Shooting Stars - 美しい星空の元で

天体写真を中心としたブログです。

天体写真

7/19ネオワイズ彗星(最終処理版その1)

もはや旬を過ぎてしまった感がありますが、最終処理版をば。

CameraRaw_Withstar_DPP_final3

撮影時刻:7/19 20:45:32~
撮影場所:福島県喜多方市
鏡筒:BORG 71FL+レデューサーDGQ(7872)(焦点距離288㎜F4.1)
追尾:Vixen SXW赤道儀(SS-one改造、ノータッチガイド)
カメラ:Nikon D810A(ISO1600、ノートリミング)
露光時間:30秒×29枚コンポジット(彗星基準)←New
画像処理:CameraRawでRAW現像(ノイズ処理、明瞭度、かすみの除去等)
     StarNet++で星を除去→New
     StallaImage6.5でデジタル現像、ガンマ補正
                  Photoshop2020で最終仕上げ

流石に前回よりはちょっとはマシでしょうかね。
苦労した割には、とも思いますが…。

他にも180㎜の写真もあるのですが、こちらはStarNet++がいうことを聞いてくれず
苦戦しています。完成はいつになるやらといった感じですね。


おまけ:
_DSC2081

45㎜でも撮影していました。
大分高度が下がってから、適当に撮影したのですが尾は結構伸びていますね。
奥にある山は飯豊山です。彗星がちょうど真上に来てくれるかもと思っていましたが
そんなに甘くはないですね。

7/19 ネオワイズ彗星(暫定処理版)

7/13、7/14、7/16と3回遠征するもすべて空振り。
必勝を期して7/19に福島まで遠征してきました。

天候はまずまずといったところで、雲の通過はありましたが
きっちり望遠鏡で追尾して撮影できました。
処理があまりに面倒なので、季節ものですし暫定版をアップします。
Average2-
撮影時刻:7/19 20:45:32~

撮影場所:福島県喜多方市
鏡筒:BORG 71FL+レデューサーDGQ(7872)(焦点距離288㎜F4.1)
追尾:Vixen SXW赤道儀(SS-one改造、ノータッチガイド)
カメラ:Nikon D810A(ISO1600、ノートリミング)
露光時間:30秒×46枚コンポジット(恒星基準)
画像処理:CameraRawでRAW現像(ノイズ処理、明瞭度、かすみの除去等)
     StallaImage6.5でデジタル現像、ガンマ補正
                  Photoshop2020で最終仕上げ

フラットムラ?が取り切れず、低空なのでムラまみれ、
大量の人工衛星と処理は本当に面倒ですね…

どうも彗星核基準だと尾の微細構造が出てくるみたいですので、
それは4連休にゆっくり処理しようと思います。


■7/19感想
・高度が上がった分見やすくなったが、薄明より光害の影響が大きい
・彗星の方向が暗かったので、尾も含め肉眼でバッチリ見えた
 ⇒ただ、
7/10と比べて明らかに暗くなっている。全体的に薄くなった感じ。
・7x50の双眼鏡が薄明中の彗星探しに観望にと大活躍。


■今後ネオワイズ彗星を見に行く方にアドバイス
・とにかく暗い空の下で見るべし!
 ⇒都会ではほとんど見られないかと。
・北西~北北西の方向に光害がない場所へ行くこと。
 ⇒低空なので、確実に光害の影響を受けます。
・双眼鏡はあったほうが絶対に良い。
 ⇒三脚で固定しておくとベター。

もうチャンスがないかもしれませんが、せっかくの4連休ですし
1日くらい暗い空の下で撮影したいところですね。


ネオワイズ彗星遠征詳細

7/10、仕事を終えて夕食。
WindyとSCWに嚙り付いていますが、予報が悪化しつつも可能性がありそうなのは
銚子付近。

とりあえず20時半に布団へ、22時半に目覚ましをセット。
あまりの暑さと目覚ましで目を覚まします。

すぐさまWindyを確認、状況は変わっておらず。
機材を車に積み込み、しばらくは情報収集。

24時に外に出ると、月と木星が見えています。
衛星画像ではこの後晴れてきそうな感じ、でも彗星が見える03時ごろまで
持つとは限りません。

このまま茨城にいるべきか迷いましたが、まずは鹿島辺りまで車を走らせ、
戻ったほうが良さそうなら戻る、ということで24時半前に出発。

道中木星はちらほら見えていて、進行方向が天気が悪い…
25時半、鹿島手前で一度衛星画像を確認。
南房総あたりと銚子辺りは曇っていますが、今後雲が切れそうな感じ。

ここまで来てしまったのもあり、前進を選択。
目的地は神栖市の波崎シーサイドパーク。



現地到着は26時過ぎ、ところが工事中で万事休す!
残念ながら中には入れません…

仕方なく、ちょっと戻ってサッカー場の駐車場へ。
空にはかなりの数の星が!この時点でみられるのではと思い始めます
ただ、視界的には撮影は問題なさそうですが、強烈な街灯が気になります。


