Shooting Stars - 美しい星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

天体写真

白亜紀層で新星景

先週のことになりますが、わずかな晴れ間を狙って
10/4に阿字ヶ浦の白亜紀層まで行ってきました。

出発直前まではどうも踏ん切りがつかず。
WindyもSCWもそれなりに晴れそうな雰囲気です。

ベランダから晴れていることを確認し、24時くらいに出発。
車に乗る直前に曇っていることを発見orz
まあダメ元だ、ということでとりあえず現地へ。

到着すると、思っているよりも晴れています。
急いで機材をセット、今回は新星景用に赤道儀(Star Adventurer)もセットします。

兎に角急がなければ、ということで早速撮影開始。
今回は敢えてZ6Ⅱ(無改造)とZ20mmF1.8をチョイス。
ソフトフィルターあり追尾ありソフトフィルターなし追尾なし(地上風景)
R64フィルターあり追尾有り(Hα)の3セット撮影。
Track_mean_r-rgb

うーん、上手く表現できないのですが、苦労の跡がにじむというか、
バタバタしているというか…


どうせすぐ曇るだろう、と高を括っていたものの意外に晴れています。
続いて横構図でももう一度。
2_track_median-_r-rgb

低空の雲は抜けずじまいだったものの、こっちのほうが自然でいいかもしれませんね。
手前の白亜紀層は道路工事の街灯で照らされており、照明要らずでした。
塩梅もちょうどよい感じ。


画像処理としては
1) DxO PhotoLab Eliteで周辺減光処理、DNG書き戻し
2) CameraRawでTiff現像
3) CCDStackで追尾画像、固定画像、R64画像それぞれをシグマクリップしつつコンポジット
4) R64画像はStellaImageでRGB分解、RのみStarnet++で星消し
5) 星消ししたR画像と、追尾したRGB画像のRをStellaImageで加算合成
6) 5)で作成したHα+Rと、分解したG、BをStellaImageでRGB合成
7) 6)の画像、3)の固定画像、短時間露光の画像をマスクを使ってPhotoshopで合成

自分で書いていて頭が痛くなってくるレベルの面倒くささ。
今回は無改造のZ6ⅡとZ20mmを使いたかったのでこうしました。
Zマウントの改造機が欲しくなりますね…。


DxO PhotoLab Elliteについては別記事にしたいと思います。
新規購入してみたところ、中々使えるソフトでした。

2022年ビクセンカレンダー入選

昨日家に帰ると、ビクセンさんから白い封筒が…
10/1にはウェブでは発表されていたようですが、2022年のビクセンカレンダー
私の作品を採用していただけました。


順番的に、もしかしたら表紙かも。。。


作品はこちら。昨年のふたご座流星群の写真です。
ふたご座流星群2020_2

その時の記事はこちら。



ここ2年は残念ながら落選だったので、今年もダメだろうなぁと思っていました。
思いがけず拾ってもらえて嬉しいです。


最近は天気にも恵まれず、モチベーションがかなり下がっていましたが
だいぶやる気が出てきました。

今週末はまた天気が悪くなりそう。
やる気があるうちに晴れてくれるといいんですけれどねぇ。
まあ、ぼちぼちやっていきます。

中秋の名月

結局今月の新月も丸坊主、天体写真へのモチベーションが下がりつつある今日この頃。
年に数回しか使えないウン十万の機材ってどうなんでしょうね。
最近は5月に始めた釣りにはまっていることもあり、余計に天体写真のやる気がしなくなっています。

結構な頻度で磯じいさんのおひざ元の大津港へ釣りに行っています。
まだまだ初心者真っ盛り?なので、もっぱらサビキ釣りですけれど。
今年は、なのか例年通りか分かりませんが、アジは好調でかなりたくさん釣りました。
2021-07-31
真ん中はショゴ(カンパチの幼魚)です。アジは60匹くらい釣れました。




閑話休題。
本日は満月かつ中秋の名月
満月になったからか、予報よりも天気が持ってくれたおかげで
お月見と撮影が出来ました。

お月見は簡単にMAKSY君で。
_DSC5316

1万円くらいの安価な筒ですが、おもちゃのような外見ながらしっかり見えるので
大したものです。
眼視ガチ勢でない私にとっては、ちょっと見るだけならこれで十分ですね。


