■タム15-30の特徴
・出目金レンズ
 →ヒーターの熱が中央までいかない
 →画面の中央のみ結露しやすい

以下の写真をご覧ください。中央のみ結露しているのが分かりますでしょうか?
4ab1a18f.jpg


ちょっと強調。中心にアルデバランがあったせいで目立っているのもありますけれどね。
df22816a.jpg



・温度によりピント位置が変動する
 →巨大な前玉のせい?低分散レンズのせい?
 →ヒーターを使うとピントがずれてしまう

以下の写真をご覧ください。
上記の写真を撮った後、結露に気づき、ヒーターを入れて結露を除去しました。
033f5078.jpg


3分後に大幅にピントがずれているのが分かりますね。
ピントリングが動いてしまった可能性も無くは無いですが、望遠レンズのように
勝手に動くことは考えにくい構造かと。


以上より、以下の2つの結論が得られます。

・ヒーターは使用できない
・乾燥空気を送る場合、レンズ中心に当たることが重要

よって、前の記事のような方式を採用しました。
次の記事ではこれまでの紆余曲折を記事にします。