妻からはもっと戻って日川浜海岸はどうかと提案されますが、



結構距離があるので間に合いそうにありません。
そこで、もう少し戻った波崎ウインドファームの駐車場へ行ってみることに。



現地には車が2台、おそらく釣り目的の方でしょう。
視界が悪いのですが、近くに展望台を発見。

衛星画像では駐車場の前にあるように見えますが、実際は駐車場の隣にあります。
__lt__iframe src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d482.09898170877705!2d140.76222426531322!3d35.834935654848834!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x60231b61fc2388ab%3A0x3d7340566de384de!2z57iB57WQ44Gz5bGV5pyb5Y-w!5e1!3m2!1sja!2sjp!4v1594460404477!5m2!1sja!2sjp" width="600" height="450" frameborder="0" style="border:0;" allowfullscreen="" aria-hidden="false" tabindex="0"__gt____lt__/iframe__gt__" target="_blank" title="">衛星画像

とりあえず機材を展開、欲張ってスカイメモRと71FL
展望台までもって上がります。

幸運にも北極星が見えていたので、素早く極軸を合わせます。
思わず心の中でガッツポーズ。
ピント合わせも速攻で終わらせ、準備万端。

車から双眼鏡を持ってきて、三脚にセットして
見えないなぁと言っていると、2人の人影が。
ご挨拶すると、「彗星ですよね」と一言。まあそうですよね~

双眼鏡を除くと、なんと彗星が見えています!
直ぐに71FLとD810Aを稼働、あっけなく1枚目で写りました。
ファインダーではちょっとわかりませんでしたが…


以降、ISO6400、8秒でひたすら連射。
雲の通過が多く、中々きっちり晴れてくれませんが、時折雲間から顔をのぞかせます。

双眼鏡で他の方たちにも見ていただきましたが、かなりインパクトが
あったようで。三脚ともども、持ってきて大正解でしたね。


ついでに広角でも撮影しつつ、だんだんと雲が出てきたので
一足お先に失礼しました。
駐車場には釣り人が大集結していたので、さっさと退きたかったというのもあります。


前置きはさておき、画像処理結果を。
_DSC9845-rdk

撮影時刻:7/11 03:06:16~
撮影場所:茨城県神栖市
鏡筒:BORG 71FL+レデューサーDGQ(7872)(焦点距離288㎜F4.1)
カメラ:Nikon D810A(ISO6400、ノートリミング)
露光時間:8秒×4枚コンポジット
画像処理:CameraRawでRAW現像(ノイズ処理、明瞭度、かすみの除去等)
     StallaImage6.5でデジタル現像、ガンマ補正
                  Photoshop2020で最終仕上げ
        
私の処理はさておき、本当に美しい彗星ですね!
シンクロニックバンドは無理がありましたが、イオンテイルは
画面をはみ出しているように見えます。
もう少し雲が少なければ、というのはぜいたくでしょうね。


頑張って遠征し、欲張って赤道儀と鏡筒を出した甲斐があったというものです。
次はいつ晴れることやら…


おまけ。
広角だとこんな感じです。思いがけずすばるまで入っていました。
D610改、タム17-35㎜F2.8-4(35㎜F4で使用)、ISO1600、4秒
_DSC1847









ネオワイズ彗星撮影成功!

さっき帰ってきました。
とりあえず画像だけ。
_DSC9844
71FL+7882、D810A、JPEG撮って出し、リサイズのみ

流石に疲れましたね、画像処理は後程…

星ナビ8月号入選

星ナビ8月号に私の作品を掲載していただけました。
昨年にテカポで撮影したガム星雲です。
GumLRGB_2nd_print

再処理時の記事はこちら。



再処理時から手直ししたので、少しはマシになったはずなんですが、
強引にOⅢを乗っけた感が出てしまい、

選評でもその点を鋭くご指摘いただきました。
仰る通りですね。ちょっと無理し過ぎたかなと…
ナローでの他の入選作品はフィルタをしっかり使いこなされているので、
ちょっと恥ずかしいですね。


