意”WHEN FROSTY”の看板を結構見ます。

レンタカー屋にもよりけりかもしれませんが、スタッドレスタイヤのレンタカーなんて
ある気がしません。
冬時期の運転は気を付けるしかないでしょうね。

ちなみに、クライストチャーチ~テカポ~クイーンズタウンのルートでの最大の難所は
Lindis Pass”という場所です。
-44.587533,169.642611
0b2133e9.jpg

景色は綺麗な場所で、展望台がありますが、雪が降りやすいようです。
古狸さんによると、6月末は降雪により通行止めになることがあるとのこと。
道路状況はここから確認できます。AAは日本でいうJAFのことです。
http://maps.aa.co.nz/

実際、本日(5/25)もLindis Passでは降雪のためチェーンが必要とのことです。
Lindis Passを通らないでテカポ方向へ行くこともできなくはないですが、大幅な距離ロスです。
Lindis Passが通れなさそうなら無理に運転しない方がいいと思います。