撮影は一応VC200Lで。
団子は私の手作り、白砂糖の代わりに甜菜糖を使ったら肉団子みたいになってしまいました(笑)
_DSC5325


写真にあるようにD810Aでも撮影したものの、どうもASI533MC Proで撮影したほうが
良さげな感じでした。
20210921_AS_SI
VC200L直焦点、ASI533MC Pro、4枚モザイク、500枚から上位50%AS!3でコンポジット、
Photomargeでモザイク、AstroSurfaceでWavelet変換、PSで最終調整


シーイングはイマイチでしたが、これだけ写れば十分ですかねー。


惑星・月面処理の新定番ソフト、AstroSurfaceの使い方

前の記事でAstroSurfaceについて触れました。


今日は簡単に使い方について解説したいと思います。


公式サイトはこちら。
http://astrosurface.com/index.html

いきなりフランス語で面食らいますが、右上のイギリス国旗を押すと英語になります。
20210902_001


無事英語になりました。これならそれなりに内容がわかるかと。
20210902_002



早速ダウンロードしましょう。多くの方が64bitOSだと思うので、64bit版を選択してください。
20210902_003


Zipファイルがダウンロードされるはずですので、解凍します。
20210902_004


解凍されたフォルダにある"AstroSurface.exe"をダブルクリックすると開きます。
インストール不要ですね。スタートメニューやタスクバーに登録しておくとよいでしょう。

20210902_005


で、こんな画面が開くはずです。
20210902_006

ここに何ができるかが書いてありますね。
ファイルの読み込みは動画も静止画も、デジカメのRAWファイルも開けるみたいです。

画像の位置合わせや、今回紹介するシャープ処理ができるようです。
惑星だけでなく、直焦点画像の処理もできるようになっているようです。
ただ、今回はシャープ処理だけに絞ってご紹介します。


画面上のリボン?から"Wavelet"を開いてください。

20210902_008



開くとこんな画面になります。
20210902_007


"Open File"をクリックし、処理したい静止画ファイルを開きます。
どうも各モジュール単体でもファイルのオープン/保存までできるようになっているみたいですね。
20210902_009


ここから肝心のシャープ処理に入ります。
公式のマニュアル(英語)はこちら。
http://astrosurface.com/manuels/tutowavelets-english.pdf

まずは画面上でROIを選択します。
Registaxと同じく、画像の一部を選択し、プレビューを見ながら最適パラメータを探し、
最後にDoAllを押して画像全体に処理を加えるという手順です。

ROIが選択されていないと以降の処理が一切できないので、
小さい画像で画像全体になってしまっても必ずROIを設定してください。

ROIは青い四角で選択されます。

画像の拡大縮小をしたいときは、メインメニューの「+」、「-」をクリックするか、
Photoshopと同じく「Ctrl」 + 「+」キー と「Ctrl」 + 「-」キーで拡大縮小できます。
20210902_010


で、マニュアルをざっくり訳すと以下のように書いてあります。

ーーーーーーーーーーーーーーー
・シャープのパラメータは前回のものが保存されているので、リセットしたい場合はリセットすること。
A:Wavelets HFは細かい模様をシャープ化する機能である。HFのサイズを0-35の間で良いサイズに合わせる。
B:同時にHFの強度を99から0の中で良い値を探す。まずは99から始め、下げていくと良い。
C:ノイズを除くため、Noise Pre-Filterを0-3.0の間で掛ける。

AからCまでを繰り返し、ベストな値を探す。

もしベストな値が決まったら、
1.WaveletsLFを追加することで大きな模様のシャープ化が出来る。
  たいていの場合、LFでのシャープ化は弱くて良く、不要な場合もある。
2.Deconvolutionを追加することもできるが、とてもシャープな画像の時だけにすべき。
     使用する場合、HFの再調整と、Deconvolutionのパラメータの調整が必要になる。
  DeconvotionはWavelets HFと同時に使う必要があり、単体では使わないこと。

ーーーーーーーーーーー

だそうです。
とりあえず、木星でのベストパラメータはこちらになりました。
20210902_201


結構思いっきりやっちゃってますね。結果は以下のような感じ。
前回ブログにアップした画像です。
Wavelets LFだけでは不足していたので、Wevelet HFとDeconvolutionも追加しています。
20210902_202



月面の時はこちら。
20210902_011

Wavelet HFとLFだけですね。LFはおまけ的な感じで、なくてもいいくらいでした。

処理結果はこんな感じです。
20210902_012



Registaxほどパラメータは多くないですが、その分使いやすいですね。
また、DoAllを押してから非常に高速に処理されます。
月面の画像は7000 x 10000 pxくらいあるのですが、それでも5秒もかからずに
処理が終わるので素晴らしいです。


