Z6Ⅱ Tipsの2回目、今回はインターバルタイマーの謎について。

以前、ふたご座流星群の撮影の時にインターバルタイマーが動作しないという話を
記事にしました。


その後、阿字ヶ浦で撮影しているときもインターバルタイマーが上手く動作せず。
訳が分からなくなったので、Nikon公式に問い合わせてみました


-------------------
インターバルタイマー撮影には、インターバル時間のほか、シャッター
スピードやカメラが処理を行う時間が含まれるため、撮影間隔は、
シャッタースピードよりも長い時間に設定する必要がございます。

そのため、撮影間隔が充分な長さに設定されていない場合には、
その回の撮影がキャンセルされます。

また、1秒以上のシャッタースピードは、1段ごとに1秒、2秒、4秒、8秒、
15秒、30秒と呼称されますが、実際のシャッタースピードは、1秒、2秒、
4秒、8秒、16秒、32秒となります。

 ※上記については、デジタル一眼レフカメラ、ミラーレスカメラ
  共通です。

そのため、シャッタースピードを15秒に設定してインターバルタイマー
撮影を行う場合、実際のシャッタースピードが16秒のため、撮影間隔を
17秒以上に設定しませんと、設定したとおりに撮影ができない状態と
なります。

 ※長秒時ノイズ低減を「する」に設定した場合は、画像処理に時間が
   かかるため、さらに撮影間隔を長くする必要がございます。

ご確認いただいておりますとおり、カメラの設定状況によって処理
時間が異なる場合もございますため、シャッタースピードを15秒に
設定される場合は、まずは撮影間隔を17秒以上に設定していただき、
状況をご確認くださいますようお願いいたします。
---------------

との回答をいただきました。
ふたご座流星群の時にはインターバルタイマー時に露光時間(30秒)+2秒で
32秒に指定していたのですが、32秒だと実質コマ間が0秒になってしまい
動作しなかったこと
がわかりました。

ただ、阿字ヶ浦で撮影した時は、15秒露光に対し20秒のインターバルを
セットしてもNG
でした。
しかし、家に帰ってきて動作させてみると何の問題もありませんでした
結局良くわからないままです…。

なぜかD810Aでは一度も動作不良はありません
D610では確か失敗していたような記憶があります。
(D610の場合、30秒露光しかできないので外付けのインターバルタイマーが
必須で、インターバル撮影することはほぼありません)


あくまで感覚ですが、どうも気温が低いほうが動作不良を
起こしやすいような気も
しています。
これからの季節は気温が上がる一方ですので、検証は寒くなってからですかね。


■消極的な解決策(9枚連続撮影まで)
セルフタイマーモードにすると、タイマーの時間だけでなく、撮影コマ数を
1-9枚の間で選ぶことが出来ます。
P1010002

ここで撮影コマ数を2枚以上に設定すると、大体1秒間隔くらいで
連続で撮影してくれます

ですから、インターバル撮影機能を使うより簡単に「
9枚までは連写できます。
ここで99枚とか、999枚まで設定できればインターバル機能が
要らないんですけれどね…


Z6Ⅱは900秒までの露光がサポートされています。
よって、インターバル撮影さえできれば、長時間露光時も外付けの
インターバルタイマーを取り付けなくて良いんですけどね。
どうも不安定な印象があります。

今後もウオッチしていこうと思います、何か進展があったらまた記事にします。