以下、思い出話をつらつらと書き記します。

この作品、テカポでの挙式を決めた頃から構想は始まっていました。

・カメラ
手元にはHKIR改造のD610とD810Aがあります。
D810AのHαの透過度は6割くらいで、改造機のようにほぼ100%
透過するわけではありません。できればHαはD610に任せたいところ。
ただ、D610はノイズが気になります。OⅢとRGBはD810Aで撮影したい。

・ナローバンドフィルタ
というわけで、半年前にAstoronomik (Gard Newmann)で12nmのHαとOⅢを購入。
https://www.astronomik.com/en/clip-filter/xl-clip-filter-nikon-vollformat-d800-d810-und-d850.html

この時は6nmにするか悩んだのですが、デジカメ用ですし半値幅は狭すぎないほうが
いいよなと思い12nmに。
結果論ですが、Hαはともかく、OⅢは6nmにすべきでしたね。

・レンズ
せっかくのナロー、しかもHαとOⅢを別々に撮影するとなると、
軸上色収差は無視できます。
ガム星雲用となると、画角は50㎜。ちょうど明るいレンズがそろっています。

手持ちのマニュアルレンズ、Ai Nikkor 50mm F1.2とF1.4は
びっくりするくらいのコマ収差でNG。
じゃあデジタル撒き餌レンズ、AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gならどうだ!と確かめると
こちらも周辺がキビシイ…

素直に50㎜Art行っておけ、という気もしますが、中古でも約7万円x2で結構高価なのと
重さが800g強x2は海外遠征では無視できません。

そこで白羽の矢を立てたのがタムロン45㎜F1.8
新品でも4万弱、中古なら3万円くらいとお財布にやさしく、重さも480gと及第点。
2本購入し、スカイメモRに同架するシステムとしました。

周辺像は解放だとちと厳しいですがF2.8なら十分実用になります。
軸上色収差は目立ちますが、F4~5.6まで絞れば無視できそうでした。

そこで、HαとOⅢをF2.8で、RGBはF5.6まで絞って撮影することとしました。


・現地での撮影
4泊したうち、初日を除く3日は天気に恵まれました。
満天の空の中、立ち昇る天の川をガン無視しひたすらHαとOⅢで撮影を続けます。
2日目は結婚式前日でしたが、妻を放置して一人でせっせと撮影。
結婚式前日に、テカポでデジカメでナローを撮っていたのは
世界で私だけという自信があります(笑)

もちろん妻のご機嫌を猛烈に損ねたことは言うまでもありません。
そんなこともあり、苦労した分入選できて良かったです。


・反省点
Hαは十二分すぎる写りでしたが、OⅢは写ってはいるものの、
星雲のコントラストがいまいち…

画像処理詳細については前記事に書いた通りですが、そのせいで苦労しました。

マルさんに城里で「ナローは狭ければ狭いほど良い
とアドバイス頂きましたが、その通りですね。
もし次があるなら、OⅢは6nmにすべきです。もっと狭くてもいいと思います。

EOSなら、OPTLONGのFFフィルタがあります。しかも安い!
昔はNikon用もあった気がしますが、売れていないんですかね…
無くなってしまったようです。

https://www.syumitto.jp/SHOP/1020027/list.html


または、軸上色収差がない光学系で、1shotで撮れるSTC AstroDuoで撮影するのが
良さそうです。OⅢのほうがHαよりも半値幅が狭そうですので、ガム星雲には
向きそうだなと。作例を見ても、OⅢはコントラストつきそうです。


                      シュミットさんのWebサイトより引用

またはIDASのNB1かNB2ですが、NB1はキャノンオンリーで、
NB2は他フィルタとの組み合わせが必須。
Nikonだとカメラレンズでの運用は難しいです。


まあ、いろいろ悩みは尽きませんが、
手持ちのフィルタ類でも画像処理はもう少しやりようがあると思うので、
たまには今回のセットも使ってあげようと思います。

ギャラリー
  • 7/19ネオワイズ彗星(最終処理版その1)
  • 7/19ネオワイズ彗星(最終処理版その1)
  • 7/19 ネオワイズ彗星(暫定処理版)
  • 7/12 夕方のネオワイズ彗星
  • 7/12 夕方のネオワイズ彗星
  • ネオワイズ彗星遠征詳細
  • ネオワイズ彗星遠征詳細
  • ネオワイズ彗星撮影成功!
  • 星ナビ8月号入選
アーカイブ