ただ、理由は不明ですが、月面のオリジナル画像(10000 x 14000pxくらい)を
開いたところ、DoAll処理をしても画面全体に処理がされず、ROIだけシャープになっていました。
あまり画像解像度が大きいとうまくいかないようです。




正直ほとんど使っていないので、パラメータの追い込みはよくわかっていませんが
少しでも参考になりましたら幸いです。








月齢19と木星

昨日まではうだるような暑さでしたが、今日は比較的過ごしやすかったですね。
一昨日(8/27)は予報に反してまずまず晴れてくれました。

木星がちょうど大赤飯が見えているようでしたので、まずは木星を
いつものようにベランダから撮影。

2021-08-27_SI_AS

撮影時刻:2021.08.27 21:47:23~
鏡筒:VC200L+AstroStreet 2.5xバロー+ZWO ADC
カメラ:ASI533MC Pro(1280 x 1024px クロップ)
フィルタ:ZWO UV-IRカットフィルタ(Φ31.7㎜)
ゲイン:340
露光時間:17ms
撮影フレーム:6838 x 4回
画像処理:
PIPPにて前処理(位置合わせ、クロップ、上位80%のみ抽出)←New!
AS!3 上位25%コンポジット
WinJuPOS(Derotation)
AstroSurfaceにてwavelet変換、Deconvolution←New!
Photoshop 2021

シーイングはそこまで、といった感じでしたが、処理結果は
そんなに悪くはないと思います。大赤班もいますしね。

今回から初めてPIPPAstroSurfaceを使ってみました。


PIPPは最近有名になってきたような気がしますね。
動画のファイルサイズが軽くなり、AS!3も軽快に動作しますし
SSDへの負荷も減るので非常に良いものです。

使い方はこちらを参考にさせていただきました。


直感的に使えるソフトで、上記リンクの説明もとても分かりやすかったこともあり
一回で使えるようになりました。


また、今回はAstroSurfaceというソフトでシャープ処理をしてみました。
フランス製のソフトで、日本ではあまり知られていないように思います。
http://astrosurface.com/

こちらのサイトで紹介されており、興味があったので使ってみました。


今回はシャープ処理だけで使いましたが、他にもRegistaxと同様に
アライメントやコンポジットもできるみたいですね。

上記リンクには英語のマニュアル類が無いと記載されていて身構えてしまったものの、
英語の簡潔なマニュアルがあったのでそれを読みながら使ってみました。

Registaxほど複雑ではなく、調整項目は少ないのですが
処理結果は負けず劣らず優秀ですね。

こちらも極めて直感的に使えるので非常に好感が持てます。

惑星界は良いフリーソフトが多くて素晴らしいです。

日本語のマニュアル的なものはないようなので、
使い方の記事を後程アップしようかなと思っています。



で、予報では22時くらいから曇ってくるはずだったものの、
まだ天候に余裕があったようなので月も撮影してみました。

20210827_resize_AS_SI_PS

撮影時刻:2021.08.27 22:52:11~
鏡筒:VC200L+コンパクトエクステンダーメタル
カメラ:ASI533MC Pro(Full, 3008 x 3008px)
フィルタ:ZWO UV-IRカットフィルタ(Φ31.7㎜)
ゲイン:150
露光時間:100ms
撮影フレーム:200 x 57
画像処理:
AS!3 上位50%(100frame)コンポジット
Photoshop 2021で57枚モザイク、リサイズ
AstroSurfaceにてwavelet変換←New!
Photoshop 2021で仕上げ

こちらは自信作。過去一かと思います。
かなりシーイングが良かったので、モザイクなしでも十分にみられるレベルでした。
シャープ処理なしでも細部がきちんと見えていましたね。


ベランダでなく、ちゃんとした星空を見たい今日この頃。
結局今月も天の川を見ることもありませんでした。
来月になってコロナも落ち着き、天気も良くなってほしいものです…。
ギャラリー
  • 白亜紀層で新星景
  • 白亜紀層で新星景
  • 2022年ビクセンカレンダー入選
  • 中秋の名月
  • 中秋の名月
  • 中秋の名月
  • 中秋の名月
  • 惑星・月面処理の新定番ソフト、AstroSurfaceの使い方
  • 惑星・月面処理の新定番ソフト、AstroSurfaceの使い方
アーカイブ